忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。



《駅ハイ》
信州・須坂 すざかでさがす蔵のまちと雛まつり

開催日時:
令和2年3月1日(日)~3月31日(火)
集合場所:長野電鉄須坂駅(須坂市)
受付場所:須坂市観光協会
集合時間:
午前9時30分~午前10時30分
歩行距離:約7km
所要時間:約3時間15分
参考HP:
駅からハイキング&ウォーキング
https://www.jreast.co.jp/ekihai/

《駅ハイ》
信州・須坂 すざかでさがす蔵のまちと雛まつり

長野電鉄須坂駅→須坂市観光協会→須坂クラシック美術館→蔵のまち観光交流センター→ふれあい館まゆぐら→笠鉾会館→旧小田切家住宅→旧上高井郡役所→田中本家博物館→世界の民俗人形博物館(須坂アートパーク内)→須坂版画美術館(須坂アートパーク内)→臥竜公園→須坂市観光協会→長野電鉄須坂駅


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR



《駅ハイ》映画のワンシーンに出会えるまち、
「屋根のないスタジオといわれる町」上田を歩く
開催日時:
令和2年1月7日(火)~3月31日(火)
集合場所:
北陸新幹線上田駅・上田駅観光案内所(上田市)
集合時間:
午前9時30分~午前11時
歩行距離:約8km
所要時間:約3時間30分
参考HP:
駅からハイキング&ウォーキング
https://www.jreast.co.jp/ekihai/
信州うえだ ロケ地探訪マップ
https://map.umic.jp/loca_map/director.html

《駅ハイ》映画のワンシーンに出会えるまち、
「屋根のないスタジオといわれる町」上田を歩く

JR北陸新幹線上田駅→上田駅観光案内所→常田館(姿三四郎)→上田蚕種株式会社→上田劇場(青天の霹靂)→海野町(閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー)→袋町(兄消える)→本陽寺(姿三四郎)→柳町(犬神家の一族)→矢出沢川・高橋周辺→上田城跡公園野球場(ラストゲーム最後の早慶戦)→上田城跡公園→(サマーウォーズ)→けやき並木遊歩道(およう、 LOVE SONG)→上田市観光会館→上田駅


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




令和2年2月8日(土)に開催されたJR北陸新幹線長野駅(長野県長野市)発着の駅ハイ「JR東海共同開催 善光寺七福神めぐり」(No.1219047)に参加しました。このコースは、長野駅から善光寺表参道沿いにまつられている七福神をめぐり、「福」をいただくというもので、歩行距離は長野駅と善光寺往復の約4km。今冬はほとんど降雪がなかった長野市でしたが、イベント開催の当日は、いつもの冬らしい、雪が舞う寒い一日になりました。
(写真:善光寺表参道沿いにまつられている七福神=令和2年2月8日撮影、640×480拡大可能)

開催日時:令和2年2月8日(土)
集合場所:
北陸新幹線長野駅在来線改札前(長野市)
集合時間:午前9時分~午前12時
歩行距離:約4km
所要時間:約2時間30分
参考HP:
駅からハイキング&ウォーキング
https://www.jreast.co.jp/ekihai/
ながの観光net
https://www.nagano-cvb.or.jp/

《駅ハイ》JR東海共同開催 善光寺七福神めぐり
JR北陸新幹線長野駅→長野市観光情報センター→かるかや山西光寺・寿老人→大国主神社・大黒天→秋葉神社・福禄寿→往生院・弁財天→FUJIYAGOHONJIN(藤屋御本陣)・布袋→西宮神社・恵比寿→世尊院釈迦堂・毘沙門天→善光寺→JR北陸新幹線長野駅


善光寺七福神めぐり
200208_1000_JR北陸新幹線長野駅(長野市) 200208_1001_JR北陸新幹線長野駅(長野市)
ウォーキング受付(JR北陸新幹線長野駅)
200208_1014_かるかや山西光寺・寿老人(長野市) 200208_1021_大国主神社・大黒天(長野市)
かるかや山西光寺 寿老人 大国主神社 大黒天
200208_1029_秋葉神社・福禄寿(長野市) 200208_1033_往生院・弁財天(長野市)
西後町秋葉神社 福禄寿 往生院 弁財天
200208_1042_藤屋御本陣・布袋(長野市) 200208_1045_西宮神社・恵比寿(長野市)
藤屋御本陣 布袋 西宮神社 恵比寿
200208_1050_3_世尊院釈迦堂・毘沙門天(長野市) 200208_1053_2_善光寺本堂(長野市)
世尊院釈迦堂 毘沙門天 善光寺本堂

寿老人(かるかや山西光寺)
寿老人は、長寿を象徴した神で、老子が天に昇って仙人となったとも伝えられています。手に持つ杖の頭にあるのは、長寿を保つ秘訣を示す巻物。長寿、財運、子孫長久の利益があります。

<参考HP>
・ 絵解きの寺 かるかや山西光寺
  http://www.karukayasan.com/

大黒天(大国主神社
大黒天は、三宝を守り、戦闘をつかさどったインドの神。日本では大国主神として習合し、農産と福徳の神として民間の信仰の対象となってきました。

福禄寿(西後町秋葉神社)
南極星の象徴、泰山真君(たいざんしんくん)を人格化した福と高禄(財運)、長寿の三徳をつかさどる神です。秋葉神社ゆかりの三尺坊(天狗といわれた)が福禄寿の神徳につながることにちなんでいます。

弁財天(往生院)
インドの河の女神。音楽をつかさどり、学問と伎芸、雄弁と知恵を授けます。境内の宇賀弁才天社は、権堂の芸能の神として信仰されてきました。

布袋(藤屋御本陣)
弥勒菩薩の化身ともいわれる古代中国の禅僧契此(かいし)のことで、世俗を捨て去ったお姿で人々を助けます。この布袋様は、戦艦大和最後の艦長となった有賀幸作(あるがこうさく)中将の生家に伝わったものです。

<参考HP>
・ 藤屋御本陣(THE FUJIYA GOHONJIN)
  https://www.thefujiyagohonjin.com/

恵比寿(西宮神社)
右手に釣り竿、左手に鯛を抱えた恵比寿様は、商売繁盛・家内安全・五穀豊穣・除災開運など広大な御神徳を称えられる神です。11月に行われる「恵比寿講」は「大煙火大会」と共に名物です。

<参考HP>
・ Nagano Ebisu 西宮神社
  http://www.nagano-ebisu.jp/

毘沙門天(世尊院釈迦堂)
仏の世界の北方を守る守護神。左手に捧げる宝塔は仏様への帰依を、右手にかざす
戟杖(げきじょう)は法の守り手としての清らかな行いを表しています。桧の一木造りの像は、市指定文化財です。
※御本尊釈迦堂涅槃像の左手に安置されているため、本尊特別拝観日(祝日・連休・仏教行事)のみ拝観可能です。


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[2回]


幸い大きな病気もせず、元気でいたオヤジやオフクロも、さすがに寄る年波みには勝てないようで、我が家ではこれまであまり考えたこなかった「介護」が現実になりました。加えて、我が家では+伯父(平成29年8月まで)の「介護」も看ることとなり、以降、生活が大きく変わることにもなりました。ここでは、現在進行中の我が家の「介護」の様子を備忘録代わりに綴っています。

emoji 平成27年度
emoji 平成28年度
emoji 平成29年度
emoji 平成30年度
emoji 平成31年度(令和元年)
emoji 令和2年度

令和2年2月
15日(土) 歩数13,879歩
<オヤジ>介護施設より携帯電話に連絡あり。不整脈により脈が取りづらくなっていること、また、無呼吸の間隔が広がっており、職員さんの問いかけにもなかなか応じる気配がないとのことでした。もし時間があれば、明日にでもオフクロを連れて、施設に来てみてはどうか、との話もありましたので、急遽、訪問することとしました。
会話はやんわりでしたが、そろそろオヤジも難しい状況になってきたのかな…というのが率直な感想。できるだけ、家族と面談しておいたほうが良いのでは…という、職員さんの気遣いを感じたのでありました。
11日(火) 歩数11,740歩
<管理人>長野市内は朝から雪降り。午後晴れ。
9日(日) 歩数12,907歩
<管理人>長野市内は朝から雪降り。
8日(土) 歩数22,331歩
<管理人>駅からハイキング「善光寺七福神めぐり」に参加。
2日(日) 歩数16,458歩
<オヤジ>介護施設にて本人に面会。顔色も良く、問いかけにも返答あり。
1日(土) 歩数10,770歩
<オヤジ>午後5時頃、介護施設の職員さんから、早朝、脈が取れない(顔面蒼白・大量の脱糞)状況が続いていた、との連絡がありました。話によれば、過去に受けた検査で、本人には「心室性期外収縮」という不整脈の持病が指摘されており、今回の症状もこれによるものではないか、とのことでした。
元気だったオヤジも既に90歳。年齢を考えれば、丈夫かと思っていたオヤジの心臓も弱ってきているのかもしれません。

令和2年1月 365,020歩(AV 11,744歩)
25日(土) 歩数14,264歩
<オヤジ>介護施設訪問。インフルエンザ対策のため、面会せずに、受付にて職員さんから近況をお聞きする。
6日(月)
<管理人>営業開始。午後、同僚と善光寺に初詣。


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




管理人が利用しているウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)に紹介されているウォーキングコース・新日本歩く道から「松代藩の名所旧跡をるぐる歴道と寺めぐりルート」を、夏季休暇の一日を利用して歩いてみました。
(写真:長野市松代町周辺=令和元年8月23日撮影、640×480拡大可能)

「aruku&」紹介文
歴史的道すじと真田十万石の城下町「真田家ゆかりの寺巡り」を楽しめる一挙両得のコースです。宝物館や文化財を巡り歴史や文化を知り、後半は、「真田家ゆかりの寺巡り」スタンプラリーが楽しめます。歴史的道すじは、戦国→江戸→幕末→第二次世界大戦と各時代に沿ったポイントがあり、風情ある町並みを存分に味わうことができます、それぞれの趣味思考に応じた新たな発見が期待できます。

《aruku&》新日本歩く道~
松代藩の名所旧跡をるぐる歴道と寺めぐりルート
S:松代城跡(海津城)→真田邸→真田宝物館→※旧樋口家住宅→文武学校→※旧白井家表門→象山神社(※高義亭・佐久間象山生家跡)一山寺常山邸→※竹山随護稲荷神社→恵明寺→象山地下壕→※象山山頂→象山記念館→旧横田家住宅→大英寺→旧金箱住宅(寺町商家)→蓮乗寺→願行寺→長国寺→梅翁院(※魚濫観世音)→松代藩鐘楼→矢澤家表門→G:松代城跡(海津城)
※はスポット指定のないもの


