忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

161123_1144_神戸の大イチョウ(飯山市)
神戸の大イチョウ (平成28年11月23日)

飯山市瑞穂にある県天然記念物の神戸の大イチョウ(地図)の様子。
お出かけの参考にご覧ください。
(平成27年度定点観測は → こちら

<管理人ひとこと>
10月16日
昨年10月11日には、すでに先端部の葉が幾らか黄色に変わり始めていましたが、今年はまだまだそうした状況にはありません。
10月23日
昨年は「先端部が黄色く変わりつつある様子が近くの県道からも確認できるようになりました」と記しましたが、今年は未だ変化がありません。
10月30日
今年は昨年と違い、色付きにほとんど変化がありません。
突然、黄色く色付き始めるのでしょうか…。
11月6日
全体的に黄緑色へ色付きが変わり始めたように思います。今年の特徴は、全体的に色付きが変化していることでしょうか。
11月13日
部分的ではなく、全体的に黄緑色へ色付きが変わり始めました。
11月20日
色付きは昨年と比較してやや遅い状況。
黄緑色の葉がまだ残っていますが、落葉も始まっています。
11月23日
落葉により冬の装いに変わり始めました。
11月26日
落葉盛ん。
根元には黄色のイチョウの葉が絨毯のようになっていました。
12月4日
昨年と比べ、今年もほぼ同じ時期に葉が落ちたようです。
雪が少ないと良いのですが、さてどうなるでしょうか…。
(定点観測終了)
    
定点観測~神戸の大イチョウ (飯山市)
151011_1358_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年10月11日
151018_1234_神戸の大イチョウ(飯山市) 161016_1314_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年10月18日 平成28年10月16日
151024_1436_神戸の大イチョウ(飯山市) 161023_1301_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年10月24日 平成28年10月23日
151101_1326_神戸の大イチョウ(飯山市) 161030_1135_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年11月1日 平成28年10月30日
151108_1306_神戸の大イチョウ(飯山市) 161106_1258_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年11月8日 平成28年11月6日
151114_1325_神戸の大イチョウ(飯山市) 161113_1232_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年11月14日 平成28年11月13日
161120_1257_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成28年11月20日
151122_1208_神戸の大イチョウ(飯山市) 161123_1135_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年11月22日 平成28年11月23日
151128_1217_神戸の大イチョウ(飯山市) 161126_1341_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年11月28日 平成28年11月26日
151206_1214_神戸の大イチョウ(飯山市) 161204_1320_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成27年12月6日 平成28年12月4日
161210_1314_神戸の大イチョウ(飯山市)
平成28年12月10日


神戸の大イチョウ (11月26日)
161126_1339_神戸の大イチョウ(飯山市) 161126_1338_神戸の大イチョウ(飯山市)
161126_1344_1_神戸の大イチョウ(飯山市) 161126_1344_2_神戸の大イチョウ(飯山市)






ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

161206_1014_芋井の里の「芋焼酎」(長野市)

長野市芋井で収穫されたジャガイモで造った焼酎「芋井の里」の販売が5日から始まりました。
佐久市の芙蓉酒造協同組合に委託製造してできた芋焼酎の値段は、消費税込みの1本1500円。ラベルに描かれているジャガイモの形は芋井地区を表したもので、長野美術専門学校の学生さんがデザインされたそうです。
将来的には工場を新設するなどして生産を増やし、芋井ブランドの芋焼酎として売り出していきたいとのことです。
(写真:長野市上ヶ屋に開設された「芋井の里」案内所と芋焼酎「芋井の里」=6日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 芋井地区自治協議会(いもいネット)
  http://i-mo-i.net/
・ 芙蓉酒造協同組合
  http://www.fuyou.org/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


040612_2105_YAMA-SHOWS live_oread(辰野町)

今年のノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン。
そのボブ・ディランがノーベル賞を受賞したことを喜ぶ人が上伊那郡辰野町にいる、とNHKのローカルニュースが伝えていました。

三浦 久さん( Wikipedia
 
留学中の米国カルフォルニアで、ラジオから流れていたボブ・ディランの曲を聴いたことがきっかけでフォークシンガーとしての活動を始め、以降、数々のアルバムをリリース。生まれ故郷の上伊那郡辰野町に戻ってからも活動を続ける一方で、ライブハウス Oread(オーリアッド)を開設。テレビでは、「風に吹かれて」に描かれた「詩」を通じて、ボブ・ディランとはどのような人物なのか、またこの作品の魅力は何かを語る三浦さんの様子が紹介されました。
  
