忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

161203_0919_小六石(富士見町)

諏訪郡富士見町小六の県道沿いにある巨石(地図)。
武田家の家臣岡田小六はこの地に小屋を構え、目印となるこの巨石を頼りに訪れる武田方の使者に、諏訪の情報を伝えていたいわれています。
(写真:小六石=3日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考資料> 小六石
昔 武田の家臣に「岡田小六」なる者あり 天文・弘治(四七〇年程前)の甲越戦争の頃 この地に小屋を構えて住居し 農耕のかたわら 諏訪側の状勢を偵察してこの黒い石を目標に やって来る武田軍の使者に情報を伝える使命を帯びていた(この道が中の棒道で 天文二十一年(一五五二)頃に作られたものです)
ほどなく 弟の岡田左近にこの地名を継がせたが 信玄亡き後(天正元年)は 甲斐の国 上野村に移り住み この地で亡くなった
小六の村名は この岡田小六の名からとったものであると伝えられる この由緒ある石であるため 古来より「小六石」と称し 高島藩主の御巡見毎にその由緒を申し上げ 保存して今日に至る
(小六区設置の案内板から・平成23年3月)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

161203_0908_十一面観音堂(富士見町)

諏訪郡富士見町乙事にある観音堂(地図)。
富士見町指定有形文化財。
(写真:十一面観音堂=3日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考資料> 富士見町指定有形文化財
1.十一面観音堂と十一面観音像
161203_0907_十一面観音堂(富士見町)
観音堂から望む甲斐駒ケ岳
医王山法隆寺は、起立書によれば、承応元年(一六五二)の開基で、本尊十一面観音を安置したとあり、諏訪神社上社如法院の末寺として存続してきたが、明治七年、乙事学校創立のため、観音堂のみ残して取り壊された。
現存する十一面観音堂は、天明三年(一七八三)に改築されたもので、大工棟梁は境筋宮大工の名手といわれた地元乙事の小池佐兵衛、彫刻は大隅流の名工伊藤長左衛門が担当した。
十一面観音像は、法隆寺の本尊と十一面観音堂の本尊の二体がある。
いずれも一木造りの立像で、小池佐兵衛が寛政二年(一七九〇)につくった厨子に納められている。
1.大日如来像・釈迦如来像
明治元年の神仏分離令により、上社如法院が廃寺となったとき、法隆寺が譲り受けたもので、いずれも木彫座像で、釈迦如来像の内部には「文明一七年」の墨書銘がある。ほかに大般若経六百巻、興教大師像、毘沙門天、不動明王像などがある。
1.木喰上人作・普賢菩薩像
木喰上人の天明六年(一七八八)の作である。
上人は、廻国修業の傍ら千数百体の仏像を遺している。この像は、行脚の途中、乙事村に立ち寄った上人が、改築して間もない十一面観音堂のみごとさに感嘆し、三日間滞在して彫り上げたと伝えられている。
像は総高一〇五センチメートルの欅の木彫りであり、菩薩の像の背に跏趺(かふ)し、柔和な微笑みをたたえている。
(富士見町教育委員会設置の案内板から・平成8年11月)

<参考資料> 法隆寺十一面観音堂 移転の碑
法隆寺の十一面観音堂は由緒ある建造物で昭和四十七年七月一日に富士見町教育委員会より有形文化財に指定されている。
このたび県道拡幅改良工事により、この建物を西へ約二十六メートルの現在地へ移転した。
これにともない周囲の石造物の整理移転と参道なども含めて文化財にふさわしい環境整備がなされた。
よってこれを永く後世に伝えるものである。
(乙事区設置の案内板から・平成8年11月)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


HirosakuVideo の youtube から

「山の日」制定を記念して、諏訪郡富士見町と伊那市境の入笠山(にゅうかさやま・標高1955m)を訪ねました。
入笠山山頂までの所要時間は約60分。富士見パノラマリゾートからゴンドラすずらんを利用して山頂駅へ(10分)。日本すずらんの群生地として知られる入笠湿原(標高1730m)に咲く山野草を楽しみながら歩くと(20分)、マナスル山荘のある御所平に到着します。ここから山頂までは30分。登山道はよく整備されていますが、やや急な部分がありますので、無理をせずのんびり自分のペースで歩いてみましょう。
山頂からは、甲斐駒ケ岳・鳳凰三山、八ヶ岳、北アルプス・中央アルプスなどが望め、また、眼下にはフォッサマグナ西縁の糸魚川~静岡構造線が走る様子を確認することができます。