190823_1001_松代城跡(長野市松代町) 190823_1003_松代城跡案内図(長野市松代町)
松代城跡(海津城)
190823_1005_真田邸(長野市松代町) 190823_1007_旧樋口家住宅(長野市松代町)
真田邸 旧樋口家住宅
190823_1009_旧白井家表門(長野市松代町) 190823_1015_象山神社(長野市松代町)
旧白井家住宅表門 象山神社

<参考資料> 松代城(海津城)跡
松代城は、江戸時代には松代藩主・真田家の居城でした。そのはじまりは、戦国時代に築城された海津城です。
海津城の築城年代は不明ですが、海津城の名が文献で確認できるのは永禄三年(一五六〇)ですので、この頃にはすでに築城されていたことがわかります。
戦国時代から江戸時代初期までこの地を支配した武田信玄や上杉景勝などにとって、この城は北信濃を支配する上での軍事・政治的に重要な拠点となっていました。
元和八年(一六二二)に真田信之が上田城から松代城に移り、松代藩政の拠点としました。
その後、江戸時代の半ばには、水害などにより、本丸御殿の機能は城に南西に位置する花の丸御殿に移りました。
(案内板から)

<参考資料>
長野市指定有形文化財 旧白井家表門
この門は、表柴町に建っていたものだが、平成十二年に現在地に移築復元した。建築年代は、松代藩文書などから弘化三年(一八四六)であることがわかっている。
白井家は、松代藩の中級武士であり、真田家家中明細書によると、白井初平が高百石、元方御金奉行、御宮奉行などを務めた。子の平左衛門も文武学校権教授に出仕し、また、佐久間象山との親交も密にしていた。
表門は、三間一戸門形式の長屋門で、門部は、太い槻の角材でつくってある。間口が二十メートル余の長大な門で、背面に三つの居室部を付設し、白井家の陪臣節などが居住したと見られ、門に住宅が続いているのも珍しい例といえる。桟瓦葺の大型長屋門は、松代藩では、天保期から多くなっているが、それ以前には茅葺の門が一般的であった。
旧白井家表門は、長大な間口に対して、茅尾根を低くおさえ、正面は間口の左右に出窓と与力窓のみの単純構造で意匠性に優れている。松代藩中級武士の代表的な表門として、旧松代城下の面影を今に伝える貴重なものである。
(長野市教育委員会設置の案内板から・平成28年)

<参考資料> 
長野市指定有形文化財 高義亭
もと松代藩家老望月主水貫恕の下屋敷にあった建物である。安政元年(一八五四)佐久間象山( Wikipedia )は吉田松陰( Wikipedia )渡航事件に連座し、国元蟄居を命ぜられ望月氏の下屋敷聚遠楼に住んでいたが、来客があるとしばしばこの高義亭の二階七畳半の間で応対し、国家の時勢を論じたという由緒深い建物である。
木造二階建ての寄せ棟造りで、屋根は桟瓦葺(さんかわらぶ)きとする。下屋敷も瓦葺きであるが、一部鉄板を用い、東に切妻屋根を出す。
一階は、玄関(二坪)・取り次ぎの間(六畳)・次の間(九畳)・客間(一〇畳)・茶の間(六畳)・勝手(四畳半)と、西に納戸を造り出す。玄関は土間と式台からなり、次の間は南に明障子、外に縁を付す。客間と次の間は襖で仕切り、外側に明障子を立てて縁を回す。取り次ぎの間から北に通る廊下で客間・茶の間・勝手に通じ、茶の間わきに階段を付して二階の昇り口とする。
二階は、階段を昇ったところに踊り場、南に控えの間、東に六畳間、北に置床つき七畳半の間がある。ここが象山が来客と対応した間である。
明治以降住民が替わり、原型も一部変更した所もあったが、現在地に移築の際、当時の構造に復元したものである。
(長野市教育委員会設置の案内板から・平成7年)

<参考資料> 御祭神 佐久間象山について
幕末の大先駆者である。
松代藩士佐久間一学の長男として文化八年(一八一一)に生まれる。六才の時から父や鎌原桐山・活文禅師などから学問・武術を習い、二十才で詩文・経書・武術等免許される程の秀才であった。
二十三才江戸佐藤一斎の塾に入門、渡辺崋山・藤田東湖等と親交。三年で帰藩し、藩の子弟に経書や漢学を教える。この頃名を修理、号を象山と改める。
二十九才江戸お玉ヶ池に象山書院を開き、多くの門弟を集める。藩主幸貫老中で海防掛の時、海防八策を幕府に上申する。
三十六才帰藩し、湯田中・沓野・佐野(志賀高原)の利用係として開発に努力、又大砲・電信機等の製作・実演をする。
四十一才江戸木挽町に塾を開き、勝海舟・坂本龍馬・吉田松陰・橋本左内など維新の英才を輩出、ペリー来航国論沸騰の再、軍議役として横浜警備に当る。開国論を唱え横浜開港を主張する。松陰密航事件に連座して投獄される。
四十四才から九年間松代に蟄居される。この間、高杉晋作・久坂玄瑞( Wikipedia )・山形半蔵( Wikipedia )・中岡慎太郎・石黒忠悳(ただのり)らが面会に訪れ、時世について激論、象山の学識に感動して去る。
五十四才元治元年(一八六四)幕府の命で京都へ上る。将軍家茂・一橋慶喜・山階宮・中川宮に公武合体開国を説いて活躍中、七月十一日、三条木屋町で尊攘派の凶刃にたおれ、尊皇開国の捨石となって非業の最後を遂げる。
その後四年にして明治維新の世を迎え、象山の尊皇開国という憂国の至情がそのまま具現されたのであった。
大正二年象山殉難五十年祭を契機に、元大審院長横田秀雄博士( Wikipedia )の主唱で、神社建立の計画が進められ、地元をはじめ県下全市町村及び信濃教育会・全学校・全国関係者の協力によって、昭和十三年十一月三日県社として創建された。
(象山神社にある財団法人佐久間象山先生顕彰会設置の案内板から)

<参考資料> 県史跡 佐久間象山宅跡
ここは象山の曽祖父国品以来の佐久間家の宅跡で、象山は文化八年(一八一一)二月十一日この地で生まれた。天保十年(一八三九)の二度目の江戸留学まで二九年間ここに住み、藩の青年たちに学問を教えて後進の指導に努めた。
象山の父は佐久間国善(一学または神渓とも号した)といい、五両五人扶持(七〇石相当)の家だったが、剣は卜(ぼく)伝流の達人であり、また、易学をもって知られた名門であった。
屋敷の指定面積は、八七七・八平方メートルで、南方中程に表門、西方中程に裏門があった。住宅は屋敷東寄り中央に東西五間、南北三間半の茅葺平屋造りのもので、表門西脇に父神渓の槍・剣術場・学問所があり、裏門の北と南に長屋二棟があって、藩中軽輩士分の屋敷構であった。屋敷東北隅には硝石製造原土置場があった。
万治元年(一八六四)三月、徳川幕府の招きで上洛し、開国・公武合体論を主張し大いに画策したが、同年七月十一日京都三条木屋町で刺客の凶刃に倒れた。享年五四歳。佐久間家は断絶になり、屋敷は藩に取り上げられ、後に住宅も破壊された。当時をしのばせるものは、住宅の西北隅にあった井戸のみである。
(長野市教育委員会設置の案内板から)

<参考資料> 茶室 煙雨亭(えんうてい)
佐久間象山は、松代における九年の蟄居の後、元治元年(一八六四)三月幕府の招きに応じて京都に上り、しばらくして三条木屋町の鴨川べりの一戸構えに移った。その家は平屋で広く、茶室までも備わり、鴨川を隔てて東山・八坂の塔なども見える、眺めの良い家であった。象山は雨に煙る情緒豊かな風情を愛で、煙雨楼と名づけた。同年七月十一日、攘夷論者のため悲業の最後を迎える迄に僅か二ヶ月の住居であった。
この茶室は、その煙雨楼内の茶室で、昭和四十年頃解体の折、京都象山会の高岡謙次氏がその資材を譲り受け保管されていた。
昭和五十六年にこの資材をご寄贈いただき、象山の往時を偲び後世に伝えるため煙雨亭と名づけ、象山ゆかりの地に同年移築したものである。
(長野市教育委員会設置の案内板から)


190823_1023_山寺常山邸(長野市松代町) 190823_1025_山寺常山邸(長野市松代町)
山寺常山邸
190823_1031_竹山随護稲荷神社(長野市松代町) 190823_1039_恵明禅寺(長野市松代町)
竹山随護稲荷神社 恵明禅寺

<参考資料> 山寺常山(やまでらじょうざん)邸
山寺家は松代藩で知行160石の中級武士の家格でした。江戸時代の終わりには山寺常山( Wikipedia )を輩出し、鎌原桐山(かんばらとうざん)、佐久間象山とともに松代の三山と称えられました。常山は号で幼名を久道、のちに信龍(しんりゅう)と名のり、通称源太夫(げんだいゆ)といいました。
常山は若かりし頃、江戸に出て儒学者佐藤一斎や中村敬宇(なかむらけいう)らと親交を深めました。八代藩(※松代藩の間違いか?)主真田幸貫の信望も厚く、藩政にも尽力し、寺社奉行、郡奉行を務めたほか、藩士に兵学を教授し、また藩主の側にあってはその政務を補佐しました。
明治になってからは中央政府の招きを固辞し、藩に留まり、晩年は長野に塾を開いて門人の教育につとめました。
現在、山寺常山邸には、江戸時代終わりから明治初期にかけて建てられたと推定される表門と、この表門の南側に大正時代終わりから昭和初期にかけて建てられたと推定される書院(対竹廬:たいちくろ)が残されています。ただし、屋敷内の主屋等は大正時代には失われており、その規模などを知ることはできません。
表門はいわゆる長屋門形式で、その全幅は約22メートルあり、松代城下に残る門のなかでは最大です。また、書院も近代和風建築の秀作であり、背後の山(象山)との調和もよく、時代差を感じさせない優れた意匠性を見ることができます。なお、現在の園池は大正時代に造られたものを再整備したものです。
屋敷内北寄りに建つ山寺常山の頌徳碑は、孫の塩野季彦( Wikipedia )らが、長野城山に建つ碑文の摩耗を憂いて、昭和15年にここに建立したものです。
(長野市設置の案内板から)