<管理人ひとこと>
今から10年ほど前、松本勤務の際に地元ミュージシャンのライブを鑑賞するため、Oread を1度だけ訪ねたことがあります。カウンターの奥に三浦さんがいて、ライブの合間に紅茶をだしていただいたことを思い出しました。益々のご活躍を。
  (写真:ライブハウス・OREAD で演奏する YAMA-SHOWS =平成16年6月12日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ OREAD HOMEPAGE
  http://www.secondwind.jp/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[1回]


161203_0919_小六石(富士見町)

諏訪郡富士見町小六の県道沿いにある巨石(地図)。
武田家の家臣岡田小六はこの地に小屋を構え、目印となるこの巨石を頼りに訪れる武田方の使者に、諏訪の情報を伝えていたいわれています。
(写真:小六石=3日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考資料> 小六石
昔 武田の家臣に「岡田小六」なる者あり 天文・弘治(四七〇年程前)の甲越戦争の頃 この地に小屋を構えて住居し 農耕のかたわら 諏訪側の状勢を偵察してこの黒い石を目標に やって来る武田軍の使者に情報を伝える使命を帯びていた(この道が中の棒道で 天文二十一年(一五五二)頃に作られたものです)
ほどなく 弟の岡田左近にこの地名を継がせたが 信玄亡き後(天正元年)は 甲斐の国 上野村に移り住み この地で亡くなった
小六の村名は この岡田小六の名からとったものであると伝えられる この由緒ある石であるため 古来より「小六石」と称し 高島藩主の御巡見毎にその由緒を申し上げ 保存して今日に至る
(小六区設置の案内板から・平成23年3月)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


161203_0908_十一面観音堂(富士見町)

諏訪郡富士見町乙事にある観音堂(地図)。
富士見町指定有形文化財。
(写真:十一面観音堂=3日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考資料> 富士見町指定有形文化財
1.十一面観音堂と十一面観音像
161203_0907_十一面観音堂(富士見町)
観音堂から望む甲斐駒ケ岳
医王山法隆寺は、起立書によれば、承応元年(一六五二)の開基で、本尊十一面観音を安置したとあり、諏訪神社上社如法院の末寺として存続してきたが、明治七年、乙事学校創立のため、観音堂のみ残して取り壊された。
現存する十一面観音堂は、天明三年(一七八三)に改築されたもので、大工棟梁は境筋宮大工の名手といわれた地元乙事の小池佐兵衛、彫刻は大隅流の名工伊藤長左衛門が担当した。
十一面観音像は、法隆寺の本尊と十一面観音堂の本尊の二体がある。
いずれも一木造りの立像で、小池佐兵衛が寛政二年(一七九〇)につくった厨子に納められている。
1.大日如来像・釈迦如来像
明治元年の神仏分離令により、上社如法院が廃寺となったとき、法隆寺が譲り受けたもので、いずれも木彫座像で、釈迦如来像の内部には「文明一七年」の墨書銘がある。ほかに大般若経六百巻、興教大師像、毘沙門天、不動明王像などがある。
1.木喰上人作・普賢菩薩像
木喰上人の天明六年(一七八八)の作である。
上人は、廻国修業の傍ら千数百体の仏像を遺している。この像は、行脚の途中、乙事村に立ち寄った上人が、改築して間もない十一面観音堂のみごとさに感嘆し、三日間滞在して彫り上げたと伝えられている。
像は総高一〇五センチメートルの欅の木彫りであり、菩薩の像の背に跏趺(かふ)し、柔和な微笑みをたたえている。
(富士見町教育委員会設置の案内板から・平成8年11月)

<参考資料> 法隆寺十一面観音堂 移転の碑
法隆寺の十一面観音堂は由緒ある建造物で昭和四十七年七月一日に富士見町教育委員会より有形文化財に指定されている。
このたび県道拡幅改良工事により、この建物を西へ約二十六メートルの現在地へ移転した。
これにともない周囲の石造物の整理移転と参道なども含めて文化財にふさわしい環境整備がなされた。
よってこれを永く後世に伝えるものである。
(乙事区設置の案内板から・平成8年11月)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


