忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

130506_1430_県史跡 上ノ平城跡(箕輪町)

上伊那郡箕輪町の南小河内地区(地図)にある平安時代末に築城された城跡。
昭和44年7月長野県史跡に指定。
(写真:県史跡上ノ平城跡=6日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 箕輪町ホームページ
  http://www.town.minowa.nagano.jp/

<参考資料> 長野県史跡 上ノ平城跡

130506_1429_県史跡 上ノ平城跡(箕輪町)
上ノ平城跡要図
上ノ平城跡は、東方山麓より西に延びる丘陵突端部に位置し、その規模は東西約四五〇m、南北約二〇〇mを測ります。城跡は南北にわたる5条の空堀により区画され、西から「二の郭」「一の郭(主郭)」「三の郭」「四の郭」と呼ばれています。このうち「三の郭」と「四の郭」は、東西約一八〇mの空堀により、それぞれ南北に分かれています。
これまで城跡の歴史については、平安時代末に源為公(みなもとためとも)によって築城されたと伝えられ、鎌倉時代中期には諏訪氏と同族の知久氏の拠るところとなり、知久氏が下伊那に移ってからは使われることがなかったとされてきました。しかし平成十年~十二年に実施した主郭等の発掘調査では、戦国時代(十五世紀中頃~十六世紀中頃)の遺構や遺物が確認され、城は戦国時代にも機能していたことが明らかになりました。調査では、主郭の現地表面下から土塁・礎石建物址・出入口遺構等を伴う生活面が確認され、そこから台両の炭化物や焼土が出土したことから、何らかの理由により焼失したものと考えられます。又、同時期の遺構として、主郭と二の郭の間からは埋没した空堀も確認されました。
このように、上ノ平城跡の地下には、現在も貴重な遺構や遺物が埋っており、地域の歴史を伝える貴重な文化財として、長野県史跡に指定され大切に保護されています。
(長野県教育委員会・箕輪町教育委員会設置の案内板から)


長野県史跡 上ノ平城跡 (5月6日)
130506_1425_県史跡 上ノ平城跡(箕輪町)
上ノ平城跡から南(伊那)方面を望む (パノラマ拡大可能)
130506_1433_県史跡 上ノ平城跡(箕輪町) 130506_1431_県史跡 上ノ平城跡(箕輪町)
箕輪町保存樹木 コヒガンザクラ 史跡案内のパンフ





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

121218_2058_イルミネーションフェスタ☆みのわ2012(箕輪町)

上伊那郡箕輪町のセンターパークまつしま(地図)で開催。

開催期間:平成24年11月10日~平成25年1月12日
点灯時間:午後5時~午後10時 (大晦日・元旦は翌日午前2時まで)
参考HP: http://www.minowa-town.jp/kankou/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

120130_1301_箕輪城跡(箕輪町)

上伊那郡箕輪町のJR飯田線木ノ下駅から箕輪進修高校方面に向かう途中にある(地図)戦国時代の城跡。 (写真=1月30日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ もみじネット (箕輪町観光協会)
  http://www.minowa-town.jp/kankou/

<参考資料> 箕輪城跡
当城跡は代々箕輪氏の居城した跡である。築城年代は明らかでないが、箕輪氏は木曾氏の末流高遠太郎義信を祖とし、その嫡男箕輪左衛門尉義雄が文安二年(一四四五)卒と伝えられているから、室町初期ごろの築城と思われる。
天文のはじめころ(一五三二~)は、福与城主の持城で木下総蔵が居城し、総蔵が下伊那へ移った後は、福与城主藤澤頼親の養子左衛門尉重時がここに拠ったが、天文十年(一五八二)田中城主の藤澤頼親とともに滅亡したといわれている。
城の規模ははっきりしないが、今なお空濠、土塁の跡が残っている。
(箕輪町教育委員会設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

110923_0834_赤そばの里(箕輪町)

9dfdf827.jpg
写真は上伊那郡箕輪町古田の赤そばの里に咲く赤そば(高嶺ルビー)の花の様子。見ごろは10月上旬頃。
恒例の「赤そば花まつり」(主催:上古田区)は10月1日と2日に開催。イベント会場の上古田公民館では1日900食限定の手打ちそばが提供され、そばを注文すると「赤そば」の試食ができるそうです。詳しくは箕輪町のホームページをご覧ください。
(写真=23日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 箕輪町ホームページ
  http://www1.town.minowa.nagano.jp/
・ 伊那ケーブルテレビ(ライブ配信)
  http://www.inacatv.co.jp/
  (AXIS Media Control のダウンロードが必要)  


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

101113_1510_箕輪ダム・もみじ湖(箕輪町)