<参考資料> 武家屋敷庭園の特徴
松代町の武家屋敷庭園の特徴は、大名庭園とは異なり、武士の日常の暮らしと密着した生活の庭であるということです。鑑賞専用の庭ではないため、巨石、銘木なども少なく岩組みも質素なもので、伝統的な日本庭園の様式を感じさせるものはほとんどありません。泉水(池)には、観賞用だけでなく食用として鯉が飼われ、別に洗い場も作られ洗濯などにも利用されていました。また、庭園の植木は造園樹木だけでなく、カキ、ウメ、アンズなどの食用の果樹も植えられました。多くの庭園には縁起物としてカシワが植えられ、その葉は柏餅など食べ物を包むためにも利用されました。
松代町の武家屋敷庭園のもう一つの特徴として、周辺の山並みを景色として取り込んだ借景式庭園であることがあげられます。この山寺常山邸の庭園も象山を借景としています。
(案内板から)

<参考資料> 泉水路(せんすいろ
松代町の各武家屋敷の泉水(池)は、「泉水路」と呼ばれる水路でつながっています。さらに城下町には、「泉水路」の他にも、住民の誰もが利用できる水路網が張り巡らされていました。この水系システムが貴重な文化遺産として注目されています。
水路はその機能ごとに3つに分類されます。まず、武家屋敷の池から池へ流れる「泉水路」と呼ばれる水路で、泉水(池)の水量を確保しただけでなく、農業用水、防火用水、夏の散水、冬の雪落し、下流での洪水を防ぐ遊水池、養鯉など、極めて多様な機能を果たしていました。次に「カワ」と呼ばれる道路の脇を流れる水路で、周辺の農業用水や選択などの家庭用中水道としての役割も果たしていました。元来は道路の中央を流れていました。さらに、屋敷裏の背割りを流れる「セギ」と呼ばれる水路で、武家屋敷の畑の灌漑用として利用されていました。
この水系システムは、江戸時代から現在まで受け継がれており、松代町の武家屋敷の特徴です。全国的にいても、このような水系システムを有しているのは、この松代町だけといわれています。
(山寺常山邸に設置された案内から)

<参考資料> 
寺号 黄檗宗 象山 恵明禅寺
本尊 釈迦如来
大本山 黄檗山 萬福寺(京都市宇治市)
黄檗開祖 隠元禅師(中国僧一五九二~一六七三)
恵明禅寺は第三代松代藩主真田伊豆守幸道公の開基で、延宝五年六月(一六七奈)の造営であり開祖は黄檗二祖木庵禅師(中国僧一六一一~一六八四)である。文政八年五月(一八二五)本堂から出火、おりからの烈風にあおられ本堂、開山堂、霊屋、庫裡、鐘楼そして木庵禅師伝来の佛像、什物等ことごとく灰燼に帰してしまい、僅かに地蔵堂、不二庵、山門を残したのみであるが、また暫くして不二庵から出火、地蔵堂とともに焼失してしまい、当時から残るは山門のみである。
このようにして再度の災禍によるも、天保四年十月(一八三三)第八代松代藩主真田伊豆守幸貫公により本堂、霊屋、鐘楼、庫裡が再建される。堂内には釈迦三尊をはじめとして、中国佛師による木庵禅師像、幸貫公自作の布袋和尚像、それに享保八年三月(一七二三)第四代松代藩主真田伊豆守信弘公により真田屋敷より遷座された稲荷大明神等が祭り祀られている。また、境内には第三代松代藩主真田伊豆守幸道公の奥方「豊姫」、松代雅楽の祖宮島春松先生、松代文化財愛護功労者長岡助治郎先生、天文学者西澤茂台先生等の墓がある。

寺号の由来 開祖木庵禅師が中国で最後に住持されていた寺が泉州の象山慧明寺であり、これに因み象山恵明禅寺と号す。
(境内に設置された案内板から)

<参考資料> 
第三代松代藩主 真田幸道公の奥方
豊姫の霊屋
豊姫は伊予宇和島藩主伊達宗利公(仙台藩祖伊達政宗公の孫)の息女で、万治二年十二月十日(一六五九年)江戸邸で生まれる。
延宝元年七月二十六日(一六七三年)十五歳にして、幸道公(十七歳)に嫁ぐ。豊姫が実家から「鉢植の杏」を取りよせ愛賞されていたことがあって、これが杏の樹が松代に来た始めであると言われている。
以来、アンズが薬用樹として松代藩の殖産興業の一つとして藩内に広く採植されるに至った。享保十八年七月五日(一七三三年)七十五歳にて卒。
法名 法雲院 殿慈栄元光尼禅師
(案内板から)

<参考資料> 宮島春松
松代雅楽の育成者 松代町竹山町
嘉永元年(一八四八)~明治三十七年(一九〇四)
享年五十七歳 菩提寺・恵明寺

松代藩士宮島嘉織(※)の長男として生まれ、漢学を松木厳八に、雅楽を金井御楯に、英仏語を武田斐三郎に学ぶ。陸軍省翻訳官となり、多くのフランス式兵書を訳した他、「欧州小説 哲烈 禍福譚」等も翻訳。雅楽の造詣が深く、東京本郷で雅楽協会を組織する一方、郷里松代での後継者育成にも心血を注ぎ、自らも「松代雅楽」と称される五十余曲を作曲、日本三代雅楽の一つに育てあげた。
(案内板から)

<参考資料> 長岡助治郎
文武学校の保存・松代雅楽の普及者
明治四年(一八七一)~昭和十四年(一九三九)
享年六十九歳 菩提寺・恵明寺
松代藩士長岡茂一の次男として生まれ、松代小学校音楽教師となる。飯島忠夫らとともに、宮島春松から松代雅楽を学び、春松の衣鉢を継ぎ、雅楽協会松代支部を組織し雅楽普及につとめた。
文武学校の保存・大門踊の復興・松代城模型制作等にも力を尽くし、松代の伝統文化を後世に残す。大正八年、松代町史編纂につとめた。
(案内板から)


190823_1042_松代象山地下壕(長野市松代町) 190823_1043_松代象山地下壕(長野市松代町)
松代象山地下壕入口 地下壕内部
190823_1047_松代象山地下壕(長野市松代町) 190823_1050_松代象山地下壕(長野市松代町)
削岩機ロッド 未完の地下壕
190823_1054_松代象山地下壕(長野市松代町) 190823_1057_松代象山地下壕(長野市松代町)
トロッコ枕木の跡 見学最深部 測点跡

<参考資料> 松代象山地下壕
松代大本営地下壕( Wikipedia )は、舞鶴山(現気象庁松代地震観測所)を中心として、皆神山、象山に基盤の目のように掘り抜かれ、その延長は約十キロメートル余りに及んでいます。
ここは地質学的にも堅い岩盤地帯であるばかりでなく、海岸線からも遠く、川中島合戦の古戦場として知られている要害の地です。
第二次世界大戦の末期、軍部が本土決戦の最後の拠点として、極秘のうちに、大本営、政府各省等をこの地に移すという計画のもとに、昭和十九年十一月十一日から翌二十年八月十五日の終戦の日まで、およそ九箇月の間に建設されたもので、突貫工事をもって、全工程の約八割が完成しました。
この建設には、当時の金額で一億円とも二億円ともいわれる巨費が投じられ、また、労働者として多くの朝鮮や日本の人々が強制的に動員されたと言われています。
なお、このことについては、当時の関係資料が残されていないこともあり、必ずしも全てが強制的ではなかったなど、さまざまな見解があります。
松代象山地下壕は、平和な世界を後世に語り継ぐ上での貴重な戦争遺跡として、多くの方々にこの存在を知っていただくため、平成元年から一部を公開しています。
松代象山地下壕の現況
総延長 五、八五三.六メートル
(うち一三八・七メートルは信州大学宇宙線地下観測室となっている。)
概算堀削工量 五九、六三五立方メートル
床面積 ニ三、四〇四平方メートル
(長野市設置の案内板から)

削岩機ロッド
削岩機はコンプレッサーから送られる圧縮空気を操作する搾手部と、回転する鉄棒のロッド部と、その先端についた岩を砕くビットから成っている。
当時はこの削岩機により岩に穴を開け、そこにダイナマイトを仕掛け破砕した。この時抜けなくなったロッドが壕内に数本ある。
なお、削岩機のロットによる穴跡は壁面に無数に残っている。

トロッコ枕木の跡
壕内で彫った石屑(ズリ)はトロッコに乗せて壕外に搬出された。トロッコは土木工事用の運搬手押し4輪台車で、枕木によって固定されたレール(軌条)上を走行していた。
その枕木の周囲に砂が落ち凹ができた。その凹の跡が当時の作業を如実に物語っている。

測点跡
壕を精巧な網の目状に堀削するにあたり、壕の東西・水平を測量した跡といわれている。
天井に四角い杭がささっており、その先には釘の先端が残されているが、これは測量時におもりをぶら下げたものと考えられている。


190823_1112_象山登山道(長野市松代町) 190823_1122_象山登山道(長野市松代町)
象山登山口 途中の東屋
190823_1130_象山山頂(長野市松代町) 190823_1131_象山山頂(長野市松代町)
象山山頂 山頂からの眺め

今回は、ウォーキングルート(スポット)には指定されていない象山山頂も訪ねてみました。前日の雨降りの影響もあり、登山道には多少の泥濘があったものの、どうにか山頂にたどりつくことができました。


190823_1157_旧横田家住宅(長野市松代町) 190823_1207_寺町商家(長野市松代町)
旧横田家住宅 旧金箱住宅(寺町商家)
190823_1213_蓮乗寺(長野市松代町) 190823_1222_長国寺(長野市松代町)
蓮乗寺 長国寺
190823_1235_梅翁院(長野市松代町) 190823_1243_旧松代藩鐘楼(長野市松代町)
梅翁院(魚濫観世音) 旧松代藩鐘楼

