忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。



【撮影場所】 テンホウ小布施店 (上高井郡小布施町)
【撮影日時】 平成25年2月23日
【コメント】
諏訪市中洲に本社を置く株式会社テンホウ・フーズの直営店。小布施店は、観光客で賑わうエリアから少し離れた小布施町中松の広域農道(北信濃フルーツ街道)沿いにあり、ログハウス風の建物は通りからも目立つオシャレなお店です。
今回頂いたのは、長崎ちゃんぽん風の「テンホウメン」(560円)。太麺と濃厚なスープ味、たっぷり盛られた野菜との調和が絶妙で、それでいて誰もが満足できるリーズナブルなお値段。これはおススメ。

 テンホウ小布施店
電話:026-247-6359
地図:上高井郡小布施町大字中松
<参考HP>
・ みんなのテンホウ
  http://tenhoo.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

130126_1350_ラーメン大学・辛こて味噌ラーメン(長野市)

【撮影場所】 ラーメン大学若槻店 (長野市)
【撮影日時】 平成25年1月26日
【コメント】
長野市田中にある「ラーメン大学」(株式会社エスネッツ=長野県千曲市)の若槻店。
今回は、ラーメンファンの間でも人気のメニューである「こて味噌ラーメン」シリーズから、ちょこっと辛めの「辛こて味噌ラーメン」(780円)を注文。食べ始めの頃は寒々していたカラダも、次第にポカポカしてきて汗がでてくるほど…。仕上げは、自慢の餃子で。

ラーメン大学 若槻店
電話:026-296-0141
地図:長野市田中


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[1回]

130119_1306_味の道くさ いむらや・中華そば(長野市)

【撮影場所】 味の道くさ いむらや権堂店 (長野市)
【撮影日時】 平成25年1月19日
【コメント】
長野市上千歳町にある「味のみちくさ いむらや」の権堂店。昼夜問わず、老いも若きも集うこの店の人気メニューは、昔から定評のある「あんかけ焼きそば」。ぱりぱりの麺にのったあんかけと、好みに合わせて垂らした辛子酢が次第に麺に絡み合うことで、しっとりした味わいとなることが特徴。もちろん持ち帰りも可能です。
今回は、いむらや独特の黒いスープがたっぷりの「中華そば」(410円)を注文。特別おいしい…と感じるものではありませんが、何故か懐かしさで立ち寄ってしまう、そのような仕上がりです。食券はレジにてお求めを。

 いむらや権堂店
電話:026-235-0344
地図:長野市鶴賀


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[1回]

130104_1244_麺匠がむしゃら・特性マヨ塩ダレ「ピリ辛スタミナ味噌」(駒ヶ根市)

【撮影場所】 麺匠がむしゃら (駒ヶ根市)
【撮影日時】 平成25年1月4日
【コメント】
駒ヶ根市上穂南(うわぶみなみ)にある地元でも人気のラーメン店。今回は、伊那ケーブルテレビ( http://www.inacatv.co.jp/ )で放送されている‐まちおこし情報番組‐「素でどうでしょう」に登場する方がプロデュースした期間限定の「豚将ラーメン」を味わいました。
この「豚将ラーメン」、具材を特製マヨ塩だれで炒めているのが特長とか。とんこつベースのメニューは「マイルド醤油」と「ぴり辛スタミナ味噌(写真)」の2種類で、料金はどちらも850円。伊那市では「麺屋二八」と駒ヶ根市の「麺匠がむしゃら」の2店舗だけで提供されており、1月下旬まで味わうことができるということです。

 麺匠がむしゃら
電話:0265-83-1301
地図:駒ヶ根市上穂南


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

110504_1109_道の駅小谷・塩ラーメンとミニ豚すき丼(小谷村)

