忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

190504_1106_1_水内総社日吉大神社(長野市)
栗田城址(水内総社日吉大神社)

長野市栗田(地図)の閑静な住宅街に残る中世の平城跡。
戦国時代、城主初代栗田永寿( Wikipedia )は、武田方の将として活躍し、弘治元年(1555)の第二次川中島合戦時には、武田軍の援軍とともに旭山城に籠城。子の栗田鶴寿( Wikipedia )は甲斐善光寺別当を務めますが、天正9年(1581)、徳川家康による高天神城攻め( Wikipedia )で戦死しました。
四方を囲んだとされる土塁跡の一部が残されており、現在、水内総社日吉大神社(日吉神社)が建てられています。
(写真:城址に建つ水内総社日吉大神社=4日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 栗田町内会
  http://www.kurita-nagano.jp/


<参考資料>
水内総社日吉大神社由緒
御祭神
 大山咋命(おおやまくいのみこと)
 罔象女命(みずはのめのみこと)
配命
 天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)
 天思兼命(あめのおもかねのみこと)
 天表春命(あめのうねはるのみこと)
 天鈿女命(あめのうずめのみこと)<

190504_1106_2_水内総社日吉大神社(長野市)
水内総社日吉大神社
当社の創立は遥かなため年代は確かでありません。
平安時代の末頃からこの地は北信濃の名族村上源氏の一族である栗田氏の本貫の地でありました。栗田氏はやがて戸隠・善光寺の別当として勢威を奮うようになり、その栗田氏の氏神、守護神、として滋賀県比叡山の東麓坂本に祀られている日吉大社の御分霊を長野市岡田の地に勧請し、日吉山王として永年奉斎してまいりました。(山王の地名はこれに由来します)
甲越二雄の川中島合戦の後、栗田氏の所在は四散したので、以後栗田に住む人々が氏神としてお祀りしてきました。一方、現在のこの地は栗田氏が南北朝地代以前に築いた城跡で、元和元年(一六一五)栗田堀之内城取毀し後、栗田に住む人々の氏神(栗田権現)とし戸隠の神神(配神三体)を祀っておりました。
明治四十一年(一九〇八)に岡田の水内総社日吉大神社(日吉山王)と、別に吉原組(元戸隠領)で奉祀しておりました日之御子神(天鈿女命を祀る)をこの地に遷し、栗田大元神社(栗田権現)と三社を合祀し名称を水内総社日吉大神社として今日に至っております。
 祭日
 春季例祭 五月三日
 秋季例祭 九月二十三日
(案内板から)

<参考資料> 栗田城址
地理的環境
栗田城址は裾花扇状地の先端地域に位置し、西高東低する中洲微高地の、比較的安定した地域にある。また交通の要衝でもあった。
裾花川の支流が三方を囲む本地域は、しばしば裾花川の洪水に見舞われ、堆積を重ねて来た。この地域には裾花川支流の古川や計渇川などが、ゆるやかな段丘面を幾条にも分流し、一帯に広がる水田の灌漑用水として重要な役割を果たすと同時に、本城の水濠を満たしていた。この付近には、栗田・岡田・高田・吉田・太田などの地名が残っている。
近年、栗田城址周辺二百メートル以内、五ケ所で発掘調査は実施された。「ふれあい会館」地点では、一メートル以上の地中から多数の遺物や遺構が確認され、小銅仏・土器皿・陶磁器・石臼・石鉢・青磁香炉・北宋銭・中国産陶器などが出土している。

栗田城址(堀之内城)
190504_1103_栗田城址想定図(長野市)
栗田城址想定図
栗田氏歴代の居館跡で堀之内城とも呼ばれ、中世の平城で、地積は長野市大字栗田字東番場に在る。裾花川支流を利用し、二重の堀をめぐらした複郭式平城で、長野市では最大規模の居館跡の一つである。
現在、主郭跡には西から北にめぐり幅十一メートル、高さ九メートル、長さ四十メートルほどの築提が残されている。その位置関係から、土塁を含めた内郭範囲は百に十メートル四方前後の方形と思われる。北西隅には水内惣社日吉大神社本殿がある。
文献に栗田城が登場するのは、南北朝地代の応安三年(建徳元年・一三七〇)信濃守護上杉朝房(ともふさ)が栗田城を攻めたのがはじめであり、文明九年(一四七七)栗田氏は漆田城を攻め領域を広めている。
明治期、栗田・北中地区には、東馬場・西馬場・舞台・源太窪・北河原・舎利田・部屋田の地名や古川堰・計渇堰・前堰・本城堰・太刀打場堰などの用水名が残されている。
さかのぼること、治承四年(一一八〇)木曽義仲が結集した武士団に栗田氏が入っている。栗田城は栗田寛覚(寿永二年・一一八三没)の子、「仲国」が築城居住してから戦国時代末期(一五九八)まで続いたといわれている。

