忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。
Click 県内の話題をチェック >>> にほんブログ村 長野情報



141123_1137_ながいも祭り(長野市松代町) 141123_1116_ながいも祭り(長野市松代町)
141123_1133_ながいも祭り(長野市松代町) 141123_1115_ながいも祭り(長野市松代町)

長野市松代町にあるJAグリーン長野・松代総合センター直売所(地図)では、10日から恒例の「信州松代 ながいも祭り」が始まりました。
人気の自家用長いも(写真右上)の値段は、例年並みの3.5キロ以上(3本程度)1袋1000円から。贈答用も扱っており、地方への発送も可能です。
直売所の営業時間は、毎日午前9時から午後3時30分までで、12月23日までの期間中は無休で営業されます。
(写真:JAグリーン長野 松代総合センター直売所=23日午前撮影、640×480拡大可能)
 
JAグリーン長野 松代総合センター直売所
長野市松代町東寺尾3588
TEL 026-278-9595 FAX 026-278-9590


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

11月22日午後10時8分、長野県北部を震源とするM6.7の地震が発生し、北安曇郡小谷村・上水内郡小川村・長野市で震度6弱、北安曇郡白馬村・上水内郡信濃町で震度5強、新潟県糸魚川市や妙高市でも震度5弱を記録しました。
報道によれば、今回の地震は18日頃から弱い地震が頻繁に発生し、その後今回の地震に到っており、その震源は糸魚川・静岡構造線の北部にある「神城(かみしろ)断層」に一致しているということです。
この地震は西側の地層が東側の地層を押し上げるように移動した(逆断層)と伝えられており、白馬村では直線状に隆起した段差も確認されています。


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


121125_1150_神戸の大イチョウ(飯山市)
神戸の大イチョウ (平成24年11月25日)

飯山市瑞穂にある県天然記念物の神戸の大イチョウ(地図)の様子。
お出かけの参考にご覧ください。
(平成25年度定点観測は → こちら

<管理人ひとこと>
11月2日
昨年と比較すると、およそ1週間程度早く葉の色が変わり始めているようです。
11月9日
現場でも随分早く色付いたなぁ…と感じましたが、こうして昨年と比較してみると、その違いは歴然。少なくとも2週間程度、早めに色付きが進んでいる様子がわかります。
昨年は大変な大雪に見舞われました。しかし、落葉の早さは概ね例年並みでした。
間違いなく今月中に落葉しそうな今年の大イチョウ。
この冬はどうなるのでしょうか…。
11月16日
141116_1230_神戸の大イチョウ(飯山市)
イベントの案内
新聞に、北海道では降雪とともに一気にイチョウの落葉が見られた…という記事がありましたが、神戸の大イチョウも気候が変われば瞬く間に落葉してしまうような状況になっています。昨年と比較すると、やはり1週間は早めの色付きになっており、その翌週には完全に落葉。現在の色付きから考えると、今週中に落葉してしまってもおかしくないような状況かもしれません。
案内によれば、11月22日・23日・24日の午後5時から10時までライトアップイベントを行う予定とのこと。どうにか持ちこたえてくれれば良いのですが…。
11月22日
長野市内でも早朝は氷点下になる日々が続き、さすがの大イチョウも葉を落としたかな…と思っていたのですが、どうにかこうにか残っていました。「イチョウの葉が一度に落ちた年は大雪になる」といういい伝えがここにはありますが、今日の様子を見る限り、今冬は大雪にならないのかもしれませんね(わかりませんが…)。
 
 
定点観測~神戸の大イチョウ (飯山市)
141025_1123_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成26年10月25日
131104_1056_神戸の大イチョウ(飯山市) 141102_1209_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成25年11月4日 平成26年11月2日
131110_1145_神戸の大イチョウ(飯山市) 141109_1134_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成25年11月10日 平成26年11月9日
131116_1242_神戸の大イチョウ(飯山市) 141116_1225_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成25年11月16日 平成26年11月16日
131124_1139_神戸の大イチョウ(飯山市) 141122_1308_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成25年11月24日 平成26年11月22日
131130_1253_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成25年11月30日


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141120_2042_てんねんこうぼのぱんやさん きなり(飯綱町)