<参考HP>
・ 富士見パノラマリゾート
  http://www.fujimipanorama.com/
<音源使用HP>
・ 音楽素材:おとわび和風音楽素材
  「まだ見ぬ明日に出逢うとき」
  http://otowabi.com/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


160716_1451_井戸尻史跡公園に咲く大賀ハス(富士見町) 160716_1454_井戸尻史跡公園に咲く大賀ハス(富士見町)
大賀ハス(古代ハス)
160716_1455_井戸尻史跡公園に咲く睡蓮(富士見町) 160716_1458_井戸尻史跡公園(富士見町)
睡蓮(スイレン) 井戸尻史跡公園案内図

諏訪郡富士見町の井戸尻史跡公園(地図)に咲く大賀ハスの様子。
(写真:井戸尻史跡公園の蓮田=16日午後撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 富士見町ホームページ
  http://www.town.fujimi.lg.jp/
・ 井戸尻考古館
  http://userweb.alles.or.jp/fujimi/idojiri.html
・ おらほー!富士見
  http://www.oraho-fujimi.jp/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


160228_1517_乙事陣場跡(富士見町)

160228_1519_乙事陣場跡(富士見町)
乙事陣場跡
諏訪郡富士見町乙事(地図)にある天正壬午の乱における徳川方の布陣跡。
天正10年(1582)、本能寺の変の後、武田家の領地であった信濃・上野・甲斐の支配をめぐり、北条・徳川・上杉家が争った天正壬午の乱において、甲斐を拠点に諏訪攻略を行っていた徳川軍が、上杉景勝との争いを断念し、南下した北条軍の動きを知り、甲斐へ撤退する途中、対峙した場所がこの地だったと伝えられています。
(写真:徳川軍が布陣した乙事陣場跡=2月28日午後撮影、640×480拡大可能)

<参考資料>
富士見町指定史跡 乙事陣場
いまに陣場(じんじょう)の小字名を伝える足場溜池の南側一帯は、徳川軍が布陣したところである。
元はなだらかな尾根をなしていたが、昭和二十八~二十九年の土地改良区画整理事業によって切り取られ、一部を留めるのみとなっている。
天正十年(一五八二)六月、織田信長が本能寺で滅亡するや、諏訪頼忠はいちはやく諏訪の旧領を回復して自立した。
徳川家康は諏訪氏を服属させようと、乙事(おっこと)村名主の五味太郎左衛門を使者に立てたが、頼忠は服さない。そこで七月下旬、大久保忠世・酒井忠次ら七将に命じて諏訪を攻略した。
いっぽう北条氏直も信州を支配しようとして、四万三千の大軍を率いて佐久方面から進軍してきた。これを察知した徳川方三千は乙事まで退いたが、北条軍が一里近くまで迫り、両軍はまさに乙事原で衝突しようとする寸前であった。
このとき太郎左衛門は具(つぶ)さに北条軍の動静を探り、適切な進言をしたので、徳川軍は一兵も損なうことなく新府に退くことができた。
こうして北条軍は甲斐に入り、再び対陣すること八十余日に及んだが、両軍の間に漸(ようや)く和議が成立して十一月に陣が解かれ、北条氏は上州を、徳川氏は甲斐・信濃を得ることになり、諏訪氏も徳川に服属した。
太郎左衛門は、この間の功績によって甲州に拾貫文の知行を拝領し、後になって家康に召し出されて性を乙骨(おっこつ)と改め、その旗本に取り立てられた。
(富士見町教育委員会設置の案内板から・平成13年)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


150813_1049_乙事諏訪神社(富士見町)

諏訪郡富士見町乙事(おっこと)にある神社(地図)。
もともとは乙事には上社と下社がありましたが、火災により上社が焼失。昭和25年(1950)に下社の本殿を移築し現在の姿になっています。
江戸時代初期の元和3年(1617)に建立された拝殿と幣殿(参考:神社建築)は、諏訪神社(諏訪大社)上社本宮からこの地に移築されたもので、国の重要文化財に指定されています。
(写真:乙事諏訪神社の拝殿と幣殿=13日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 国指定文化財等データベース(文化庁)
  http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/index_pc.asp
  ※名称「諏訪社」都道府県「長野県」で検索
・ 諏訪大社と諏訪神社(八ヶ岳原人)
  http://yatsu-genjin.jp/suwataisya/index.htm
・ おみやさん com
  http://www.omiyasan.com/