<参考資料> 大英寺の歴史
皓月山大英寺は、松代藩初代の藩主真田信之が、その奥方であった小松姫(大蓮院殿)の菩提を弔うために建立した寺である。
小松姫は徳川家の重臣本田忠勝の娘であり、しかも徳川家康の養女となって嫁いだので、信之を助け大変立派な奥方だったといわれたが、元和六年に小松姫が亡くなると信之は大変に落胆して嘆きもひとしおであった。
小松姫の戒名は、大蓮院殿英誉皓月大禅定尼で、大英寺の名前もこれによる。
小松姫が亡くなったのは、信之がまだ上田城主の頃だったので、上田の常福寺(今の芳泉寺)に葬られて、お墓やお霊屋が建てられたが、元和八年、信之は松城(松代)へ転封になったので、松城に大蓮院殿の寺を移し、これが今の大英寺である。
上田に造ったお霊屋と鐘楼を運んで建てなおした。(このお霊屋が現在の本堂で県宝に指定されている。)その頃の大英寺にはお霊屋や鐘楼のほかに、諸堂が建立され大変立派だったと伝えられている。
完成した大英寺は、常福寺の含霊大和尚によって開山された。
慶安二年には幕府より百石の御朱印を頂戴し、宝永七年に本堂と庫裏、衆寮などを建立した。享保十九年火災を起こして焼失し、寛保元年に再建に着手し同二年完成した。また天明五年お霊屋の大修理等、全て松代藩真田家によって行われた。
明治維新のあとは、真田家の援助も領地もすべて無くなってしまったので、大きな寺の維持は困難になり、いくつかの堂を取り壊し、真田家にお願いして、お霊屋を本堂にし、残りの材で庫裏も造った。
大英寺は、江戸時代初期からの歴史が境内の所々にみられる、浄土宗の由緒ある寺である。
(皓月山大英寺設置の案内板から)

<参考資料> 長野県宝 大英寺本堂及び表門
この本堂及び表門は寛永元年(一六二四)真田信之が、夫人大蓮院殿英譽皓月大禪定院尼(徳川家康の養女、実は本田忠勝の娘、小松姫)の霊屋として建立したもので、萬年堂とも称した。明治初年大英寺の諸堂が取り壊された際に、この霊屋を同時の本堂に代要したものである。外観は円柱に舟肘木(ふなひじき)、一軒で簡素であるが、内部は、内・外陣境に円柱を立てて、中敷居格子の間仕切りを設け(今、格子戸はない)柱上に出組の組物を置き、内陣奥に来迎柱を立て、禪宗様仏壇をおく。但し来迎壁を取り除いて佛像を安置しているのは、寺の本堂にしたときの改造である。
内部の彩色は天明五年(一七八五)修理の再彩色である。柱や組物には、極彩色が施され豪華な建物である。
太い柱で、木割も太く垂木には反りをもち縁束(えんづか)を柱筋に揃えているなど古風な造りで、真田家霊屋中最も古い建物である。
表門も霊屋の正門として同時に建立されたもので、霊屋にふさわしい豪壮な桟瓦葺(さんかわらふ)き四脚門である。
(長野市教育委員会・大英寺設置の案内板から・平成15年)

<参考資料> 松代製糸改良組跡地
明治後期に結成された松代の産業組合製糸。明治42年(1909)の松代町内製糸工場一覧(農商務省工務局工務課編纂)に、松代製糸改良組再繰工場、代表者大里孝、職工数男4人、女15人の記載がある。揚げ返し仕上げの再繰工場だった。
(案内板から)

<参考資料> 松代 魚濫観世音
真田十万石松代藩初代信之公側室
多摩川井豫守女 右京
梅翁院殿正岳妙貞大姉淑霊
寛文十一年辛庚年(一六七二)十一月五日歿

当院開基は極めて聡明なひとにて、信之公に忠義甚だ厚く寵愛を一身にあつめ、公が晩年隠居万治元年入門して一當齋と号されたが、その極老にまで日夜身辺に付き添われた。一當齋は同年十月十七日柴村にて九十三歳薨去(「御遺物雑記」によれば多摩川井豫守女右京は金子千両の配分を受けられた)。
その後は剃髪して妙貞と云い清花院殿と稱された。京都の尼寺に住して日頃信仰の魚濫観世音をまつりて信心を込め専ら信之公の冥福を念じたといわれる。歿後真田家が右京尼とその両親の菩提を弔うため当寺を創立開基として改めて戒名を梅翁院殿正岳妙貞大姉と尊稱した。当院にその墓所がある。開山は長国寺六世稟室大承和尚である。
當山二十世、あるとき感応を蒙り魚濫観世音を勧請し、一心に信仰していたが、はからずも開基右京尼が生前守り本尊として祭祀していたことが口碑に伝わっていることを知り驚き、深く感銘を受ける。
魚濫観世音は水縁深くものを生み、また育てる力を具備し、妙智力を持って善男善女に利益を授けられる菩薩である。憶念の信力により加護を蒙るは必定なり。この祈願殿安座の尊像は江戸中期の作と云われる。
(案内板から)

<参考資料>
本尊  釈迦牟尼仏
観音堂 魚濫観音
松代藩初代藩主真田信之の側室玉川伊豫守女右京(梅翁院)とその両親の菩提を弔うため真田家が創立。開山は長国寺六世稟室大承。
右京は、魚濫観音を篤く信仰。水と縁が深い観音様で、善男善女に多くの利益を授けるとされ、観音縁日や二年参り祈祷祈願法要などには多くの人が参集する。
現本堂は文久元年(一八六一)の再建。天蓋は真田家霊屋から移したもの。曹洞宗参禅道場も併設されている。墓地入口に右京の墓、かわいらしい一つの光背の六地蔵、童謡「見てござる」の歌碑がある。
(案内板から)

<参考資料>
長野市指定有形文化財 旧松代藩鐘楼
旧松代藩鐘楼は真田信之が松代に入封直後に建てられたとされ、当初は火の見櫓の役割を兼ねていた。
昼夜の区別なく一刻(二時間)ごとに時刻を知らせたほか、城下で出火があった際にも鐘を撞いて非常を知らせていた。
その後三度の火災に見舞われ、現在の鐘楼は享和元年(一八〇一)の再建にあたり、鐘楼と火の見櫓を別棟にして造営された。
また鐘は太平洋戦争で供出され、現在のものは平成三年に旧鐘の寸法や重さを摸して取り付けられたものである。
この鐘楼で、江戸の末期に、佐久間象山が電信実験をしたという言い伝えが残されている。
構造は石積みの基壇の上に立つ井楼式高櫓形鐘楼で、高さは約十二メートル、屋根は切妻の瓦葺きである。
屋根まで伸びる四隅の柱を保護するため、支え柱を立て、下見板張りとしている。
内部は三層になっており、土間を除いて床は板張りとし、各階をはしごでつないでいる。
平成二十二年度から、保存修理工事を実施、あわせて周辺を広場として平成二十六年三月まで整備した。
(長野市教育委員会設置の案内板から)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




飯綱高原観光協会主催の山の日記念イベント「飯縄山の歴史と自然観察登山」に参加しました。当日は県内外から老若男女約20名が参加。集合場所のバードライン一の鳥居駐車場を午前8時に出発し、同行するガイドさんの案内を聞きながら、のんびり飯縄山山頂(北峰)を目指しました。
(写真:飯縄山の歴史と自然観察登山=令和元年8月11日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 飯綱高原観光協会
  http://www.iizuna-navi.com/

飯縄山南登山道ルート (往復17,433歩)
バードライン一の鳥居駐車場(8:00)→飯縄山南登山口(8:35)→1番石仏・不動明王→駒つなぎの場→ここから急登→最初の湧水→鎖場→2つ目の湧水・富士見の水場→天狗の硯石→中社からの西登山道との分岐(11:15)→南峰山頂→北峰山頂(11:39)→飯縄山南登山口(13:54)


信州百名山 飯縄山
南登山道ルート
190811_1354_飯縄山南登山口(長野市) 190811_1344_飯縄山・十三佛縁起(長野市)
南登山口 1番石仏 不動明王
190811_1319_飯縄山・駒つなぎの場(長野市) 190811_1301_飯縄山・富士見の水場(長野市)
駒つなぎの場 富士見の水場
190811_1115_飯縄山・南登山道と西登山道分岐(長野市) 190811_1139_飯縄山山頂(長野市)
西登山道との分岐 飯縄山山頂
190811_1147_1_飯縄山山頂(長野市) 190811_1147_2_飯縄山山頂(長野市)
飯縄山山頂(北峰)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




平成31年4月、長野運動公園発着で、長野市村山から長沼を経て赤沼までの、北国脇街道(現県道村山豊野停車場線)を歩く機会がありました。
のどかな田園地帯を歩き、宿場町の佇まいを堪能した街道歩きでしたが、その6ヵ月後、台風19号による千曲川堤防の決壊という大惨事に見舞われ、残念ながら僅かに残っていた宿場町の面影の多くが失われました。
(写真:北国脇街道村山から長沼宿を経て赤沼交差点まで=平成31年4月29日撮影、640×480拡大可能)

北国街道( Wikipedia )は、江戸幕府により整備された街道で、善光寺への参拝のほか参勤交代の道として、また佐渡の金を江戸に運ぶ重要な役割を果たしました。
北国脇往還は、本能寺の変の後、北信濃を掌握した上杉景勝が長沼城・海津城を結ぶルートとして設けたもので、後に江戸幕府により街道整備が行われ、中山道追分宿(長野県北佐久郡軽井沢町)から善光寺を経て、直江津(新潟県上越市)に至るルートが主流となった時代においても、千曲川や犀川の増水時には、布野の渡し(長野市・須坂市境)から長沼宿、神代宿(長野市豊野町)を経て、平出宿(上水内郡飯綱町)で再び北国街道に接続するこの街道を利用することが多かったと伝えられています。

<参考HP>
・ 国土交通省関東地方整備局
  emoji 長野国道事務所

北国脇往還ウォーキングルート (27,909歩)
長野運動公園→柳原研修センター→秋葉社→長沼神社→林光院→西厳寺→善導寺→吉祥庵→《長沼城跡》大手門跡・守田神社(洪水により社殿流出)→北三日月堀跡・櫓台跡・本丸跡・二ノ丸跡・内堀跡・南三日月堀跡・天王宮・おんま通り・三ノ丸跡・西三日月堀跡・土塁跡(長野市長沼支所北側)・妙笑寺→村山豊野停車場線分岐(左:街道・右:赤沼公園)→妙願寺→大田神社→赤沼交差点→(北陸新幹線側道沿いに)→長野運動公園


