忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

140503_1035_第35回信州千国街道 塩の道まつり(小谷村)

新潟県糸魚川市から長野県松本市まで、約120キロ続く塩の道・千国街道。
新潟県では松本街道、長野県では糸魚川街道とも呼ばれるこの道は、海国・越後(新潟県)と山国・信州(長野県)の産物が行き交う生活道路でした。
塩の道まつりは、古の人々の苦労を偲び、今も山間に残る古道を歩くもので、例年、5月3日から5日までの3日間、北安曇郡小谷村・白馬村・大町市の順で開催されています。
(写真:第35回塩の道まつり・千国コース=3日午前撮影、640×480拡大可能)

<9キロ・千国コース>
今回、管理人ひろさくが参加したのは、古の街道の姿を色濃く残す千国コース。
小谷村の春の風景を楽しみ、適度なアップダウンを繰り返しながら歩くこのコースに、当日は3500人以上の方々が参加しました。

栂池高原(シャトルバス)→下里瀬基幹センター→虫尾阿弥陀堂→小谷村役場→小土山石仏群→大別当石仏群→源長寺→千国諏訪神社→千国の庄史料館(通行手形)→親坂→弘法の清水→牛方宿→百体観音→栂池高原(完歩証)

<参考HP>
・ 塩の道まつり
  http://shionomichi-matsuri.com/
・ パパが歩く塩の道(千国街道)
  http://www.konoha-house.com/shionomichi/index.html


第35回塩の道まつり (5月3日)
北安曇郡小谷村・千国コース
140503_0829_第35回信州千国街道 塩の道まつり・栂池高原(小谷村) 140503_0853_第35回信州千国街道 塩の道まつり・下里瀬(小谷村)
栂池高原 下里瀬で受付
140503_0902_第35回信州千国街道 塩の道まつり(小谷村) 140503_0920_第35回信州千国街道 塩の道まつり(小谷村)
栂池高原に向かって出発
140503_0923_第35回信州千国街道 塩の道まつり・虫尾阿弥陀堂(小谷村) 140503_0937_第35回信州千国街道 塩の道まつり(小谷村)
虫尾阿弥陀堂
140503_1003_第35回信州千国街道 塩の道まつり・小谷村役場(小谷村) 140503_1007_第35回信州千国街道 塩の道まつり・小谷村役場(小谷村)
小谷村役場
140503_1011_第35回信州千国街道 塩の道まつり・三夜坂(小谷村) 140503_1018_第35回信州千国街道 塩の道まつり(小谷村)
三夜坂
140503_1024_第35回信州千国街道 塩の道まつり・小土山石仏群(小谷村) 140503_1026_第35回信州千国街道 塩の道まつり・小土山石仏群(小谷村)
小土山石仏群
140503_1039_第35回信州千国街道 塩の道まつり・大別当石仏群(小谷村) 140503_1041_1_第35回信州千国街道 塩の道まつり(小谷村)
大別当石仏群
140503_1041_2_第35回信州千国街道 塩の道まつり(小谷村) 140503_1059_第35回信州千国街道 塩の道まつり・源長寺(小谷村)
街道に残る蔵と源長寺の石仏
140503_1105_第35回信州千国街道 塩の道まつり・千国諏訪神社(小谷村) 140503_1104_第35回信州千国街道 塩の道まつり・千国諏訪神社(小谷村)
千国諏訪神社
140503_1127_第35回信州千国街道 塩の道まつり・千国の庄史料館(小谷村) 140503_1130_第35回信州千国街道 塩の道まつり・千国の庄史料館(小谷村)
千国の庄史料館
140503_1147_第35回信州千国街道 塩の道まつり・親坂(小谷村) 140503_1148_第35回信州千国街道 塩の道まつり・親坂(小谷村)
140503_1153_第35回信州千国街道 塩の道まつり・親坂(小谷村) 140503_1154_第35回信州千国街道 塩の道まつり・親坂(小谷村)
140503_1158_第35回信州千国街道 塩の道まつり・親坂(小谷村) 140503_1201_第35回信州千国街道 塩の道まつり・弘法の清水(小谷村)
コース最大の難所・親坂
140503_1209_1_第35回信州千国街道 塩の道まつり・牛方宿(小谷村) 140503_1209_2_第35回信州千国街道 塩の道まつり・牛方宿(小谷村)
牛方宿
140503_1230_第35回信州千国街道 塩の道まつり・百体観音(小谷村) 140503_1245_第35回信州千国街道 塩の道まつり・栂池高原(小谷村)
百体観音 栂池高原

