忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

下伊那郡喬木村では地域おこし協力隊の隊員を募集しています。
詳しくは喬木村地域おこし協力隊の Facebook をご覧ください。


【地域おこし協力隊 募集中☆】 南アルプスのふもとの豊かな自然に囲まれた「南信州・たかぎ村」。10年後にはリニア中央新幹線が開通し、村から5分のところに駅ができます。周辺の環境が大きく変わろうとしている中、可能性は無限大!! こんなたかぎ...

喬木村地域おこし協力隊さんの投稿 2017年3月31日



【ありがとうございました】 本日を持ちまして、喬木村地域おこし協力隊の稲吉・上杉・下平3名は、3年間の任期を終え卒業します。 農業・スポーツ・伝統工芸と、3人とも活動内容は見事にバラバラでしたが(笑)、それぞれに村民の皆さまに支えていた...

喬木村地域おこし協力隊さんの投稿 2017年3月31日



ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

140510_1341_阿島の大藤(喬木村) 140510_1346_阿島の大藤(喬木村)
140510_1339_阿島の大藤(喬木村) 140510_1344_阿島の大藤(喬木村)

下伊那郡喬木村(地図)の安養寺に咲く阿島の大藤の様子。
(写真:阿島の大藤=10日午後撮影、480×640拡大可能)
 
<参考HP>
・ 喬木村ホームページ
  http://www.vill.takagi.nagano.jp/

<参考資料> 阿島の大藤
大恐慌の嵐が吹き荒れた昭和初期、阿島の商工店主らが、観光名所を作って活性化をと立ち上り、当時の参圓と他に寄付金を集めて飯田近隣より七本の藤を買い求め植えました。
現在では木も見事に成長し、一房が二mにもなり毎年、白・紫・ピンク・八重の種類が咲き誇り、その甘い香りはあたり一面に漂い、藤のシャワーを浴びに県内外から大勢の見物客が訪れるようになりました。
本数は二十本以上、古木は三百五十年となります。
(園内の案内板から)

<参考資料> 山藤(原種)
昭和六年、公園開園当時に芽を吹き、約五十年目に漸(ようや)く花三鱗が付き、この地で生え育った原種山藤です。
生え抜きの山藤は短く可愛いが、色は紫が濃く、三百年の古木に及ぶ長生きで、良い花を長く咲かせて皆様を楽しませてくれるでしょう。
(阿島の藤保存会設置の案内板から)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

130503_1010_阿島陣屋・曙月庵(喬木村)

下伊那郡喬木村阿島の阿島陣屋跡(地図)に現存する当時の建物。
(写真:阿島陣屋に唯一現存する建物「曙月庵」=3日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 喬木村ホームページ 
  http://www.vill.takagi.nagano.jp/

<参考資料> 阿島陣屋跡
知久大和守頼氏の子則直が関ヶ原の戦の翌年即ち慶長六年(一六〇一)阿島三千石の旗本としてここに館を築き、以来二百七十年間この地を領知していた陣屋の跡である。
知久氏は鎌倉時代、伊那郡知久平にあり、のち神之峰城に移り、ついでこの地に居住した。阿島初代則直より十一代頼謙の子頼温の代に明治維新となり、同二年(一八六九)版籍奉還と共に陣屋は廃止となり建物も悉く取毀され、現存するものは一小楼のみである。
広さ東西約百四十五メートル、南北約百十メートル、面積一万六千平方メートル(約五千坪)である。 (喬木村教育委員会設置の案内板から)

<参考資料> 曙月庵
慶長六年(一六〇一)一月徳川幕府直参の旗本としてこの地を領した阿島知久氏初代則直は、ここに陣屋を築いた。以来十一代頼謙に至るまで二百六十七年間、三十数棟に及ぶ建造物が存在した。
明治となり版籍奉還で建物のことごとくが取り壊される中、知久家の住居とするために書院造り二階建て数寄屋のみが偶然に残されたものである。
この茶室は棟札により、嘉永元年(一八四八)九月十代頼匡の造営になり、茶室の名も宗徧(注:そうへん)流家元山田宗徧四世陸安斎により曙月庵と命名されている。
武家造営の茶室としては県内唯一の建造物である。(喬木村教育委員会設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

130503_1006_阿島の大藤(喬木村)

下伊那郡喬木村(地図)に咲く阿島の大藤の様子。
開花状況についての詳しい情報は喬木村ホームページをご覧ください。
(写真:阿島の大藤=3日撮影、480×640拡大可能)

<参考HP>
・ 喬木村ホームページ
  http://www.vill.takagi.nagano.jp/


阿島の大藤 (5月3日)
130503_1005_阿島の大藤(喬木村) 130503_1001_阿島の大藤(喬木村)
阿島の大藤
開催期間:4月27日~5月12日 (午前9時~午後8時30分)
入場料:100円





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

110503_1038_阿島の大藤(喬木村)

写真は3日に撮影した下伊那郡喬木村(地図)に咲く阿島の大藤の様子。
現在のところ未開。
(写真:阿島の大藤=3日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 喬木村ホームページ
  http://www.vill.takagi.nagano.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

100822_1332_阿島陣屋跡(喬木村)

下伊那郡喬木村阿島の喬木北保育園(地図)にある旗本知久氏の陣屋跡。現在は、石垣と江戸時代の嘉永元年(1848)に知久頼匡が建てた茶室「曙月庵(しょうげつあん)」が残されています。 (写真:阿島陣屋跡=22日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 喬木村ホームページ
  http://www.vill.takagi.nagano.jp/

<参考資料> 阿島陣屋跡
知久大和守頼氏の子則直が関ヶ原の戦の翌年即ち慶長六年(一六〇一)阿島三千石の旗本としてここに館を築き以来二百六十七年間この地を領知していた陣屋の跡である。
知久氏は鎌倉時代伊那郡知久平にありのち神之峰城に移りついでこの地に移住した。
阿島初代則直より十一代頼謙の子、頼温の時代に明治維新となり、同二年(一八六九)版籍奉還と共に陣屋は廃止となり建物も悉く取り壊され、現存するものは茶室・曙月庵のみである。
広さ東西約百四十五メートル南北約百十メートル、面積一万六千平方メートル(約五千坪)である。 (喬木村教育委員会設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[1回]



HOME |

【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[10/15 管理人ひろさく]
[09/23 タッキー]
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]