161203_1338_みずべ公園から諏訪湖越しに望む富士山(下諏訪町)

諏訪郡下諏訪町のみずべ公園(地図)は、富士山を望むことのできる眺望ポイントとして、国道交通省の「関東の富士見百景」に選定されています。
(写真:諏訪郡下諏訪町のみずべ公園から撮影した富士山=3日午後撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 国土交通省関東地方整備局
  http://www.ktr.mlit.go.jp/

<参考資料> 富士山と諏訪湖の眺望ポイント
国土交通省選定”関東の富士見百景”下諏訪町 湖浜
富士山は2013年6月にユネスコ「世界文化遺産」に登録されました

161203_1331_みずべ公園から諏訪湖越しに望む富士山(下諏訪町)
眺望ポイント
諏訪大社の門前町として古くから栄えてきた下諏訪町は、富士見町や富士見橋といった地名が語るように関東の山の切れ目から富士山を眺望することができました。
天気がよく、空気が澄んでいる日には、ここ諏訪湖の湖畔から湖越しに、美しい富士山の姿がくっきり望めます。

関東の富士見百景とは
国土交通省が、富士山への優れた眺望を持つ地点を選定したものです。眺望景観の保全や、その周辺の美しい街づくりへの支援を目的としています。長野県では当地のほか、太郎山山頂(上田市)、塩嶺御野立公園展望台(岡谷市)、霧ヶ峰高原(諏訪市)、飯綱山公園歴史の広場(小諸市)、富士見町からの眺望(富士見町)が選定されています。
(下諏訪町設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


161105_1125_立石公園(諏訪市)

諏訪地域での業務が10月31日で終了することに伴い、平成27年1月から始まったこの「諏訪湖畔の仮住まい便り」も今回で最後となりました。
これまで松本市や伊那市に仮住まいを設け、休日は近隣の観光スポットを訪ねたり、伝統行事に参加したり、おいしい郷土料理を味わうなど、その地域の魅力を自分なりに楽しんできましたが、今回仮住まいした諏訪は、あちらこちら訪ね歩くことができなかったものの、何処となく去り難く感じさせるような、そんな地域でした。
諏訪の魅力は何かな…と、1年10ヶ月の生活を振り返ってみると、八ヶ岳連峰と遠くに望む富士山、そして諏訪湖と、そうした自然もさることながら、やはり「ヒト」ではなかったかなぁと思います。
「総論賛成、各論反対」。だから諏訪はまとまらない、という話を聞きますが、それはどこの地域にもあること。ただ、そうした関係にあっても、御柱祭ともなれば、県内を見渡してもどこの地域にも見られない「ヒト」の結束がある一方で、日々の生活では、経験と知識を活かし、更なる技術を磨く「ひたむきさ」を感じる場面が多々ありました。
「金でモノをいう」のではなく、「腕でモノをいう」。
諏訪はそのような地域だったように思います。
(写真:諏訪市の立石公園から望む諏訪湖=5日午前撮影、640×480拡大可能)

今週のできごと
11月4日(金)
・国道20号線諏訪バイパス未着手区間
 国土交通省が「山側ルート」で整備する方針
・温泉寺もみじまつり~ライトアップ
 (諏訪市・温泉寺)
・もみじまつり(茅野市・長圓寺)

<管理人>
161104_1829_焼肉ダイニング 縁結(茅野市)
ダイニングキッチン縁結
茅野市のダイニングキッチン縁結(地図)で、営業所社員全員参加の焼肉パーティーを開催。写真は、パーティーが始まる前に撮影した4人分のメニューですが、少ないようでもいざ焼いてみると、これが結構なボリュームでびっくり。2時間飲み放題プランでビールもジャンジャン。ご飯おかわり自由で、締めはお蕎麦。これで1人6000円。ごちそうさまでした。