北国脇往還
村山~長沼
190429_0959_長野運動公園(長野市) 190429_1035_柳原附近(長野市)
長野運動公園 柳原付近から望む 飯縄山
190429_1054_柳原研修センター(長野市) 190429_1103_りんごの花(長野市)
柳原研修センター りんごの花
190429_1106_秋葉社(長野市) 190429_1108_長沼神社(長野市)
長沼宿入口にある 秋葉社 長沼神社
190429_1122_林光院(長野市) 190429_1121_林光院前にある道標(長野市)
林光院 林光院前の 道標
190429_1124_西巌寺案内板(長野市) 190429_1126_西巌寺 「西島禾堂の碑」(長野市)
西厳寺 西厳寺にある 西島禾堂の碑
190429_1133_善導寺(長野市) 190429_1146_長沼城侍屋敷跡「吉祥庵」 長沼十哲の俳句案内板(長野市)
善導寺 吉祥庵

<参考資料> 秋葉社
北国脇街道の道しるべとして、又休憩場所として利用された。右から養蚕神(明治二九年・天神(文政二年)・三峯神社(明治七年)・秋葉社の石祠がある。弘化三年(一八四六)の大火災で地区二六軒を焼失した。この事から御灯明番が組織され、現在も防火・防災を祈願し、交代で石灯籠に明かりが灯し続けられている。
(案内板から)

<参考資料> 長沼神社
創立年代は長沼の里が開かれた平安時代といわれている。御神体は奇岩。永禄十一年(一五六八)武田信玄が神殿を再建。木像、笛、獅子頭、薙鎌を奉納。境内社には長沼天満宮、川除社、飯綱社、神明社、熊野社、稲荷社がある。祭神は建御名方命。
(案内板から)

<参考資料> 長沼宿
長沼宿は北国脇街道・別名雨降り街道に設けられた宿駅で主に上町が担った。天正十一年(一五八三)上杉景勝は川中島を領有すると、春日山城から海津城へ通じる宿駅と伝馬を定め、牟礼から香白阪を経て長沼を通るよう命令している。戦国時代は長沼城、海津城と続くこの道筋が本道で長沼城下に長沼宿が成立した。

<参考資料> 林光院
医王山林光院、曹洞宗。慶長十一年(一六〇六)妙笑寺八世の時の分寺。本尊は薬師如来。山門の上に十王像が安置されている。道標・筆塚・石仏などの石造物がある。
(案内板から)

<参考資料> 西厳寺
成田山西厳寺。浄土真宗、大谷派、京都本願寺末寺。建長八年(一二五六)茨城県に創立、暦応元年(一三三八)長沼に遷った。宝徳元年(一四四九)蓮如上人が滞在しており、蓮如堂がある。寺内には三ケ寺の坊がある。
(案内板から)

<参考資料> 西島禾堂(俳号士英)の碑
西島禾堂は天明四年(一七八四)長沼大町に生まれる。通称次郎次農および酒造を業とし、また江戸の書家市河米庵(三亥※さんがい)に師事して所を能くし、近郷の人々に書を教え、門弟数百人におよんだ。さらに俳諧は小林一茶に学んで士英と号し、長沼門弟十哲の一人である。
この碑は禾堂が天保十三年(一八四二)十一月二十五日 齢五十九歳で没した翌年の十四年冬、嗣子尚文や弟子村松処信(春甫)らの願いにより菩提寺である西厳寺境内に建立されたものである。
米庵五十四歳の筆である。米庵は安永八年(一七七九)亥の年亥の日亥の刻に生まれ、よって三亥を号した。
幕末の三筆と称せられた近世随一の書家である。もっとも楷書をよくし門弟五千人を数えた。
(西厳寺境内に設置されている案内板から)

<参考資料> 善導寺
悟真院終南山善導寺。浄土宗、知恩寺末。創立は弘長元年(一二六一)と言われる。宝永年間に建てられた鐘楼がある。鎌倉光明寺の記主禅師良忠の開基で、善導大師を本尊としている。聖観音、不動明王を奉る観音堂がある。
(掲示板から)


北国脇往還
長沼城跡
190429_1150_2_長沼城跡復元図(長野市) 190429_1209_「桜づつみ」案内板(長野市)
長沼城跡復元図 「桜づつみ」の歌詞
190429_1226_長沼城 大手門跡(長野市) 190429_1149_守田神社(長野市)
大手門跡 守田神社
190429_1152_長沼城 北三日月堀跡(長野市) 190429_1154_長沼城 櫓台跡(長野市)
北三日月堀跡 櫓台跡
190429_1156_長沼城 本丸跡(長野市) 190429_1158_長沼城 二ノ丸跡(長野市)
本丸跡 二ノ丸跡
190429_1159_長沼城 内堀跡(長野市) 190429_1216_長沼城 南三日月堀跡(長野市)
内堀跡 南三日月堀跡
190429_1217_長沼城 天王宮(長野市) 190429_1220_長沼城 おんま通り(長野市)
天王宮 おんま通り
190429_1222_長沼城 三ノ丸跡(長野市) 190429_1223_長沼城 西三日月堀跡(長野市)
三ノ丸跡 西三日月堀跡
190429_1228_長沼城 土塁跡(長野市) 190429_1231_長沼城 妙笑寺(長野市)
土塁跡 妙笑寺

<参考資料>
川中島合戦の舞台ともなった長沼城
〔長沼城の略歴〕
長沼城( Wikipedia )は、鎌倉時代の地頭の館がその元となったと云う説があるが定かではない。
弘治三年(一五五七年)、甲斐(山梨県)の武田信玄が信濃侵攻のおり、長沼の島津氏( Wikipedia )が撤退した後、築造した平城である。この城は、川中島の戦いの頃から、武田氏や上杉氏によって、幾度も改造が行われ、十六世紀後半には、激しい戦いの舞台となっている。
武田氏滅亡後は、織田信長の支配下となり、上杉景勝・豊臣(直轄)・松平忠輝等の領地へと移り変わった。
長沼藩( Wikipedia )として独立したのは元和二年(一六一六年)、初代藩主佐久間勝之( Wikipedia )からである。元禄元年(一六八八年)四代目勝茲(勝親)の地代、故あって改易廃藩となり、廃城となった。
このように数奇な運命をたどった長沼城であったが、その後、千曲川の氾濫で城郭東側の一部が流出している。
〔城跡の概要〕
この図は江戸中期、廃城となる前(一六八〇年頃)の長沼城を、数枚の古城図や検地帳、地積図を元に現地調査を行い、想定し作成した図である。
城域は、南北約六五〇m、東西には約五〇〇mにおよび、約三十四ヘクタールの面積となる。北端は妙笑寺(堤防沿いの森)の南、南端は貞心寺(南西の赤い屋根)の南まで。西端は、家並みを通る県道より一三〇mほど西、東端は、堤防より約一五〇m東である。
本丸は、現在地から堤防沿いを北へ一五〇mほどの位置となる。
天守はなかったと云われている。
現在、遺構として天王宮の土丘、北の三日月堀・日の三日月堀の一部が見られるのみである。
また、長沼城の門扉二枚が津野区妙笑寺に保存されている。
(長沼歴史研究会による案内板から)

長沼城 大手門跡
城の正門(※長野市役所長沼支所前)
古地図には、「大手」の記述と城門のマークがある。当時の門扉2枚が妙笑寺に保存されている。

守田神社
延喜式内社。延喜年中(九〇一~九二二)以前に創立された。境内社には瀬石社、天神社がある。祭神は大碓尊、大己貴尊、大山昨尊。神社の名は守太田のことを略したものと言う。元和元年(一六一五)洪水のため流出し、正保年間(一六四四~一六四七)今の地に移る。

長沼城 守田神社
その昔、現在地より100mほど東の守田嶋にあった。正保年間、現在地に遷祀、合祀の上、日吉山王社と呼ばれたが、文政元年(1818)守田神社の旧号に復した。

長沼城 北三日月堀跡
三日月の形をした堀
城の入口や橋に攻め寄せる敵兵を三日月堀でとどめ、内側から鉄砲や弓矢で攻撃した。この三日月堀は、北岸の一部が見られる。数少ない遺構のひとつ。

長沼城 櫓台跡
櫓台(やぐらだい)
塔形の見張り台。北の入口を見張る役目を持っている。矢の倉庫を兼ねたことから、矢倉とも言う。

長沼城 本丸跡
城の中心部にあって、もっとも主要な郭(くるわ)。長沼城に天守閣はなかったと伝えられる。現在、本丸跡は、堤防敷及び河川敷となっている。

長沼城 二ノ丸跡
本丸の外側の郭(くるわ)。中堀の内側で、図の冠木門・狼煙台などがある郭。おんま通りより東側にあった。

長沼城 内堀跡
城の内部の堀
通常、本丸を囲む堀のことをいう。長沼城の内堀跡は、現在、そのほとんどが堤防敷及び河川敷となっている。

長沼城 南三日月堀跡
三日月の形をした堀
城の入口や橋に攻め寄せる敵兵を三日月堀でとどめ、内側から鉄砲や弓矢で攻撃した。甲斐の武田氏の城に多く見られると云われている。

長沼城 天王宮(てんのうみや)
南三日月堀の土塁の西端に祭られていたと思われる。土塁と共に数少ない遺構のひとつ。

長沼城 おんま通り
おんま通り(通称名)
現在は市道。「おんま」とは「馬」のことだと思われる。中堀の西側沿いを通る。

長沼城 三ノ丸跡
二ノ丸をかこむ外郭(そとぐるわ)内町地域の現県道(元北国脇街道)沿いの民家から守田神社を含む広い範囲。

長沼城 西三日月堀跡
三日月の形をした堀
城の入口や橋に攻め寄せる敵兵を三日月堀でとどめ、内側から鉄砲や弓矢で攻撃した。堀の外側のカーブした筆境が確認される。

長沼城 土塁跡
土塁(土居)
堀の内側に築かれた堤防の形をした城壁。その上に塀や柵を設け、敵の侵入を防いだ。

妙笑寺
洞雲山金剛林笑妙寺、曹洞宗。保元元年(一一五六)鎌倉円岳寺一庵覚仙和尚が三水村(※現上水内郡飯綱町)に臨済宗の寺として創立、その後曹洞宗に改宗する。天正八年(一五八〇)長沼城主島津淡路守忠直により、現在地に移転し島津家の位牌所となる。源 頼朝が開基、伯母鳥羽院美濃局の守り本尊、準提観世音がある。

長沼城 妙笑寺(曹洞宗)
天正8年(1580)旧三水村毛野より移転。水害水位標及び洪水を記録した柱がある。長沼城の門扉2枚が保存されている。


北国脇往還
長沼~赤沼
190429_1242_村山豊野停車場線分岐(長野市) 190429_1248_妙願寺(長野市)
村山豊野停車場線分岐 妙願寺
190429_1251_大田神社(長野市) 190429_1258_2_赤沼交差点(長野市)
大田神社 赤沼交差点