<参考資料>
この神社は延徳二年(一四九〇年)御別当明神を祀り 文化八年(一八一一年)諏訪明神の神霊を勧請した
この神社の拝殿 幣殿は神社建築史上重要なもので 本殿を有しない神社の珍らしい例である
諏訪神社(神宮寺)の神前建物として元和三年(一六一七年)に建立されたものであるが 嘉永年間 この地に移建されたものである 小規模であるが 鎌倉室町の手法を有し 雄大豪壮な彫刻は桃山建築の特質をよく発揮している
この本殿は下社(天正年間御別当明神を祀った)と謂れ 文化八年(一八一一年)諏訪明神の神霊を勧請して文政二年(一八一九年)建築したものを昭和二十五年(一九五〇年)社殿の合併によって移築したものである。
(乙事区設置の案内板から・昭和50年)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


150813_1134_先達城址(富士見町)

諏訪郡富士見町先達(地図)にある武田信虎の諏訪攻略拠点となった城址。
信虎は享禄元年(1528)、諏訪攻略のため、ここにあった「小東ノ新五郎」の屋敷を城とし、上原城主・諏訪頼満と対陣。富士見町御射山神戸及び堺川(現在の立場川)で戦い(享禄の戦い)を挑みますが、武田方は大敗し、信虎は敗走したと伝えられています(参考:長野日報)。
(写真:武田信玄の家臣多田淡路守常昌の居館があったとされる常昌寺=13日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考資料> 先達城址
享禄元年(一五二八)八月、武田信虎は諏訪攻略の兵を甲信国境付近に進めてきた。『神使御頭(しんしおとう)之日記』に「此年甲州武田方ト執合に付テ、八月廿二日二武田信虎堺ヘ出張候テ、蔦木ノ郷ノ内小東ノ新五郎屋敷ヲ城に取立候、同廿六日青柳ノ下ノシラサレ山ヲ陣場トシテ、安芸守頼満・嫡子頼隆対陣ヲ御取候テ」とあり、続いて同晦日に神戸・堺川で合戦になったことが記されている。
地元の伝承によれば、ここ鳳凰山常昌寺の敷地には武田信玄の家臣、多田淡路守常昌の居館があった。その常昌は、天正三年(一五七五)の長篠の合戦で討ち死にしたという。境内の墓地には、天保年間ころ長篠の戦場跡より写し取ってきたという墓碑があって、表に「知海常通居士位」裏に「三州長篠戦合天正三年五月四日夜 陣中右淡地三八郎常政苑」と刻まれている。ただし、常昌その人について文献の上では見極められがたい。
館跡は鹿之沢(かのさわ)左岸の尾根筋上に立地し、西北側(諏訪側)が急俊な谷で画される一方、東南側は緩傾斜となっている。げんざい城跡としての遺構は特に認められないが、北に広見(ひろみ)木戸、南に南木戸の名を残し、それぞれに沿って二軒の「広見の家」と「南の家」がある。また、寺をとり巻くように「城(じょう)の家」という呼び名の家が四軒かぞえられる。明治七年の先達村絵地図には字城と示されている。先達城址が「城」であったことは、これらの呼称からも確かといえる。
こんにち「小東村の新五郎屋敷」はその場所を特定することができない。
(富士見町教育委員会設置の案内板から・平成11年)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


150429_0740_田端鼎談桜(富士見町)

諏訪郡富士見町田端(地図)に咲く田端鼎談桜(たばたていだんざくら)の様子。
(写真:田端鼎談桜=4月29日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 富士見町ホームページ
  http://www.town.fujimi.lg.jp/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


150418_0757_1_ドルメン類似遺跡・坪平遺跡(富士見町)

諏訪郡富士見町立沢の坪平遺跡(地図)で発掘された支石墓の遺構。
(写真:ドルメン類似遺跡=18日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 木漏れ日の森から
  http://komorebit.exblog.jp/7101380/