ボージョレ・ヌーボーが解禁になった20日、上水内郡飯綱町で天然酵母を使ったパンを焼いている「きなり」さん(地図)の出張販売が長野市松代町の酒屋さんでありました。
「きなり」さんで焼くパンの特徴はやや硬めで、天然酵母ならではの酸味があること。また、ハード系が好きな方はそのまま、管理人のようにソフト系が好きな方は、少し蒸し器で温めてみるのもおいしく味わえるコツとのことでした。
レーズンであったり、クルミであったり、パンの種類も豊富。
あらかじめ、「きなり」さんのブログに掲載されている商品のラインナップを確認してから購入されることをおススメします。
(写真:管理人が購入した「きなり」さんのパン=20日午後撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ てんねんこうぼのぱんや きなり
  http://park8.wakwak.com/~panya-kinari/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141115_1201_若穂保科・清水寺の紅葉(長野市)

長野市若穂保科にある清水(せいすい)寺(地図)の紅葉の様子。
境内では15日と16日の両日、第9回もみじ祭が開催されており、鮮やかに色付いたカエデを鑑賞する人たちで賑わっています。
(写真:清水寺の境内を彩るカエデ=15日午後撮影、640×480拡大可能)

<管理人ひとこと>
今年の清水寺の紅葉は、最近のなかでは最も色付きが良いのではないかと感じました。紅葉は寒暖の差が大きいと色付きが良いという話は聞いていましたが、今年の10月後半から11月にかけての気候を振り返ると、確かに日中と夜間との気温に差のある状況だったように思います。
あまりにも綺麗だったこともあって、いつもは入口で帰ってしまうところ、今回は三重塔跡まで石段を上ってみました。下から紅葉を眺める風景も素晴らしいのですが、上から眺める紅葉の姿もまた格別。杉並木の緑が背景となり、紅葉を一段と引き立たせる場面は、ぜひおさえておきたい撮影ポイントかもしれません。


清水寺の紅葉 (11月15日)
141115_1153_若穂保科・清水寺の紅葉(長野市) 141115_1158_若穂保科・清水寺の紅葉(長野市)
141115_1206_若穂保科・清水寺の紅葉(長野市) 141115_1202_若穂保科・清水寺の紅葉(長野市)
141115_1209_若穂保科・清水寺の紅葉(長野市) 141115_1213_若穂保科・清水寺の紅葉(長野市)

<参考資料> 清水寺の紅葉
科野清水寺は、ぼたんの寺として知られているが、紅葉の名所であることは以外(※意外)に知られていない。しかし、十一月中旬から十二月初旬にかけての寺域の紅葉の素晴らしさは知る人ぞ知るである。
紅く鮮やかな紅葉は、名刹古寺にふさわしい美観を添えてくれている。この時期には、アマチュアカメラマンが各地から多くやってきてシャッターを切っている。
清水寺のもみじは、寺域に百数十本植えられていて、樹齢八十年を越えている木も十数本ある。もみじの種類は、楓(かえで)科でイロハカエデ・ミネカエデやホザキカエデなどがあり、寺域の地形、気候風土が合っているのか、色づいた時の紅色の鮮やかさはきわだつ。特に総門前や鐘楼周辺の紅葉は、本堂や客殿などの建物と背景の杉山がマッチし、絶景の一つである。また、山門から観音堂への参道石段の両側にある杉並木下の紅葉の古木は、大きく枝を張っていて見ごたえがある。中院(位牌堂や三重塔跡・大日堂跡)までの林道に小木ではあるが、数十本の紅葉をみることができます。
(境内の案内から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141103_1401_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町)

長野市松代町で保存整備事業が進められている旧金箱家住宅(地図)の工事見学会が8日開催されました。見学会は、午前2回、午後2回の計4回行われ、市教育委員会文化財課の職員の案内で明治時代の商家の暮らしぶり伝える建造物を見学しました。
案内によれば、金箱家は津和村(現在の長野市信州新町山穂刈にあった栗屋村)の出身で、初代勘蔵は「栗屋勘蔵」と名乗り、江戸時代後期の文久3年(1863)にはこの地で質屋を営んでいたと伝えられているそうです。財をなした勘蔵は明治25年(1893)に亡くなり、跡を継いだ養子の2代目勘蔵は、質屋のほか小物商や不動産業にも事業を拡大。松代町町会議員や郡会議員などを務め、松代町の発展に尽力しました。
金箱家住宅は、増改築を経て、主屋・店舗・表門(薬医門)・学問所・質蔵(北之蔵・質蔵)などの建造物や、近くのつつみ池(つつみ公園)を水源とする泉水路と池からなる庭園を整備。松代における明治時代の商家の暮らしぶりを伝える貴重な資料として、平成24年(2012)に長野市の有形文化財に指定されました。
保存整備事業は、平成23年(2011)から実施設計(保存修理復元実施設計・改修工事実施設計・庭園整備実施設計等)が始まり、平成24年(2012)から1期工事(主屋棟・店舗棟・台所棟・北之蔵棟)、平成25年(2013)から2期工事(表門棟・質蔵棟・学問所棟・庭園工事)が行われ、平成27年(2015)4月、松代町南東部における地域交流拠点としてオープンが予定されています。
(写真:保存整備事業が続く寺町商家 旧金箱家住宅=8日午後撮影、640×480拡大可能)

