忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。



平成29年(2017)4月11日公開の小諸市のPR動画。

小諸城址懐古園桜まつり2017
開催日時:
平成29年4月8日(土)~30日(日)
(ライトアップ):日没~午後10時
開催場所:小諸城址

<参考HP>
・ 小諸市ホームページ
  http://www.city.komoro.lg.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR



平成28年(2016)12月8日公開の小諸市のPR動画。
出演・撮影・編集、全て手作りのこの動画の製作費は9500円。
職員のみなさんの心意気が伝わる渾身の作品です。

<参考HP>
・ 小諸市ホームページ
  http://www.city.komoro.lg.jp/
・ Business journal
  http://biz-journal.jp/2017/02/post_18117.html


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

110403_1205_北国街道小諸宿・ほんまち町屋館(小諸市)

小諸市本町2丁目にある「ほんまち町屋館」は、かつて味噌・醤油の醸造を行っていた商家を整備し、平成13年にオープンした文化交流施設。写真は、その「ほんまち町屋館」に設けられている展望デッキから望む浅間山。
(写真=3日撮影・携帯、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 小諸市北国街道 ほんまち町屋館
  http://www.machiyakan.com/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[1回]

101003_1212_第4回素人そば打ち名人大会(小諸市)

小諸市の相生町通りで3日、恒例となった「信州小諸ふーどまつり」が開催され大勢の市民で賑わいました。
また商店街にあるビル(地図)では、今年で4回目となる「素人そば打ち名人大会」(主催:小諸市観光協会)がふーどまつりに併せて行なわれ、参加した選手が日頃鍛えたそば打ちの技を競ったほか、名人3名によるそば打ちの実演では、訪れたそばファンが名人の動きを興味深く見守る姿が見られました。 (写真:そば打ち名人による実演=3日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 小諸市観光協会
  http://www.kanko.komoro.org/
・ 小諸市相生町商店街
  http://www.alps.or.jp/aioi/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

100905_1246_八朔相撲(小諸市)

小諸市八幡町(地図)にある小諸八幡宮で5日、小諸市の重要無形文化財に指定されている伝統行事・八朔相撲(はっさくすもう)が行われました。八朔相撲は、江戸時代に小諸城主の命により始まったもので、陰暦の八月朔日(1日)に行なわれたことから「八朔」と呼ばれるようになったと伝えられています。
この日は、NPO法人小諸街並み研究会が企画した「ディスカバー・こもろ」に参加中の留学生たちも神社を訪れ、立派な化粧廻しをつけた可愛い豆力士たちの取り組みを見学しました。 (写真=5日撮影、640×480拡大可能)

<参加HP>
・ 小諸市ホームページ
  http://www.city.komoro.nagano.jp/
・ NPO法人小諸街並み研究会
  http://www.machinami.komoro.org/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[1回]

100711_1215_小諸城大手門に咲くあじさい(小諸市)

小諸市大手の大手門公園(小諸城大手門)に咲くあじさい。
公園内にある合歓(ねむ)の木の花も見ごろを迎えています。 (写真=11日撮影)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

100711_1206_健速神社祇園例大祭(小諸市)

11日、小諸市本町にある健速神社(地図)の例大祭で、重量500キロもある御輿を担ぎながら、豪快に境内の階段を下る「階段落とし」が行われました。
御輿は旧北国街道小諸宿周辺を練り歩いた後、午後6時から本町交差点で「水掛神事」を、また午後8時30分から「渡し台神事」が執り行われることになっています。 (写真:境内の階段を下る御輿=11日撮影)

<参考HP>
・ 小諸市観光協会
  http://www.kanko.komoro.org/
・ こもろまちかど情報MAP KOMO NAVI (こもナビ)
  http://news.komonavi.jp/


100711_1205_健速神社祇園例大祭(小諸市) 100711_1209_健速神社祇園例大祭(小諸市)
階段を下る直前の神輿 神輿は3回境内下を廻る





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

10_上信越道小諸IC~佐久IC夜間通行止め(表) 10_上信越道小諸IC~佐久IC夜間通行止め(裏)
「上信越道夜間通行止めのお知らせ」のチラシ

平成22年7月6日(火)の午後11時から翌朝5時まで、工事のため上信越自動車道小諸IC~佐久IC間(上下線)が夜間通行止めになります。案内によれば、現在建設が進められている中部横断自動車道と接続する佐久小諸JCTの工事が行われるようです。詳しくは「ドラぷら」(NEXCO東日本)をご覧ください。

<参考HP>
・ ドラぷら (NEXCO東日本)
  http://www.driveplaza.com/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

100116_1637_小諸市滝原の浅間サンラインから望む富士山(小諸市)

写真は、小諸市滝原の浅間サンライン沿いにあるセーブオン(地図)駐車場から撮影した霊峰・富士山の姿です。空気が澄んでいると、小諸市からでも富士山を望むとができること、初めて知りました。 (写真=16日午後4時36分撮影、640×380拡大可能)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

090906_1145_北国街道小諸宿・本陣兼問屋(小諸市)

旧北国街道小諸宿(地図)に残る江戸時代後半に建てられた本陣兼問屋。内部の整備が終了するまで一般公開はされておらず、外観だけの見学となっています。 (写真=6日撮影、640×480拡大可能)

<参考資料> 重要文化財 旧小諸本陣
これはもともと小諸の本陣兼問屋上田家の建物で、明治の中葉、田村家の所有となった。
建設年代は十八世紀末から十九世紀初頭と推定される。
この二階建は問屋場で、街道に面し、間口八間、正面に大きな切妻屋根の妻を店、二階は腕木で持ち出し格子窓を広くとる。当初、一階正面は全面開放の縁側で、内部は八室が二列にならび、その全面に畳廊下を通した間取りであった。
二階は九室で、部屋割はあまり変わっていない。
別棟正座敷(御殿)を失っているのは惜しいが西隣にあるほぼ同時代の藥医門とともに北国街道に残る数少ない構造が立派な本陣建築の一つである。 (文化庁・小諸市教育委員会設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]



HOME |

 次のページ>>
【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
[05/13 タッキー]
[04/01 管理人ひろさく]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]