5日(土)
・岡谷市収穫祭(岡谷市・ララオカヤ)
・ファミリーコンサート
 ~オーケストラで聴くジブリ音楽
 (諏訪市・諏訪市文化センター)
・第18回文化講演会
 (諏訪市・信州風樹文庫)
・諏訪市共通飲食券発売
 (諏訪市・諏訪商工会議所)
・温泉寺もみじまつり~ライトアップ
 (諏訪市・温泉寺)
・第8回病院祭(茅野市・諏訪中央病院)
・国史跡「星ヶ塔遺跡」現地見学会(下諏訪町)
 ※午前と午後の2回、参加費100円
 ※各回先着30名まで
 ※諏訪湖博物館・赤彦記念館に申込み
・八ヶ岳ホルスタインショウ2016(富士見町)
・信州の民俗芸能
 (長野市・ホクト文化ホール、料金500円)
・ゆるキャラグランプリ2016(愛媛県松山市)
6日(日)
・カーフェスタ諏訪湖
 (諏訪市・諏訪湖イベントホール)
・ドローンフェスタ(諏訪市)
・第2回東海文化フェスティバル
 (茅野市・茅野市民館)
・とろろ選手権会
 (茅野市金沢・地区コミュニケーションセンター)
・ゆるキャラグランプリ2016(愛媛県松山市)
7日(月)
<長野日報>赤く染まる長円寺(茅野市)
・上川に架かる飯島橋の撤去工事(諏訪市)
・国道152号湯川バイパス建設 起工式・安全祈願祭
 (茅野市北山)
8日(火)
<長野日報>白すだれ上野大根 天日干し始まる
 (諏訪市豊田)
・鞴講神楽の神事(諏訪市・諏訪大社上社本宮)


161108_1921_ハルピンラーメン(諏訪市) 161108_1933_ハルピンラーメン(諏訪市)
ハルピンラーメン

<管理人>
「諏訪を訪ねたらハルピンラーメン」といわれるように、地元でも有名なラーメン店。最近は諏訪地域にとどまらず、中信地域でもこの店の独特な味付けをしたラーメンを味わうことができるようですが、もともと諏訪が発祥の地となれば、ハルピンラーメンは諏訪のグルメのひとつとして考えてもよいのかもしれません。
ただ、知名度が高いラーメン店であるがゆえに、平日のお昼時などは行列ができるほどの盛況ぶり。これまで何度も近くを通りながら、結局のところも立ち寄るタイミングがつかむことができず、管理人にとっては半ば幻のラーメンとなっていたのですが、8日夜、諏訪市四賀飯島(地図)にある本店で、ようやくこのラーメンと対面する機会を得たのでありました。

9日(水)
・秋の全国火災予防運動(15日まで)
・諏訪市が初のフードドライブ
・「世界かんがい施設遺産」登録
 滝之湯堰と大河原堰(茅野市)
・国道292号 麦草峠冬期通行止め
 (茅野市・平成29年4月20日午前11時まで)
10日(木)
<長野日報>八ヶ岳雪化粧
・諏訪シネマズ第1号「バースディカード」認定式
 (諏訪市・諏訪市市役所)
12日(土)
・第6回信州八ヶ岳新そば祭り(茅野市)
・第3回シルバーフェアー(茅野市)
・しもすわ秋の産業フェスタ(下諏訪町)
13日(日)
・スワもしかめ大会2016(下諏訪町)
20日(日)
・下諏訪町長選挙(下諏訪町)
27日(日)
・岡谷市制施行八十周年記念事業
 オペラ 御柱
 (岡谷市・カノラホール大ホール)

我が家のできごと
11月7日(月)~10日(木)
<管理人>諏訪にて業務引き継ぎ
12日(土)
<管理人>諏訪の仮住まいから引っ越し
13日(日)
<オヤジ>入居先の介護施設から電話があり、15日の受け入れについての打ち合わせ。
15日(火)
<オヤジ>休暇を取得して退院と入所の手続
午前8時30分:病院にて退院のための片づけ
午前9時30分:介護施設まで搬送する「寝台車」到着
午前10時:病院にて清算
午前11時:介護施設到着
タクシー会社の「寝台車」は先に施設に到着し、施設の職員さんたちにより部屋へ移動。家族は面談ルームにて、看護士、介護士の順でオヤジの病状や生活状況を説明。その後の相談員とは施設の説明と入所の契約。
思っていたよりも大変な労力がかかり、1日休暇を取得して良かったと改めて感じることに…。
19日(土)
<管理人>長野市松代町を訪ね、お歳暮用の「ながいも」を発送
23日(日)
<オヤジ>今回入所した老人健康保険施設(通称:老健)は、あくまでも医療ケアやリハビリのための施設であり、終の棲家でありません。このため、以前から「老健に入所したら特別養護老人ホーム(通称:特養)の申し込みもしてほしい」というケアマネの指示もありましたので、自宅から近い特養へ仮申し込みのため訪問しました。
こちらの特養では、待機待ちが40~50名ほどおり、順番待ちであるとのこと。とりあえず、今回、老健に入所したばかりなのでとりあえずは待機可能ですが、今後については全く決まっておらず、何時入所できるのか、やや不安であったりします。