上伊那郡箕輪町の箕輪ダム(地図)周辺では、赤く染まった1万本といわれるもみじの盛りが過ぎようとしています。鑑賞はお早めに。 (写真=13日撮影、全て640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 長野県伊那谷の田舎町 箕輪町の観光サイト もみじネット (箕輪町観光協会)
  http://www.minowa-town.jp/kankou/


箕輪ダム(もみじ湖)の紅葉
101113_1444_箕輪ダム(箕輪町) 101113_1447_箕輪ダム・もみじ湖(箕輪町)
101113_1502_箕輪ダム・もみじ湖(箕輪町) 101113_1505_箕輪ダム・もみじ湖(箕輪町)
101113_1506_箕輪ダム・もみじ湖(箕輪町) 101113_1507_箕輪ダム・もみじ湖(箕輪町)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[2回]

100926_1154_古田の里 赤そば花まつり(箕輪町)

「高嶺ルビー」の名称で知られる赤そばの花が満開となった上伊那郡箕輪町上古田(地図)地区では、25日と26日の2日間、「古田の里 赤そば花まつり」が開かれ、大勢の家族連れで賑わいました。 (写真=26日撮影、640×480拡大可能)

<参考資料> 赤花そば<高嶺ルビー>

10_古田の里 赤そば花まつり
この赤花そばは、ヒマラヤ(ネパール)原産のそばで、「タカノ株式会社(上伊那郡宮田村)」と「氏原暉男氏(信州大学名誉教授)」により育成され、農林水産省に品種登録された品種「高嶺ルビー」です。
高嶺ルビー(農林水産省品種登録第3347号)は、一般のそばより背丈が低く、やせた土地でも栽培できますが収量は不通のそばの3分の1程度です。
特に景観作物・鑑賞用として利用されており、花の色はピンク色から赤色になります。鑑賞期間は霜が降りる10月中旬までとなります。 (案内板から)

<参考HP>
・ 箕輪町ホームページ
  http://www.town.minowa.nagano.jp/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

10_フェスティバルずっとそばに~みのわ幸せそば祭り~
「みのわ幸せそば祭り」パンフ
上伊那郡箕輪町では、今秋3つのイベントを企画し話題を集めています。
第1弾イベントは、9月12日に箕輪ダム下流の花の広場(地図)で開催される「フェスティバルずっとそばに~みのわ幸せそば祭り」。1ヘクタールのそば畑に赤白のそばの花によるフラワーアートを描くほか、町内のそば打ちグループによる「そば打ちコンテスト」、優勝者には液晶テレビがプレゼントされる「愛を叫べ、想いを叫べ!絶叫コンテスト」など盛りだくさんのイベントです。
また、9月25日と26日には、第2弾イベントとして上古田金原地区の赤そばを鑑賞する「赤そばまつり」を、12月中旬には、最終イベントとなる収穫した新そばによる手打ちそばの販売や、フラワーアートで収穫した赤白のそば粉を使った「そば打ち55人打ち」などが企画されています。
詳しくは箕輪町ホームページをご覧ください。

<参考HP>
・ 箕輪町ホームページ
  http://www.town.minowa.nagano.jp/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

080820_1237_福与城跡(箕輪町)

箕輪町福与にある福与(ふくよ)城は、上伊那地方を領有していた藤沢頼親が押し寄せる武田軍を相手に籠城し、激しい攻防戦の末に落城したと伝えられる城跡。本城を中心に残る段状に設けられた郭や、幾重にも巡らされた空堀は、戦国時代の遺構を残す貴重なものとして県史跡に指定されています。 (写真=20日撮影)

<マピオン地図>
・ 上伊那郡箕輪町大字福与 ( 1 / 21000 )
 ※ 広い駐車場あり

<参考資料> 県史跡 福与城跡
この城跡は天竜川東岸段丘の緩斜面を利用した中世の平山城跡である。
この城の創設は鎌倉時代と伝えられるが、城主についてはつまびらかでない。天文年代(一五三二~一五五五)になると藤沢頼親が城主として勢力を張ったが、武田晴信(信玄)の伊那攻略にあい、天文十四年(一五四五)に落城し、城は焼失した。
城跡は、幅が東西約三百三十メートル、南北約四百四十メートルで、本城・北城・南城に区分されている。本城は第一・第二の郭にわかれ、空堀を隔てて北城に対している。北城は本城より一段低い平地で、最初ここが本城に使用されたともいわれる。南城は本城の南に位置しやや高低差があり、物見櫓といわれる場所もあって、遠見には好適の地点であった。
武田氏によって城の建物の焼却があったものの、当時の遺構を残しており、戦国時代の居館と軍事的防塞の機能をかねあわせた平山城の様相を知ることができ、貴重な城跡である。 (長野県教育委員会設置の案内板から)

ランキングに参加しました。 Click >>> にほんブログ村 長野情報
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[1回]



HOME |

【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[10/15 管理人ひろさく]
[09/23 タッキー]
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]