<参考資料> 妙願寺
林学院至心山妙願寺、浄土真宗。明徳二年(一三九一)茨城県に創立。永享二年(一四二九)安茂里小市に移り、永禄九年(一五六六)津野に移転し、宝暦二年(一七五二)現在地に移る。開基の林学は源 義詮の家臣鹿野林平の入道名。

<参考資料> 大田神社
創立年代不詳、大治年中(一一二六~一一三〇)に若槻伊豆守が社殿を再建。境内にあった樹齢一、〇〇〇年以上の槻の木で彫った狛犬、唐獅子がある。彫刻師は武田常蔵。祭神は、大鞆和気尊。境内社には猿田彦神社、伊勢社、若宮八幡宮、稲荷社、香水宮、金毘羅社等がある。


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




5年前の平成26年(2014)11月、北安曇郡白馬村で発生した神城断層地震( Wikipedia )により頂上部分が崩落した虫倉山( emojiヤマレコ )。その虫倉山に、平成12年以来19年ぶりに登ってみました。
当日は開山祭(第30回虫倉山開山祭)が、午前8時から登山口の丸山公園で行われることになっていたため、混雑を避けてやや遅めに自宅を出発。太田地区から発着する無料のシャトルバスの最終便(午前9時半)に乗り丸山公園へ。
支度を整えて、いざ山頂へ。しかし、しばらく山歩きをしていなかったせいか、程なくして脚が上がらなくなってしまいました。それでも、どうにかこうにか歩いて、天城平分岐に到着したのは午前10時。空平あずまやを経て山頂に到着したのは午前10時50分と、かなりゆっくりなペースでの山歩きとなってしまいました。
山頂は、報道されていたように東半分が崩落し、立入禁止の状態となっていました。地震が原因と思われるクラック(地割れ)が所々に残っていましたので、現在は安定しているようにみえる西側についても、更なる地震や大雨などで崩れてしまうことも、もしかしたらあるかもしれません。
山頂で持参したおにぎりでお腹を満たし、開山祭に参加した大勢の登山者のみなさんが下る前に下山開始。不動滝コース登山口到着はちょうどお昼の12時。帰りはシャトルバスがありませんので、そのまま30分ほど舗装路を歩き、太田地区のシャトルバス発着場に戻りました。
(写真:信州百名山 虫倉山=令和元年5月3日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 中条地区住民自治協議会
  http://mushikura.info/


信州百名山 虫倉山
不動滝コース
190503_1208_虫倉山不動滝コース 不動滝(長野市中条) 190503_1207_虫倉山不動滝コース 登山口入口(長野市中条)
不動滝 不動滝コース 登山口
190503_1004_虫倉山不動滝コース 天城平分岐(長野市) 190503_1025_虫倉山不動滝コース 空平あずまやから望む北アルプス(長野市中条)
天城平分岐 空平あずまや
190503_1053_1_虫倉山不動滝コース 虫倉山山頂(長野市中条) 190503_1053_2_虫倉山不動滝コース 虫倉山山頂(長野市中条)
虫倉山山頂 山頂崩落部分


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




管理人が利用しているウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)に紹介されているウォーキングコース・新日本歩く道から「小林一茶の故郷 散策の道」を歩いてみました。
(写真:上水内郡信濃町周辺=平成31年4月28日撮影、640×480拡大可能)

「aruku&」紹介文
(※上水内郡)信濃町出身の俳人「小林一茶」が愛した故郷柏原は北國街道の宿場町として栄え、信濃町の中でも歴史的な建設等も数多くある地域です。一茶が晩年を過ごした旧宅跡や一茶が幼いころ遊んだお寺等を巡ります。アップダウンの少ない町中を歩きます。一茶の魅力に触れながら歩かなければたどり着くことができないとっておきの柏原をご案内します。

《aruku&》新日本歩く道~小林一茶の故郷 散策の道コース
S:しなの鉄道黒姫駅→※登録有形文化財 ふじのや旅館→ターンテーブル(転車台)→一茶の句碑→諏訪神社一一茶旧宅 跡地→カトリック教会信濃村伝導所→明専寺→俳諧寺→G:一茶記念館→(しなの鉄道黒姫駅)

Screenshot_20190428-122637《aruku&》新日本歩く道~小林一茶の故郷 散策の道コース
aruku&(あるくと)
https://www.arukuto.jp/
スタート地点となる黒姫駅にはしなの鉄道で…とおススメするところですが、今回は別件で信濃町を訪れていましたので、自家用車を駅西側にある広い駐車場に停め、駅東西を繋ぐ連絡橋を渡ってスタート地点に向かいました。
駅前に立って、先ず目に入ったのは昔ながらの切妻屋根を玄関中心に設けたふじのや旅館さん。《aruku&》のコースには紹介がありませんが、信州しなの町観光協会さんのホームページによれば、明治43年(1910)に建てられた木造2階建、鉄板葺の建物で、明治末の旅館の佇まいを伝える建造物として、平成22年(2010)に国の有形文化財に登録されたということです。日本らしさを求める外国人向けの宿泊施設としておススメしてみると、もしかしたら思いのほか関心を示されるかもしれません。
駅前を右折して南に向かうと、ほどなくしてターンテーブル(転車台)のあるスポットへ。《aruku&》の紹介文には次のように表示されています。
「長野県内では、2つしか残されていない列車の転車台があります。黒姫駅は分水嶺となっているので、上越方面から来ても長野方面から来ても、上り坂となり動力機関車2台で運行されていました」
劣化が激しく、今は朽ち果てるのみという状況になっており残念なことです。何か有効な保存方法があれば、鉄道遺産として貴重な観光資源になるのではと思うのですがどうでしょうか。
信濃町商工会議所前のスポットを通過して、更に南に民家沿いに進むと諏訪神社。さらに、国道18号線を横断すれば、柏原といえば、あの小林一茶( Wikipedia )の旧宅跡地に到着します。一茶旧宅跡地では、案内人の方がいるので、小林一茶についての詳しいお話を聞くことができます。
一茶旧宅跡地からカトリック教会信濃村伝導所へは若干の勾配のある道を歩きます。この教会については詳しい案内がないため、《aruku&》の紹介文を引用しますと、
「建築家としても有名なウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏( Wikipedia )が設計した教会です。周りの村人に威圧感を与えない工夫や雪国ならではの工夫がみられる協会です」とのこと。通りから少し奥まったところにあり、普通に歩いていると見落としてしまいそうな建物で、周りの景色とも上手く馴染んでいるように感じます。また、紹介文にもありますが、屋根の勾配が急になっており、雪国ならではの工夫のある建物という点に注目しますと、ウォーキングコースのスポットとして選ばれた理由もわかるように思いました。
明専寺と俳諧寺、ゴールの一茶記念館へは、再び国道18号線を横断し、小丸山の名称で知られる小高い丘を歩きます。一茶記念館から望む飯縄山・戸隠山・黒姫山、そして妙高山の姿は圧巻。歩いてきた疲れも忘れてしまうことでしょう。

<参考HP>
・ 信州しなの町観光協会
  http://www.shinano-machi.com/
・ 一茶記念館
  http://www.issakinenkan.com/


190428_1228_しなの鉄道黒姫駅(上水内郡信濃町) 190428_1229_しなの鉄道黒姫駅駅前・ふじのや旅館(上水内郡信濃町)
しなの鉄道黒姫駅 ふじのや旅館
190428_1235_しなの鉄道黒姫駅構内に残るターンテーブル(上水内郡信濃町) 190428_1250_諏訪神社(上水内郡信濃町)
ターンテーブル 諏訪神社
190428_1251_諏訪神社(上水内郡信濃町) 190428_1254_小林一茶旧宅跡地(上水内郡信濃町)
諏訪神社 一茶句碑 一茶旧宅 跡地

<参考資料> 諏訪神社と一茶句碑
柏原の鎮守の森、諏訪社は、嘉永十一年(一六三四年)ころには創建されていました。祭礼のときには、歌舞伎や相撲が催され、近在の人々でにぎわい、一茶も見物に訪れていました。
この一茶句碑は、文政十二年(一八二九年)一茶三回忌に、弟弥兵衛(やへえ)や門人等によって柏原宿の入口に建立された最初のものです。その後、明治十年(一八七七年)に、現在地に移転されました。
俳句は、「七番日記」文化九年(一八一二年)の作で、碑文は、柏原村などを支配していた中野代官所手付大塚庚作(おおつかこうさく)によって、書かれています。

松陰に 寝てくふ 六十よ州かな

(案内板から)

<参考資料> 史跡 小林一茶旧宅
1957(昭和32)年5月8日指定
俳人小林一茶は、1763(宝暦13)年柏原に生まれ、15歳で江戸に出て葛飾派の俳人となりました。30歳から6年余にわたり、俳諧修行のために関西・四国・九州を廻りました。その後、再び江戸にもどり、夏目成美(せいび)に師事し、房総地方などを巡回する漂泊の生活を続けました。
50歳で帰郷した一茶は、父の遺言により家屋敷や田畑を弟とわけました。屋敷の北半分が一茶、南側が弟弥兵衛のものとなり、間口9間の家を仕切って暮らしました。他に、一茶は間口3間半、奥行2間2尺の土蔵を譲り受けました。52歳でようやく結婚し、4人の子どもをもうけましたが、次々に亡くなり妻にも先立たれました。その上、宿場の大家で類焼し、1827(文政10)年11月19日、焼け残った土蔵で65歳の生涯を閉じました。一茶没後、後妻との間に女子が生まれ、一茶家を今に伝えています。晩年の一茶は、北信濃で門人の指導をあたりながら、2万句にもおよび多くの俳句を残しました。大火後、弟の屋敷には、間口4間半、奥行き4間の小さな町家が再建され、柏原宿のおもかげを見ることができます。
1957(昭和32)年国史跡に指定され、一茶が暮らしていた母屋のあとに、29歳の帰郷のときによんだ句碑が建てられました。

門の木も 先つつがなし 夕涼

(信濃町教育委員会設置の案内板から・平成14年)

190428_1302_カトリック教会信濃村伝導所(上水内郡信濃町) 190428_1307_明専寺(上水内郡信濃町)
カトリック教会 信濃村伝導所 明専寺
190428_1315_1_小丸山公園(上水内郡信濃町) 190428_1315_2_小丸山公園(上水内郡信濃町)
小丸山公園案内図 小丸山公園 一茶句碑
190428_1319_小丸山公園・俳諧寺(上水内郡信濃町) 190428_1321_小丸山公園・一茶記念館(上水内郡信濃町)
小丸山公園 俳諧寺 一茶記念館

