忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

100829_1209_真田氏本城跡(上田市)

上田市真田町長(地図)の小高い山上に築かれた城跡で、真田氏が上田城へ拠点を移すまで居城していたと伝えられています。
(写真:本郭跡から西方を望む=8月29日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 信州うえだ観光NAVI
  http://www.ueda-trenavi.jp/


真田氏本城跡
100829_1203_真田氏本城跡(上田市) 100829_1210_真田氏本城跡(上田市)
 真田氏本城跡入口 本郭南側の土塁 
100829_1208_1_真田氏本城跡(上田市) 100829_1208_2_真田氏本城跡(上田市)
 本郭に建てられた案内 二の郭と三の郭 

<参考資料> 史跡 真田氏本城跡

この城跡は、天白城と共に馬蹄形状に構築され、南西面に広がる緩斜面には、真田氏館跡や原の郷があり、さらに指呼の間に戸石城・矢沢城を望むことができる。
本郭は東西八・六m、南北三七mの広さで、南側に高さ二mの土塁を築き、北方へ二の郭三の郭と段差を設けながら延び出し、その北側は急崖となって厳重に防備している。
規模は大きく水利もあり、周辺城跡群等の関係からみて、上田築城以前の真田氏本城であったと推定される。
(案内板から)

<参考資料> 史跡 真田氏本城(真田山城)跡
この城は、松尾新城、住連寺城、十林寺の城山などとも呼ばれています。
真田氏館跡や原の郷(本原一帯)へと続くなだらかな南斜面には何段もの広い段郭を連ね、ほかの三方は急斜面ですが、要所に細長い段郭を配置して厳重な備えとなっています。
この山城は、真田町内(現:上田市真田町)の他の山城に比べて規模が大きく防備も複雑で、上田盆地への眺望が開け、眼下には小県と北上州を結ぶ上州道を押さえ、熊久保集落の上方の沢から山腹を回して城内近くまで水をひいていることなどの特徴があります。
こうしたことから、町文化財名は、真田氏の本拠にふさわしい真田氏本城跡としました。
(案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
[05/13 タッキー]
[04/01 管理人ひろさく]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]