<参考資料> 三夜坂
杉の木立ちの中、つづら折りの坂道を登りつめると二十三夜塔がある。
古来よりこの坂道は三夜坂と呼ばれ、牛方、歩荷(ボッカ)が重い荷物を背に往来していた。
路傍の草むらに置かれた石仏は道中で行き倒れた旅人の霊を慰めるもので、当時の旅の厳しさを物語る。
(案内板から)

<参考資料> 二十三夜
二十三夜待は月待と言って、特定の夜に親しい間がらの者や、講仲間が集って飲食を共にして月の出を待つ行事である。十五夜(八月十五夜は月見でもある)、十七夜、二十二夜、二十三夜、二十六夜の月待ちがあるが、なかでも盛んなのは二十三夜待で、三夜様ともいう。
二十三夜の本尊は観音菩薩と共に阿弥陀如来の脇侍の勢至菩薩であるという。本尊は智彗光を以ってあまねく一切を照らし、三悪道を離れて無上力を得させるという。そこで陰暦に二十三日の夜、月の出を待って祈願すると、願のことが叶えられるという。二十三夜様は出がおそいので、みんなで赤飯、餅などを作り、お念仏を唱えたり話をして月の出を待った。この地方ではほとんどが、女衆の行事として行われていた。
(案内板から)

<参考資料> 小土山石仏群
小土山は昭和四十六年七月十六日に大地すべりが発生し、現在の位置から山が崩れ、姫川をせき止め大惨事となった。現在は復旧工事が進み不安はない。
ここには庚申塔、鐘馗(しょうき)様などが集められているが、特に珍しいのは線彫りの鍾馗像だ。大小二対あるが、無名の旅人の作といわれている。
(鍾馗)
中国で疫鬼を追い払うという神。目が大きく、髯が多く、黒い冠をつけ長い靴をはき、抜剣して疫鬼をつかんでいる。
(案内板から)

<参考資料>
庚申講
六~七戸を標準に集まって講を立てる。村内にはいろいろな講があるが、その中でも一番大事にされている講が庚申講である。
六十日に一度訪れる「かのえさる」の日が当り日で、年六回当番の家に集まって酒食を共にする。講の仲間意識は強く、時には親戚以上のつき合いをすることもある。

庚申塔
六十年に一度訪れる庚申の年に庚申塔を建立する。庚申の本体は、青面金剛といい、悪病を流行させる悪神であったが、大青面金剛の呪法を修行して、遂に悪病を除き人間を救うようになった。三眼四手(または大手)の像で、手の数が多いのでよく働く神様ともいい、働き者(特に女の人)を庚申様のようだという。
(大別当石仏・案内板から)

<参考資料> 弘法清水・水飲み場
この辺一帯を親坂と称し、ごつごつした石畳・牛を休ませる牛つなぎ石・天候により変化するという錦岩・冷たい湧水の水飲み場等がある。
この水飲み場には二個の石舟があり、一個は高く、他の一個は低く据えられており、低い方は楕円形の自然石に凹みを掘ったもので牛馬用だったと伝えられている。
石舟の上の方には安山岩の弘法大師像が安置されており、安永三年五月吉日の銘文が刻まれている。
ボッカや牛方が、また多くの旅人たちが、この水飲み場で疲れをいやし、旅の安全を祈ったであろう当時の面影を偲ぶことができる。
(弘法清水・小谷村教育委員会設置の案内板から)