<参考資料> 明専寺と一茶
明専寺は、浄土真宗本願寺派に属し、終北山といい、延宝元年(一六七三年)、現在地に移りました。一茶は親鸞聖人に深く帰依し、父親とともに熱心な門徒でした。
明専寺は、一茶と弟との財産争いの仲裁をするなど、一茶にとって縁の深いお寺です。明専寺でのできごとは、区文集「おらが春」などに見ることができます。
毎年十一月十九日の命日には一茶忌法要がいとなまれ、一茶をしのんで一茶忌全国俳句大会が行われます。
句碑は、「おらが春」文政二年(一八一九年)の作です。

我と来て 遊べや親の ない雀

(明専寺境内に設置されている案内板から)

<参考資料> 一茶句碑
是(これ)がまあ つひの栖(すみか)か 雪五尺
「句稿消息」真蹟拡大

15歳で江戸に出た一茶は35年間の漂泊生活に終止符をうち、文化9(一八一二)年11月24日故郷柏原に帰ってきました。その時の感慨をよんだものです。一茶50歳。つひは最後のこと。季語「雪」。
昭和26(一九五一)年、一茶百二十五回忌を記念して建てられました。
(小丸山公園に設置の案内板から)

<参考資料> 山頭火の句碑
一茶翁遺跡めぐり 柏原にて
ぐるりとまはつてきてこぼれ菜の花(土蔵)
若葉かぶさる 折からの蛙なく(墓所)
「山頭火旅日記」真蹟拡大

昭和11(一九三六)年5月29日、曇、八時の汽車で柏原へ。車中で遠足の小学生が渡しに少年の夢を味はせてくれた。山のみどりのうつくしさ、まったく日本晴の日本国だ、九時すぎにさびしい山驛柏原に着いた。
種田山頭火(一八八二~一九四〇)は、昭和11年一茶の遺跡をめぐり、徒歩で新潟県にむかいました。
平成8(一九九六)年建立。
(小丸山公園に設置の案内板から)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


管理人が利用しているウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」に以前掲載されていた「国盗り合戦コラボイベント」から、東京駅周辺を起点とする4コースを歩いてみました。

「国盗り合戦コラボイベント」指定コース
令和元年7月11日
 ・銀座・築地の謎
令和元年12月1日
 ・日本橋・京橋の謎
 ・人形町の謎
 ・室町の謎

位置ゲームアプリ『ケータイ国盗り合戦』コラボコースです。2017/6/25に開催されたリアルイベント日本橋・銀座クイズウォークラリー『大江戸みすてりぃ 雲隠れの謎』で出題されたクイズとスポットを掲載しています。当日参加できなかった方もぜひクイズの回答を探しながら街歩きをお楽しみください。※イベント応募期間が終了したため商品カードは「東京都カード」に変更されております。※クイズの答えは掲載していません。現地を調べて確かめてみましよう!

<参考HP>
・ aruku&(あるくと)
  https://www.arukuto.jp/




【国盗り合戦コラボイベント】日本橋・京橋の謎
①重ねた歴史
ここには日本橋の「橋」の歴史を物語る記述があり「慶長8年(1603年)
につくられ、その後、改築すること〇〇回を経て、明治44年に石橋の名橋として現在の橋となった」と書かれてるでござんす。さて、その300年ものあいだでいったい何度改築されたのか?謎を解く記念碑を探してよーく見るでござんすよ。(数字2文字)
②にぎわいの跡
一石橋のたもとにある石標は「〇〇〇」についての情報を集めるための掲示板だったようでござんす。さて、〇〇〇に入るのは何でござんしょーか?(ひらがな3文字)
③橋がたくさん
「東京証券取引所」附近は、「〇〇〇の渡し」として有名な渡船場があったんでござんす。さて、〇〇〇に入るのは何でござんしょーか?ちなみに今は橋の名前にもなっているんでござんす(ひらがな3文字)
④技術のあかし
東京駅から中央区を横切るように伸びる八重洲通りには、この土地ゆかりの人物が待っているでござんす。彼そして彼の乗り物を囲う輪は何をあらわしているでござんしょーか?当時の技術を象徴するものでござんす。(ひらがな5文字)

191201_1444_日本橋(東京都中央区) 191201_1434_鎧橋と東京証券取引所(東京都中央区)
日本橋南詰 鎧橋と東京証券取引所
191201_1452_一石橋(東京都中央区) 191201_1507_八重洲通りにあるヤン・ヨーステンレリーフ(東京都中央区)
一石橋迷子しらせ石標 ヤン・ヨーステンレリーフ

<参考資料>
東京都指定有形文化財(歴史資料)
一石橋迷子しらせ石標
江戸時代も後半に入る頃、この辺から日本橋にかけては盛り場で迷子も多かったらしい。当時は迷子が出た場合、町内が責任をもって保護することになっていた。そこで安政四年(一八五七)、西河岸町の一石橋の橋詰に、迷子探しのための告知石碑が建立された。日本橋から一石橋にかけての諸町名主などが世話人となり、迷子保護の立場から町奉行に申請したものである。
銘文は、正面「満(ま)よひ子の志(し)るべ」、右側面「志(し)らす類(る)方」、左側面「たづぬる方」、裏側面「安政四丁巳年二月 御願済建之 西河岸町」。西側面上部に長方形の窪みがあり、左側面の窪みに迷子や尋ね人の特徴を書いた紙を貼る。通行人がそれを見て心当たりがあれば、その旨を書いた紙を右側面の窪みに貼って知らせたという。いわば庶民の告知板である。このほか湯島天神境内の「月下氷人石」や浅草寺境内、両国橋橋詰など往来の多い場所に同様のものがあった。しかし震災や戦災などで破壊され、現存するのは一石橋のものだけである。
総高一七五.七cm(棹石一六三cm、台石一二.七cm)、棹石正面三六cm、同奥行二六cm、台石正面幅七〇cm、同奥行六八.五cm。作者などは不詳である。
(東京都教育委員会設置の案内板から・平成23年)

<参考資料> 鎧の渡し跡
鎧の渡しは、日本橋川に通されていた小網町を茅場町との間の船渡しです。古くは延宝七年(一六七九)の絵図にその名が見られ、その後の絵図や地誌類にも多く記されています。
伝説によると、かつてこの附近には大河があり、平安時代の永承年間(一〇四六~五三)に源義家が奥州平定の途中、ここで暴風・逆浪にあい、その船が沈まんとしたため、鎧一領を海中に投じて龍神に祈りを奉げたところ、無事に渡ることができたため、以来ここを「鎧が淵」と呼んだと言われています。また、平将門が兜と鎧を納めたところとも伝えられています。
この渡しは、明治五年(一八七三)に鎧橋が架けられたことによりなくなりますが、江戸時代に通されていた渡しの風景は「江戸名所図会」などに描かれており、また俳句や狂歌等にも詠まれています。

 縁日に 買うてぞ帰る おもだかも
 逆さにうつる 鎧のわたし
  和朝亭国盛

(中央区教育委員会設置の案内板から・平成20年)




【国盗り合戦コラボイベント】人形町の謎
①街のシンボル
江戸の火消し制度「いろは四十八組」で、この界隈を担当したのは何組?人形町の街のシンボルになっている時計をよーく見るわん。(ひらがな1文字)
②人気者
明治座と人形町を結ぶ「甘酒横丁」が「浜町縁道」を交わるところで、ある人物がみなさんを待っているわん。その人物が持つ数珠はいくつ?(数字1文字)
③先人の知恵
日本橋小学校近くの道ばたに、人形町の伝統芸能に関わりの深い生きものがいるわん。その生きものはな~に?(ひらがな3文字)
④いまはむかし
かつてここに巨大な牢屋敷があったわん。激動の時代を生きた有名な人物もここで最後をむかえたんだわん。ところであの大きなものは何かな?(ひらがな5文字)
⑤ビルのあいまに
東日本橋にある薬研堀不動院は、川崎大師の東京別院で、目黒、目白とならび江戸三大不動のひとつに数えられるお寺だわん。ずばり、この寺院の本堂の階段は全部で何段あるでしょーか?(数字2文字)

191201_1423_人形町のシンボル時計(東京都中央区) 191201_1416_人形町の武蔵坊弁慶像(東京都中央区)
人形町のシンボル時計 弁慶像
191201_1427_日本橋小学校・西郷隆盛屋敷跡(東京都中央区) 191201_1343_伝馬町牢屋敷跡(東京都中央区)
西郷隆盛屋敷跡 吉田松陰終焉の地
191201_1345_伝馬町牢屋敷跡(東京都中央区) 191201_1403_薬研堀不動院(東京都中央区)
小伝馬町牢屋敷遺構 薬研堀不動院

<参考資料> 蛎殻銀座跡
銀座とは江戸時代の銀貨の製造工場である銀座会所と、通用銀貨の検査や銀地金の購入などを扱う銀座役所を総称した組織でした、そしてその経営は幕府の直営ではなく、御用達(ごようたし)町人に委託しました。
江戸の銀座は慶長十七年(一六一二)に今の銀座二丁目の場所に置かれ、その百八十八年後の寛政十二年(一八〇〇)六月に、寛政改革の一つである銀座制度の大改正のため一旦廃止されました。
その年の十一月、改めてこの人形町の場所に幕府直営の度合いを強めた銀座が再発足しました。
当時この附近の地名が蛎殻(かきがら)町だったため、この銀座は人々から「蛎殻銀座」と呼ばれ、明治二年(一八六九)に新政府の造幣局が設置されるまでの六十九年間存続しました。
(中央区教育委員会設置の案内板から・平成5年)

<参考資料> 弁慶像について
今を遡ること三五〇年前、現在の人形町あたりに葺屋町と堺町という街があった。
当時この町では、江戸三座といわれていた芝居小屋のうちの市村座と中村座の二座が歌舞伎を上演しており芝居街と呼ばれていた。また、浄瑠璃による操り人形の芝居小屋も数軒あり、歌舞伎と合わせて庶民の人気を集めていたという。
ここで使われた人形の製作と、修理に当たった人形師達は、この周辺に住み人形細工と人形の販売をも業としていた。
以上が人形町の名のいわれとされており、ここ人形町界隈は、今日隆盛をきわめる江戸歌舞伎発祥の地と呼んでも差し仕えないといえる。
この度、縁道の改修に当たって、入口の広場に歌舞伎十八番の内でも人気のある勧進帳の武蔵坊弁慶像を設置するとともに、その背面に関所風の冠木門を設けて江戸情緒をかもしだし、往時をしのばんとするものである。
(中央区土木部公園緑地課設置の案内板から)