今回、長野の自宅に戻ってきて、いちばん喜んでいたのは我が家のオフクロだったかもしれません。やはり80歳を過ぎて、オヤジのいない一人暮らしは、カラダも思うように動かず、不安を感じていたようでした。
また、毎週日曜日夜、「真田丸」を観た後にバタバタと管理人が諏訪に向かうことを心配していた(本人はそうはいいませんが…)らしく、「月曜日の朝も顔が見られるのは良いことだ」という呟きを聞くと、これでよかったのかもしれないなぁ…と思ってもいます。


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


061216_0001_阿呆鳥コンサート(福島県いわき市)
阿呆鳥復活コンサート
(福島県いわき市・いわき市文化センター)

061216_0002_阿呆鳥コンサート(福島県いわき市)
平成23年(2011)3月11日に東北地方を襲った東日本大震災。
地震とその後に発生した津波の被害があまりにも甚大で、大震災は東北のみならず、日本全体に心の傷を残しました。
昭和50年から60年にかけ活躍した福島県いわき市出身の阿呆鳥(あほうどり)の復活コンサートが行われたのは、その震災が起こる5年前の平成18年(2006)12月16日のことでした。
幾多の辛苦を経験し、20年の時を越え、ファンとの想いが結実したコンサート。それは、阿呆鳥のメンバーだけでなく、全国各地から参加したファンにおいても、ひとつの区切りとして、そして新たな出発となるものでした。

今夏、ファンの方が自身の youtube に阿呆鳥の楽曲(主にメンバーの菊池章夫さんの現在の活動の様子)を紹介されていることを知りました。そこには阿呆鳥の代表作である『歩き続けて』もありました。

震災から今年で5年。
いつか、故郷の原風景とともに暮らせることを、そして、被災された多くの人たちの心の支えになることを願い、改めてここで『歩き続けて』を紹介させていただきます。
  
 emoji 『歩き続けて』
 https://youtu.be/WxBtI6lnIqE





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


160730_1432_北斎通り(東京都墨田区)

東京都墨田区亀沢(地図)に22日、葛飾北斎の作品を展示するすみだ北斎美術館が開館しました。場所は、都営地下鉄大江戸線両国駅から北斎通りを東側に約400m進んだ場所にある緑町公園内で、ここにはかつて弘前藩津軽家の上屋敷がありました。北斎はこの近くに生まれ育ったと伝えられています。
美術館では、平成29年1月15日まで開館記念展として「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」が開催されており、幻の絵巻「隅田川両岸景色図鑑」全巻や、富嶽三十六景から有名な「神奈川沖浪裏」など墨田区が所蔵する名作が公開されているそうです。
北信州とも縁のある北斎の名画が鑑賞できる、新たなスポットに注目しましょう。

すみだ北斎美術館
東京都墨田区亀沢2丁目7-2
TEL: 03-6658-8931

<参考HP>
・ すみだ北斎美術館
  http://hokusai-museum.jp/
・ 本物が生きる街 すみだ観光サイト
  (墨田区観光協会)
  http://visit-sumida.jp/





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


161120_1502_飯山線SL C11イベント運行(飯山市)

昭和47年(1972)に蒸気機関車による運行を終了した飯山線に、44年ぶりにその雄姿が戻りました。
今回の運行は、飯山線沿線の自治体などの要望で、JR東日本が2日間限定で企画したもの。19日(土)は飯山駅(長野県飯山市)から長岡駅(新潟県長岡市)まで、20日(日)は長岡駅から飯山駅まで、C11蒸気機関車が満員の乗客を乗せた3両の客車を牽引し、晩秋の飯山線を走りました。
(写真:JR飯山線信濃平駅付近を飯山駅に向け走行するC11蒸気機関車=20日午後撮影、640×480拡大可能)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[12/11 管理人ひろさく]
[12/01 タッキー]
[11/26 管理人ひろさく]
[11/07 管理人ひろさく]
[11/06 タッキー]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]