<参考資料> 小谷村有形文化財 塩倉
この塩倉は牛方宿とともに、旧街道に現存する唯一の建物である。間口二間一尺、奥行き三間、半地下式の建物で、階上は塩の保管、階下は牛を繋いだとも言われている。建築年代は不明で、階下大戸と袖壁が和釘止となっていることなどから幕末に建てられたと考えられる。
特徴は塩による釘など金属の腐食を防ぐため、板壁を使い、小さな鼻栓で板を固定していることである。梅雨時になると、階下の天井には今でも塩気が噴き出すと言われ、「塩の道」にふさわしい貴重な文化遺産である。

この塩倉は、千国街道の信州川の入口に位置する大網にあったものを、平成十九年、現在地に移築、復元した。建築当初、屋根は茅葺きの寄棟であり、壁は土壁であったことが確認されている。
(牛方宿・小谷村教育委員会設置の案内板から)

<参考資料> 史跡 前山百体観音
この百体観音は、西国三十三番・秩父三十四番・坂東三十三番の百体であったが、長い年月の間に八十余体のみとなってしまった。
しかし、これだけ多くの観音像が一箇所に集められた所は村内では他にない。
前方に建てられている弘法像の台座には安政五年(一八五八)年の銘があるが、百体の観音像そのものの建立年代はさだかではない。いずれも伊那高遠から招かれた石工の手になったものということで、その作風も優れている。
百体観音は、百番霊場・札所になぞらえて百体の観音像を建立供養したものであり、この建立にあたっては、往時の三十余の集落名と百四十人近い願主の名前が見られ、現在の南小谷地区のみならず、中土・北小谷地区、さらには遠く借馬・大町の人まで加わっていることがわかり、往時の人々の信仰心の深さがうかがえる。
(前山百体観音・小谷村教育委員会設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

140503_1303_北安曇郡小谷村千国甲の小さなお堂に咲くサクラ(小谷村)
 
栂池高原からJR白馬大池駅に下る途中見かけた小さなお堂に咲くサクラ。
(写真:北安曇郡小谷村千国甲付近=3日午後撮影、640×480拡大可能)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

大網の火祭り(北安曇郡小谷村)

五穀豊穣を祈る伝統行事「大網の火祭り」が、14日午後6時半から北安曇郡小谷村大網の東阿弥陀ヶ原で行われます。この祭りは、裸に蓑をまとった若者たちが松明を片手に太鼓(姫川太鼓)の音に合わせて激しく踊るもので、雪の降るなか午後8時頃まで続けられます。 (写真:「小谷村フォトライブラリー」から)

<参考HP>
・ 小谷村ホームページ
  http://www.vill.otari.nagano.jp/
  http://www.vill.otari.nagano.jp/mobile/




ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

050915_1450_姫川温泉(小谷村)

毎週火曜日、信濃毎日新聞朝刊の特集記事となっていた「山里のきずな」。
北安曇郡小谷村の大網地区を舞台に、1年間、山の生活を紹介してきたものでしたが、今朝の記事が最終回なのか、これまで取材に協力された地区の皆さんが勢揃いし、雨飾山を背景に記念撮影した写真が大きく掲載されていました。
「限界集落」(過疎化の進行により、人口の50%が65歳以上の高齢者となり、冠婚葬祭などの社会的共同性生活の維持が困難になった集落・ Wikipedia )という言葉がたびたび話題になる今日この頃ですが、記事に描かれたこの地区の人々の生活を読んで感じたのは、簡単にこうした地区を「限界集落」という言葉でくくってしまっていいのかなぁ…ということでした。
記事では、地区の人たちも、事情でいまは別の場所に住んでいる人も、生まれ育った故郷を大切にしたいという想いを持ち続けていること、そして記事の題名にもなっている地区の「きずな」がひとりひとりを守ってくれていることを、さまざまな事例に触れて毎回詳しく紹介されていました。

今日の写真は、たがいの「きずな」で結びあった人々の姿。
自慢しても良いくらい立派なものだと思います。
何故かちょびっと泣けました。
(写真:大網地区から1キロほど下った場所にある姫川温泉=平成17年9月15日撮影)