<参考資料> 西郷隆盛屋敷跡
明治初め、この地域には明治維新の元勲西郷隆盛(一八二七~一八七七)の屋敷がありました。
明治六年(一八七三)の「第壱大区枯券図」には、「蛎殻町一丁目壱番/二千六百三十三坪/金千五百八十六円/西郷隆盛」とあります。屋敷には長屋に一五人ほどの書生を住まわせ、下男を七人雇い、猟犬を数頭飼っていたといわれています。
維新後、西郷は郷里鹿児島にいましたが、明治四年に新政府から請われて上京し、参議に就任、同年十月に岩倉具視を特命全権大使とし、大久保利通、木戸孝允等を副使とする使節団が米欧へ派遣された後には、筆頭参議として留守政府首班となり、学制・徴兵制度・地租改正などの重要政策を実現しました。
明治六年になって、朝鮮との国交問題が緊迫し、武力出兵を主張するいわゆる征韓論が高まりを見せるなか、西郷は自らが朝鮮に渡って交渉することにより、問題の解決にあたろうとしました。閣議でもいったんは西郷の施設派遣が決定されましたが、海外の視察から帰国した大久保等の猛烈な反対により使節派遣は中止となります。この決定を受けて、西郷をはじめ、板垣退助や後藤象二郎等が参議を辞して下野しました(明治六年の政変)。
下野後、西郷はこの地にあった屋敷を引払い、鹿児島に帰郷します。鹿児島では、士族子弟のために私学校をつくり、また農耕と狩猟に悠々自適の生活を送っていましたが、明治十年に西南戦争を起こし自害しました。
(中央区教育委員会設置の案内板から・平成19年)

<参考資料> 伝馬町牢屋敷跡
江戸時代、この地には牢屋敷がありました。天正18年(1590)、江戸の地に徳川家康が入った当初は、牢屋敷は常盤橋門外、今の日本銀行あたりに置かれていました。この地に移転したのは慶長18年(1613)ころといわれ、その後は江戸時代を通じて牢屋敷がありました。明治維新後、明治8年(1875)に市ヶ谷の監獄に囚人を移し、この地の牢屋敷は取り壊されました。
平成24年、この地で中央区の施設が建設される前に、中央区教育委員会が「伝馬町牢屋敷跡遺跡(てんまちょうろうやしきあといせき)」として発掘調査を実施しました。遺跡からは、ここに移築復元した石垣をはじめとして、複数の石垣の連なりが発見されました。牢屋敷は高さ7尺8寸(約2.4m)の髙い塀で囲われていたようですが、出土した石垣は、さらにその内側でもしっかりと敷地内を仕切っていたことがわかった貴重な発見です。石垣には一部途切れる箇所があり、そこに門柱の礎石が見つかりました。これは、角度によって門が見えにくい「埋門(うずめもん)」と言われる、お城などによく用いられた施設と推測されます。
このほか、多数の上水木樋(じょうすいもくひ)が見つかっています。木で組まれた水道管が地中に埋められたもので、水は井の頭池などに水源のある神田上水から引き込まれたものと思われます。
ここに展示してあるのは、図中の石垣Aを出土時とほぼ同じ形に積み直して移築復元したものです。これ以外のものには、当時の姿ではありませんが、同じく牢屋敷跡から出土した石を使って積んだものもあります、。石は伊豆周辺で切り出された、主に安山岩が四角錐に加工されたものです。石には切り出す際についた矢穴という窪みが見られるものもあります。
(中央区教育委員会設置の案内板から・平成26年)

<参考HP>
・ 東京都中央区ホームページ
  https://www.city.chuo.lg.jp/
・ 中央区観光協会
  https://www.chuo-kanko.or.jp/
・ 人形町商店街
  http://www.ningyocho.or.jp/




【国盗り合戦コラボイベント】室町の謎
①タイムスリップ
三越前駅地下コンコースに展示されている絵巻「凞代勝覧」(きだいしょうらん)。当時の江戸の賑わいを描いた貴重な資料なのでぜひ見てほしいんじゃ。解説によれば、「魚の立売り」の隣に、「客を当て込み路上での〇〇家業」とある。さて、〇〇〇〇に入るのは何じゃろーか?当時からあったんじゃな!(ひらがな4文字)
②道のはじまり
日本橋のたもとにある日本国道路元標の石の標識には、現在地から主要都市までの距離が粁(キロメートル)でしるされているんじゃ。最も遠い1,496粁離れた都市はどうこじゃろーか?(ひらがな5文字)
③江戸の活気
江戸時代から300年以上ものあいだ、この広場には江戸の生活を支える「あるもの」があったそーじゃ。日本橋の川沿いにその謎を解く石碑があるはずじゃ。それは今で言うと何じゃろーか?(ひらがな5文字)
④伝統工芸
日本橋本町にある小津和紙は、承応2年(1653年)創業の和紙の専門店。その小津和紙本館ビルの「小津の起源」碑すぐ隣には、ある印象的な植物が植えられているじゃ。その植物は何じゃろーか?(ひらがな3文字)

191201_1323_日本橋海老屋ビル周辺(東京都中央区) 191201_1318_日本橋北詰交差点(東京都中央区)
室町三丁目付近 日本橋北詰
190305_1300_日本橋・道路元標(東京都中央区) 191201_1328_小津本館ビル(東京都中央区)
日本国道路元標 小津和紙

<参考資料> 日本橋
日本橋がはじめて架けられたのは徳川家康が幕府を開いた慶長八年(一六〇三)と伝えられています。幕府は東海道をはじめとする五街道の起点を日本橋とし、重要な水路であった日本橋川と交差する点として江戸経済の中心となっていました。橋詰には高札場があり、魚河岸があったことでも有名です。幕末の様子は、安藤広重の錦絵でも知られています。
現在の日本橋は東京市により、石造二連アーチの道路橋として明治四十四年に完成しました。橋銘は第十五代将軍徳川慶喜の筆によるもので、青銅の照明灯装飾品の麒麟は東京市の繁栄を、獅子は守護を表しています。橋の中央にある日本国道路元標は、昭和四十二年に都電の廃止に伴い道路整備が行われたのを契機に、同四十七年に柱からプレートに変更されました。プレートの文字は当時の総理大臣佐藤栄作の筆によるものです。
平成十年に照明灯装飾品の修復が行われ、同十一年五月に国の重要文化財に指定されました。装飾品の旧部品の一部は中央区が寄贈を受け、大切に保管しています。
(中央区教育員会設置の案内板から・平成12年)




【国盗り合戦コラボイベント】銀座・築地の謎
①文明開化
この柱は当時の「〇〇〇〇」の実物だっつーからおどろいたぜ。さて、かつて銀座の通りを照らした、このひかるものは何かわかるかい?〇〇〇〇に入るものを答えてみな!(ひらがな4文字)
②発祥の地
世界的な宝飾店の前にある、銀座の謎を解く石には「慶長十七年、徳川幕府がこの地に〇〇を作る役所を設置」と刻まれてんだがな、さーて、〇〇に入るの何か分かるかい?答えてみな!(ひらがな3文字)
③波をのりきる
この地には商人がたくさん集まる広大な施設があるんよ。その敷地の隅っこには「わざわいをのぞき、波をのりきる」とても縁起のいい神社があるんだが、入口でお客をむかえる、大きなものは何かわかるかい?答えてみな!大切にされているものだぜ。(ひらがな2文字)
④ゆかりの地
赤石町のあかつき公園近くには、2枚の石版がならんでてよ、こちらに背を向けた人物の傍らには、ある有名な書物の名が刻まれてんのよ。さて、何と書いてあるのか分かるかい?答えてみな!(ひらがな8文字)
⑤昭和の面影
中央区の隅っこ、銀座郵便局の裏には当時ここに鉄道があったことがわかる跡が残されてんのよ。さて、それが何かわかるかい?びっくりしちゃうぜ!(ひらがな9文字)

190711_1438_築地市場前(東京都中央区) 190711_1442_築地場外市場(東京都中央区)
築地市場前 築地場外市場
190711_1445_1_波除神社(東京都中央区) 190711_1445_2_波除神社(東京都中央区)
波除神社御本社 波除神社 お歯黒獅子

<参考資料> 波除神社
御本社
衣食住 殖産工業 商業の守り神 である「倉稲魂命 うがのみたまのみこと」をお祀りし、波除様と尊称されます。現在の社殿は昭和十二年に出来たもので、御祭神の繋がりが有る伊勢の神宮(外宮)と同じ唯一神明造で造られており、国産の檜が使用され、戦前では東日本で最後の御造営された神社の御社殿です。

摂社 弁財天社
学芸の才能と豊かな財をなす福徳の神「市杵島姫命 いちきしまひめのみこと」をお祀りこの御祭神を俗に弁財天と称することから弁財天社と呼ばれます。
江戸時代の御本社の御創建に時を同じくお祀りされた縁の有る事から摂社として大切にお祀りされています。
また水にご縁の有る御祭神に因み手水の施設を組み込んだ造りになっております。

末社
天照大神(あまてらすおおみかみ)伊勢の神宮の御祭神・日本人の大御祖神さま、大国主命(おおくにぬしのみこと)大黒天、経営・開運の守り神、少彦名命(すくなひこなのみこと)恵比寿、医薬・開運の守り神、天日鷲命(あめのひわしのみこと)お酉様、商売繁盛の守り神、以上の四神をお祀りしております。

獅子殿
江戸時代、厄除・災難除の象徴として多くの参詣者を集め又当神社祭礼「つきじ獅子祭」の名称の元をもなした「厄除天井大獅子」は江戸末期に焼失以来その復興を待たれておりましたが、平成二年に加賀鶴来の現代の名工・知田清雲氏とその工房の手により再興され、神楽殿を基礎により全面改築された獅子殿に納められました。

七福殿
毎月七日の七福神参りの際に御祭神を安置する社殿です。その月の七福神の御神像が七日に安置されます。また七日以外では祭典の際に祓所としてお祀りされます。
(波除神社に設置の案内板から)

<参考HP>
・ 築地場外市場
  http://www.tsukiji.or.jp/
・ 波除神社
  http://www.namiyoke.or.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[01/13 管理人ひろさく]
[01/12 たっきー]
[10/25 たっきー]
[08/18 管理人ひろさく]
[08/18 たっきー]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]