<管理人ひとこと>
今回の工事見学会では、始めに現在工事が行われている「質蔵」(明治28年に築造)及び「離れ」「表門」を見学。続いて、工事が完了した「主屋」と重厚な造りが印象的だった「北之蔵」をめぐりました。
「質蔵」では、ヘルメットを着用して、足場を上がり、屋根瓦などを確認。「栗屋勘蔵」と刻まれた鬼瓦や、金箱家の家紋である「桔梗」が描かれた瓦を間近で見ることができました。瓦は当時からのものをできるだけ利用しているそうですが、現在のような整った瓦ではなかったことから、南側については当時のものを、北側については復元したものを葺いてあるとのことでした。漆喰の壁についても、現在、松代におひとりだけ技術のある職人さんがいるだけで、今回はその職人さんの指導により復元することができたということです。案内を務めた係員さんも、今後はそうした技術を受け継ぐ職人さんを育っていく必要もあるのでは…と話されていました。
「主屋」は思ったより質素でしたが、奥座敷の床の間(本床)には砂壁となっており、典型的な東日本における造りであったようです。釘隠しは、鶴をあしらったもので、見るからに重みのある立派なものでした。現存するものがひとつしかなく、それを基にして再現したそうですが、費用的にもかなり高く、使われているのは表側のみ。裏側は予算の関係で取り付けしなかったということです。
「北之蔵」は、質屋の蔵だけあって、それはそれは重厚な造りでした。しかし、初代勘蔵の頃には、たびたび泥棒が入ったそうで、その対策として内側の壁には鉄を帯状にしたものが縦(木壁と交差する)に取り付けられていました。因みに、最初に見学した「質蔵」を解体した際に、壁には土壁の芯材として竹が組んであり(小舞)、更にその竹の中には金属が流しこまれていたそうです。昔も今も、まして質屋という最も狙われやすい商売を生業としていたことを考えれば、泥棒対策には余念がなかった…のかもしれません。
最後に「店舗」についてですが、雨戸が上から下へ、順に板を下す仕組みになっていました。我が家にも以前は雨戸があり、普段は横にある戸袋に収納していましたが、ここでは上に戸袋があり、雨戸が収納されていました。こうした例は珍しいものではなく、松代町内でも幾つか残されているということです。
見学時間は概ね1時間程度。まだ工事中であり、「質蔵」や「表門」の覆いが取れ、庭園が整備されれば、様子も随分変わるかもしれません。平成27年春にオープンとのことですので、完成まで楽しみにしていたいと思います。

<参考HP>
・ 長野市文化財データベース
  http://bunkazai-nagano.jp/


寺町商家 旧金箱家住宅 工事見学会
(11月8日)
141103_1314_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町) 141103_1329_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町)
質蔵の瓦 表門の屋根
141103_1332_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町) 141103_1335_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町)
主屋 主屋・奥座敷
141103_1341_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町) 141103_1355_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町)
主屋の釘隠し 三階建てだった主屋
141103_1344_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町) 141103_1348_寺町商家・旧金箱家住宅工事見学会(長野市松代町)
北之蔵 北之蔵の内部
14_寺町商家・工事見学会のご案内 14_寺町商家・旧金箱家住宅(かわらばん)
工事見学会のお知らせ 寺町商家「かわらばん」
14_寺町商家・旧金箱家住宅(工事見学会案内図)
工事見学会案内図





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141108_1507_佐久間象山宅跡(長野市松代町)

長野市松代町の象山神社西側にある佐久間象山宅跡(地図)。
佐久間象山( Wikipedia )は江戸時代後期の文化8年(1811)にこの地で生まれ、天保10年(1839)にの2度目の江戸留学までここを住みかとしていました。
弘化3年(1846)、帰藩の命により江戸から松代へ戻りますが、この地にあったかつての住居が廃れていたことから、藩御使者屋(伊勢町)を借りて住みます。また、松代蟄居を命ぜられた嘉永7年(安政元年・1854)のときにもここには戻らず、藩の江戸詰家老 望月主水の下屋敷(御安町)に住みました。
象山が京都・三条木屋町で倒れた後、佐久間家の屋敷は藩により取り壊され、明治時代には他人の手に渡ります。しかし、大正2年(1913)に行われた象山先生50周年祭の際に松代象山会(明治44年設立)がこの地を買収、当時の松代町(現在の長野市)に寄付されました。
(写真:佐久間象山宅跡と象山神社境内=8日午後撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 象山神社ホームページ
  http://zouzan.net/
・ 長野市文化財データベース
  http://www.bunkazai-nagano.jp/