<マピオン地図>
・ 北安曇郡小谷村大字北小谷


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

31日、北安曇郡小谷村の中土にある中谷大宮諏訪神社で例大祭が行われます。
神前に奉納される「狂拍子(くるんびょうし)」と「奴(やっこ)踊り」は県の無形民俗文化財指定の民俗芸能。 (写真=平成18年8月27日撮影)

<マップル地図>
・ 北安曇郡小谷村大字中土 ( 1 / 75000 )
<参考HP>
・ 心に残るふるさとの森 大宮諏訪神社

060827_1422_中谷大宮神社例大祭(小谷村)

<参考> 中谷大宮神社の例大祭
国道408号線から小谷温泉に向かう途中の中谷郷(北安曇郡小谷村中土)にある中谷諏訪神社で、毎年八月最終日曜日に開催される祭り。祭りは早朝から行われるが、「狂拍子」(県無形民俗文化財)、「獅子舞」、「奴踊りと奴歌」(県無形民俗文化財)などが神社境内前に集合する午後1時半頃からがこの祭りの見ごろとなる。
神輿が境内の庭を駆け巡り、本殿に駆け上がると、最初に中土地区の子どもたちによる「狂拍子」(くるんびょうし)が始まる。「狂拍子」は、五穀豊穣を祈念する踊りで、踊り手である男子二組と笛や太鼓を持った子どもによるお囃子からなる。踊り手の子どもは、頭に束髪(そくはつ)を被り、緋縮緬(ひぢりめん:緋色にそめた縮緬のこと)の衣装に白絹の股引(ももひき)という姿で、手に持った棒を振り回しながらお囃子に合わせて踊る。
「獅子舞」は、天から降りてきた獅子が、「地」を固め、油単(ゆたん:湿気や汚れを防ぐための覆いのこと)、幣束(へいそく)、剣で「四方を祓い」、途中、「昼寝」という仕草を加えながら、最後は激しく怒り狂いながら、また、愛嬌を振りまきながら舞う。「狂拍子」や「奴踊り」にとかく目が行きがちだが、ひとつのストーリーを、二人一組で最後まで舞いきる姿は立派。ぜひ、この「獅子舞」にも注目してもらいたい。
最後に登場するのは「奴踊り」。梶の葉の前掛けに赤ずきん、赤ふんどし…といった姿をした十二名(一年=十二ヶ月)の大人たちが、「ヨイトマカサーノヨイ」と掛け声をかけながら時計回りに踊る姿だけでもユーモラスなのだが、見どころは、この奴たちが声を揃えて世相にちなんだ歌詞(奴歌)を読み上げる場面だ。この「奴歌」、江戸時代から続いているといわれ、庶民の不満や喜びを「歌」にして奏上してきたもの。最近の「奴歌」も、地元のネタや社会問題など、タイムリーな話題を盛りこんだもので構成されており、訪れた見学者らの笑いを誘っている。
「狂拍子」「獅子舞」「奴踊り」が終わると、本殿で神事が行われる。地元の子どもたちによる「浦安の舞」も披露されるので、ぜひ見ておきたい。  (管理人ホームページ記事)

ランキングに参加しました。 Click >>> にほんブログ村 長野情報
管理人ホームページ Click >>>  日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[2回]

五穀豊穣を祈る伝統行事「大網の火祭り」が、9日午後6時半から北安曇郡小谷村大網の東阿弥陀ヶ原で行われます。この祭りは、裸に蓑をまとった若者たちが松明を片手に太鼓(姫川太鼓)の音に合わせて激しく踊るもので、雪の降るなか午後8時頃まで続けられます。
今日の県内は、太平洋岸を進む低気圧と寒気の南下により昼過ぎから大雪となる予報がでています。お出かけには十分な注意が必要です。

拍手[0回]



HOME |

【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
[05/13 タッキー]
[04/01 管理人ひろさく]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]