【撮影場所】 道の駅小谷 鬼の厨 (北安曇郡小谷村)
【撮影日時】 平成23年5月4日
【コメント】
北安曇郡小谷村の国道158号線にある道の駅小谷内にあるレストラン。改装されたのか、以前の雰囲気よりも断然オシャレで、県内外から訪れる観光客にも好印象な店舗づくりになっていて、ちょっとびっくり。
オーダーはセルフ形式で、料理の準備ができると、会計した後に手渡されるスティック状のブザーが鳴り、カウンターに料理を取りに行くという仕組み。このレストランのおすすめ料理はかまどで炊いたご飯がメインの「かまど飯定食」。小谷村で生育されているという豚肉と、温泉たまごを使った「温玉かつ丼」(1100円)は今も健在。
今回頂いたのは、「塩ラーメンとミニ豚すき丼」のセット(980円)。あっさりした塩ラーメンに温千たまご、チャーシューが乗ったもの。ミニ豚すき丼は直径10センチ程度のお椀で、ラーメンとのセットでも負担にならないくらい。ラーメン単品だと680円、ミニ豚すき丼は430円ですから、セットメニューで注文したほうがお得かもしれません。
今度はぜひ、「かまど定食」を頂いてみようかと…。

<参考HP>
・ 道の駅小谷
  http://www.vill.otari.nagano.jp/mitinoeki/index.html


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[1回]

110409_1504_ラーメン大学「とんこつラーメン」(長野市)

【撮影場所】 ラーメン大学 若槻店 (長野市)
【撮影日時】 平成23年4月9日
【コメント】
長野県内の幹線道路沿いでは必ずといってよいほど見かけるラーメンチェーン店。メニューも豊富で、提供される何れのラーメンもボリュームたっぷり。そのせいか、平日はサラリーマンが、休日は家族連れで賑わっているのがこのラーメンチェーン店の特徴のようです。
今回訪ねたのは長野市上野の若槻大通り沿いにあるラーメン大学の若槻店。駐車場が広く、店内ではカウンター席・テーブル席・小上がり席の何れからでも選べることがお気に入りの理由。
頂いたのは「とんこつラーメン」(700円)。こってりした豚骨スープは濃いめで、麺はとんこつラーメン専用の極細麺を使用。手作り焼餃子は6個で300円で、もうこれだけでお腹いっぱい…でした。ほかにも「こてこてとんこつラーメン」や「黒とんこつラーメン」(ともに800円)などがあり、何れも替玉は100円です。

 ラーメン大学 若槻店
電話:026-296-0141
地図:長野市田中


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

101231_1445_道の駅オアシスおぶせで提供されている「坦々麺小ライスセット」(小布施町)

【撮影場所】 小布施ハイウェイオアシス 道の駅オアシスおぶせ (小布施町)
【撮影日時】 平成22年12月31日
【コメント】
上信越自動車道小布施パーキングエリアに隣接する、道の駅オアシスおぶせ内にあるレストラン。ここでは、信州そばと小布施名物の栗おこわ、信州の郷土食であるおやきを一度に味わえる「信州ふるさとセット」(900円)や、北信州みゆきポーク(豚肉)を鉄板でグリルした「信州豚鉄板」(700円)など、北信州ならではの食材を使ったメニューが好評ですが、なかでも最近特に注目を集めているのが、じつは写真の「坦々麺小ライスセット」(850円)なのです。
四川料理の味を受け継ぐ、丸池観光ホテル・志賀飯店のレシピをオアシスバージョンに仕上げたという逸品で、自家製ラー油を使った濃厚スープとご飯とのコンビネーションも格別な味を醸し出させてくれます。
「坦々麺」のみの場合は750円で。このほか、この「坦々麺」のスープをベースに、野菜・きのこ、豆腐など、たくさんの具を使い、鍋定食に仕上げた「坦々鍋定食」(750円)もありますので要チェック。
食堂は自動オーダーシステムが採用されており、準備ができると食券に記された番号が呼ばれます。西側に面したカウンターでは友達と、テーブルや小上がりではご家族で、広いスペースでゆっくり信州の味をお楽しみください。