象山神社と佐久間象山宅跡
141108_1454_象山神社のイロハカエデ(長野市松代町) 141108_1454_象山神社・桜賦(長野市松代町)
象山神社・イロハカエデ 象山神社・桜賦の碑
141108_1500_象山神社(長野市松代町) 141108_1503_佐久間象山宅跡(長野市松代町)
象山神社・心の池 煙雨亭
141108_1508_1_佐久間象山宅跡(長野市松代町) 141108_1508_2_佐久間象山宅跡(長野市松代町)
佐久間象山宅跡

<参考資料> 県史跡 佐久間象山宅跡
ここは象山の曽祖父国品以来の佐久間家の宅跡で、象山は文化八年(一八一一)二月十一日この地で生まれた。天保十年(一八三九)の二度目の江戸留学まで二九年間ここに住み、藩の青年たちに学問を教えて後進の指導に努めた。
象山の父は佐久間国善(一学または神渓とも号した)といい、五両五人扶持(七〇石相当)の家だったが、剣は卜(ぼく)伝流の達人であり、また、易学をもって知られた名門であった。
屋敷の指定面積は、八七七・八平方メートルで、南方中程に表門、西方中程に裏門があった。住宅は屋敷東寄り中央に東西五間、南北三間半の茅葺平屋造りのもので、表門西脇に父神渓の槍・剣術場・学問所があり、裏門の北と南に長屋二棟があって、藩中軽輩士分の屋敷構であった。屋敷東北隅には硝石製造原土置場があった。
万治元年(一八六四)三月、徳川幕府の招きで上洛し、開国・公武合体論を主張し大いに画策したが、同年七月十一日京都三条木屋町で刺客の凶刃に倒れた。享年五四歳。佐久間家は断絶になり、屋敷は藩に取り上げられ、後に住宅も破壊された。当時をしのばせるものは、住宅の西北隅にあった井戸のみである。
(長野市教育委員会設置の案内板から)

<参考資料> 茶室 煙雨亭(えんうてい)
佐久間象山は、松代における九年の蟄居の後、元治元年(一八六四)三月幕府の招きに応じて京都に上り、しばらくして三条木屋町の鴨川べりの一戸構えに移った。その家は平屋で広く、茶室までも備わり、鴨川を隔てて東山・八坂の塔なども見える、眺めの良い家であった。象山は雨に煙る情緒豊かな風情を愛で、煙雨楼と名づけた。同年七月十一日、攘夷論者のため悲業の最後を迎える迄に僅か二ヶ月の住居であった。
この茶室は、その煙雨楼内の茶室で、昭和四十年頃解体の折、京都象山会の高岡謙次氏がその資材を譲り受け保管されていた。
昭和五十六年にこの資材をご寄贈いただき、象山の往時を偲び後世に伝えるため煙雨亭と名づけ、象山ゆかりの地に同年移築したものである。
(長野市教育委員会設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141109_1152_道の駅花の駅千曲川に併設する農産物直売所(飯山市)

飯山市常盤の国道117号線沿いにある道の駅花の駅千曲川に併設する農産物直売所の店先に、所狭しとばかり野沢菜が並び始めました。
現在、1束2キロで概ね200円(野沢産)。値札を見ると、産地によって若干単価は異なりますが、概ねキロ100円の目安で販売されているようです。
収穫期を迎えた野沢菜。
早め早めのご準備を。
(写真:道の駅に併設する農産物直売所の店先に並ぶ「野沢菜」=9日午後撮影、640×480拡大可能)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]美容 保育士
Template by wolke4/Photo by 0501
カレンダー
10 2014/11 12
S M T W T F S
1
4 5 6
11 12 13 14
17 18 19 21
24 25 26 27 28 29
30
ガソリン価格情報 gogo.gs

gogo.gs
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[11/23 タッキー]
[11/05 管理人ひろさく]
[11/04 タッキー]
[10/19 タッキー]
[10/13 管理人ひろさく]
カウンター
BlogRanking
現在の訪問者数
現在の訪問者数をカウント中
アクセス解析
忍者アナライズ