<参考資料> ドルメン類似遺跡
150418_0757_2_ドルメン類似遺跡・坪平遺跡(富士見町)
ドルメン類似遺跡
(後ろは立沢大橋)
ここ坪平遺跡は、大正の末年、郡史編纂調査の一環として民族・考古学者の鳥居龍蔵博士らによって発掘され、「ドルメン類似遺跡」と称せられた。
発掘されたのは石で覆われた墓と目される遺構で、四メートル近い間隔で二基ならんで発見された。片方は偶然、地主の植松夏平氏によって掘り起こされた。南北五.七メートル、東西四.五メートルばかりの長方形に積石がなされ、その北端に長さ十五メートル弱の人形をした石製品(立沢区所蔵)があったという。
もう一方もやはり南北五メートル、東西三.六メートルほどの長方形に積石がみられた。掘り起こして見ると六十センチほどの深さに積まれており、中央やや北に寄ったところには直径一メートル余の大きな蓋石がいくつかの支石の上に被せられていた。支石で囲まれた不規則な室は長さ九十センチ、幅三十センチほどであるが、そこに遺物は見当たらず、蓋石の北側から石器や土器片が発見されたという。
このような支石と蓋石のあり方はヨーロッパ考古学で「ドルメン」と称する支石墓(しせきぼ)に似ており、これらは石器時代の墳墓である。そして、日本にも巨石文化の小規模なものが存在したと、鳥居龍蔵は考えた(『諏訪史』第一巻)。
こんにち、坪平遺跡は縄文時代後期(およそ三八〇〇年前)の遺跡として認識されている。いっぽう、一九八〇年来、八ヶ岳南麓の北巨摩郡下では墓や墓域に大量の石を用いた同時代の遺跡がいくつか発掘されてきた。それらに照らしてみると、坪平の遺構を支石墓と断定することには疑問もあるが、諏訪における考古学史上記念すべき遺跡であることに変わりはない。その時の発見箇所一〇〇平方メートルほどが、区有地として保護されている。
なお平成十年、この東に隣接する土地五〇〇平方メートル余りを発掘調査した。しかし、墓跡と思しき穴三基を検出したにとどまり、同類の遺構は見当たらなかった。
(富士見町教育委員会設置の案内板から・平成17年)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


150418_0731_茅葺屋根の観音堂に咲く「高森観音堂しだれ桜」(富士見町)

諏訪郡富士見町境の高森観音堂(地図)に咲くシダレザクラの様子。
(写真:高森観音堂のシダレザクラ=18日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 富士見町公式ホームページ
  http://www.town.fujimi.lg.jp/

<参考資料> 高森観音堂の枝垂桜
150418_0732_茅葺屋根の観音堂に咲く「高森観音堂しだれ桜」(富士見町)
高森観音堂しだれ桜
ここ愛宕山観音堂の境内のサクラは、樹齢約二五〇年と推定される。樹高約一〇メートル、目通り幹囲三・八メートル。根元に石造物の円形型残欠を抱き込んで古木の風貌をみなぎらせており、四月下旬、淡紅色に咲く花の盛りには、富士見町内一の風格をいっそう高める。
シダレザクラにはイトザクラという別の名がついているが、これはいずれも細い枝が垂れ下がる性質による名前である。
この種類は、青森県から鹿児島県霧島山まで自然に分布するエドヒガンの絵だのしだれる品種で、樹齢が長く、太い枝が横に広がり、細い枝が細長く垂れ下がる特異な樹形のため、古くから神社や寺の境内に植えられてきた。日本各地には大木も多くあり、天然記念物に指定されているものも数多い。
ちなみに、このシダレザクラと同時代ころ植えられたとみられる株が乙事薬師庵境内、葛窪三十三番、葛窪下デンデー墓地、田端共同墓地などにある。
(富士見町教育委員会設置の案内板から・平成15年)

<参考資料> 高森愛宕山観音堂
このお堂は、薬師堂と地蔵堂を合せて建立したものといわれ、源海という僧が開基にあたると伝えられる。
以前は諏訪社の南方にあったといわれ、享保の「絵図」にある「あたこ地蔵堂」がこれにあたるものと思われる。
本尊は千手観音で、ほかに薬師如来がある。
また「旧蹟年代記」に「乾龍院(諏訪忠晴)様、元禄十一年(一六九八)三拾三体地蔵尊を下さる」とある地蔵尊が一体、弘法大師の像が数十体ある。
後者については「旧蹟年代記」の高森村の項に、「文政九年(一八二六)、紀州日下部高家村行者吉右衛門というもの、諏訪郡へ新四国と号、弘法大師の像を八十八ヶ所に置く、第壱番高森観音堂」とある。
富士見町史より

頼みある しるべなりけり 高森の
大師の誓い あらたなりけり
(案内板から)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]



HOME |

 次のページ>>
【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[10/15 管理人ひろさく]
[09/23 タッキー]
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]