<参考HP>
・ 小布施ハイウェイオアシス 道の駅オアシスおぶせ
  http://www.avis.ne.jp/~obusehwo/index.html
<食べログ>
・ 道の駅オアシスおぶせ アイスクリーム / 北須坂駅小布施駅


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

101219_1342_ホームラン亭・しょう油ラーメン(須坂市)

【撮影場所】 ホームラン亭 (須坂市)
【撮影日時】 平成22年12月19日
【コメント】
須坂市の須坂ショッピングセンター内にあるラーメン店。地元でも良く知られた存在で、平日はサラリーマン、休日は家族連れで賑わいます。
今回頂いたのは「しょう油ラーメン」(600円)。見かけは味噌ラーメンのようですが、じつはこれこそ、豚骨ベースを十分に効かせたこの店ならでは逸品。あふれんばかりに盛られたスープに、チャーシュー3枚と定番のメンマ、刻みネギとシンプルな構成ですが、最近流行りのラーメンとは一線を画した、ちょっとばかり懐かしさを感じさせる味付けが印象に残る仕上がりになっています。

 ホームラン亭 パルム店
電話:026-246-5841
地図:須坂市大字須坂
<食べログ>
・ ホームラン亭 パルム店ラーメン / 須坂駅


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

101204_2101_横浜亭・味噌坦々麺(長野市)

【撮影場所】 横浜亭・大豆島店 (長野市)
【撮影日時】 平成22年12月4日
【コメント】
長野市郊外の大豆島(まめじま)にある「横浜亭」の大豆島店。平日はサラリーマン、休日は家族連れで賑わうこのお店の人気商品は「あんかけ焼きそば」。店内メニューランキングでも1位というこの「あんかけ焼きそば」は、具もたっぷりで、大・中・小の3種類から選べることが人気のヒミツとか。今回は、店内メニューランキング4位の「味噌坦々麺」(750円)を注文。

 横浜亭 大豆島店
電話:026-221-1261
地図:長野市大字大豆島
<食べログ>
・ 横浜亭 大豆島店ラーメン / 綿内駅


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

101129_1602_ちゃあしゅう屋・ネギ味噌ラーメン(長野市)

【撮影場所】 ちゃあしゅう屋・長野アップルライン店 (長野市)
【撮影日時】 平成22年11月28日
【コメント】
長野市穂保のわくわく広場内にある「ちゃあしゅう屋」(本社:茨城県水戸市)の長野アップルライン店(FC)。写真は「ネギ味噌ラーメン」(税込819円)。
毎回、ここを訪ねるたびに同じメニューをオーダーしていますが、今回訪ねてみて気付いたのは、太麺にピり辛のネギとミソ味がしっかり絡んだ旨さに変化はないものの、丼がとても華やかになり、これまでのものより出来栄えがとても丁寧になっていたように感じました。もっとも、これまでのものが悪かった、というわけではありませんが、以前、撮影した写真(参考記事)を見比べてみると、それは一目瞭然。
また、併せて注文した「トロッとちゃあしゅう麺」(醤油・味噌・とんこつ味の3種類・今回は味噌)はチャーシューの枚数が選択できるようになっており、値段は、チャーシュー2枚の場合、100円増しの924円(税込)でした。味に変化はありませんでしたが、選択幅が広がったという点で評価しておきたいと思います。
ひとつ注文するとすれば、やはりやや高めと感じる値段の見直し…かもしれません。ぜひご検討を。

<追記>
ちゃあしゅう屋 長野アップルライン店を訪ねると、新しく別の店が開いていました。株式会社エヌ・ティー・ビーのホームページによれば、長野県内では松本市梓川・松本市笹賀・飯田市鼎にFC店舗があり、長野アップルライン店の表示はありませんでした。 (平成25年1月6日更新)

<参考HP>
・ 株式会社エヌ・ティー・ビー
  http://www.ntb-k.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]



HOME |

 次のページ>>
【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[10/15 管理人ひろさく]
[09/23 タッキー]
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]