栗田氏の活躍
水戸家に伝わる「水戸栗田系図」、栗田寛覚の傍注に「栗田禅師初テ信濃国栗田郷ニ居住ス。依テ本名村上ヲ止メテ在名栗田ト号ス、同国戸隠明神別当ヲ兼ヌ」とある。この寛覚が村上氏の分家で栗田氏の祖である。
そもそも村上姓は七九九年に賜姓(しせい)され、一〇九四年に至って白川上皇に仕える殿上人(てんじょうびと)に列せられ、勅使の役を勤め院に仕えていたが、権力争いに敗れ父子兄弟が諸国に配流(はいる)された。そのうちの村上盛清が、信濃の更科郡村上郡に配流されたと考えられる。
鎌倉時代には戸隠山顕光寺(現・戸隠神社)や善光寺の別当職に就くなどして、里栗田・山栗田に分かれ善光寺平一帯に勢力を及ぼしていた。天文二十四年(一五五五)七月、第二回川中島合戦に、善光寺堂主栗田氏が「朝日の城」(現・朝日山)に入り武田方の支援を得て、ここを守り通した。この戦いの後栗田氏は武田の武将として、善光寺衆とともに甲府に移り、甲斐善光寺の別当となった。(呼称・里栗田)
武田信玄没(一五七三)後、設楽(したら)ヶ合戦(一五七五)で、織田・徳川連合軍に大敗した武田勝頼は、遠江(とおとうみ)の要である高天神城を城将岡部元信や栗田鶴寿(寛久)らに託したが、天正九年(一五八一)徳川軍に敗れ、鶴寿は城と運命を共にした。子の永寿(国時)は別当職を受け継いだ。
一方、在郷して上杉を頼った栗田氏は、豊臣秀吉の「上杉会津移封につき、申し付け状(慶長三年・一五九八)」により上杉景勝と共に会津へ移った。(呼称・山栗田)
徳川家康は関ケ原の戦い(慶長五年・一六〇〇)に勝利した。大阪方に加担した上杉景勝は一年を経ずに、会津を没収され米沢に移り栗田氏も同行した。
(栗田城址を整備する会設置の案内板から・平成二十六年)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR



長野市の長野運動公園東側にある神社(地図)。

<管理人ひとこと>
八幡神社の北東に高山氏館跡(石渡館跡)と伝わる中世の城館跡(長野市埋蔵文化財 遺跡番号 B-202)が存在。

<参考HP>
・ 長野市文化財データベース
  http://bunkazai-nagano.jp/

<参考資料> 八幡神社
八幡神社の祭神は、誉田別命(ほんだわけのみこと)である。もと曹洞宗地蔵寺の境内にあったが、天文三年(一五三四)現在地に移ったといわれている。領主石渡戸氏の氏神ともいわれている。
天正年間(一五七三~一五九二)に、字二反田にあった諏訪社(建御名方命・八坂刀売命)を八幡社に一緒にまつったといわれている。
秋祭りは体育の日、春祭りは四月吉日、七年に一度御柱祭が行われる。
八幡社の棟札には、天明七年(一七八七)神主深沢土佐正藤原直賀、大工棟梁徳永七郎右衛門や村役らの名が書かれている。
拝殿内には、文政六年(一八二三)と文政十年(一八二七)の俳句額が掲げられている。小林一茶の名もある。また、拝殿正面の彫刻は素晴らしいものである。
昭和三〇年ころまで行われていた、伊勢社や諏訪社の代参の費用は、諏訪田、伊勢田といわれている田からの収入でまかなっていた。
境内には、庚申塔・道祖神・蚕神・惣魂神などがある。惣魂社の下には、境内から出土した五輪塔が埋められている。
神社前の道は、山道と呼ばれ尾張部から三才山までの主要道路であった。
(石渡区設置の案内板から・平成十三年)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


190518_1040_平林城跡(長野市)
平林城跡(長野市平林)

長野市平林のJR東日本長野車両センター南側に残る城跡(地図)。武田二十四将のひとりである原美濃守虎胤( Wikipedia )の居城として伝わる。
(写真:平林城跡=18日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 日蓮宗 栄久山 原立寺
  http://genryuji.jp/

<参考資料> 平林城跡
町村誌によると「東西六十六間、南北五十六間、東に本丸、西に二の丸あり、その間に幅二十間の内堀、四方に十間の外堀を巡らし」と記録されております。
城主は永禄年中(一五五八年から同六九年)武田氏の将であった原美濃守の居城だったと云われており、この近くにある宝樹院には城主奥方の位牌が安置されております。
昭和初期まで、高台は畑、堀は水田で或程度城跡としての名残りがあったが、昭和十八年と昭和四十四年に国鉄(JR東日本)に買収されその形態は全て消滅してしまいました。
現在の位置は本丸への入口です。
平成九年(一九九七年)四月吉日
(案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




佐久市臼田 小満祭
開催日時:令和元年5月19日(日)
開催時間:午前9時30分頃~午後4時頃
開催場所:佐久市役所臼田支所周辺(佐久市)
※街頭パレード
 午後0時30分 キツネの嫁入り道中
※臼田支所メイン会場
 午後2時45分 キツネの嫁入り結婚式(小満太鼓)
※稲荷山 稲荷神社神楽殿「里神楽奉納」
 午前11時、午後0時、午後1時30分
参考FB:
佐久市
https://www.facebook.com/sakucitykouhoujoho/

第50回臼田工業展
開催日時:令和元年5月19日(日)
開催時間:午前9時~午後4時
開催場所:臼田館(佐久市)

<同時開催>
第73回佐久病院祭
「完成した佐久病院の再構築」~これまでと未来~
開催日時:
令和元年5月18日(土)~9日(日)
開催時間:午前8時30分~午後5時
開催場所:佐久総合病院(佐久市)
参考HP:
佐久総合病院
http://www.sakuhp.or.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




真田氏発祥の郷 信州真田
2019 御屋敷つつじ祭り
開催日時:令和元年5月19日(日)
開催時間:午前10時~午後3時
開催場所:御屋敷公園(上田市真田)
※真田自治センター(地図)から無料送迎車運行
※午前9時45分から30分間隔
参考HP:
上田市ホームページ
http://www.city.ueda.nagano.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


幸い大きな病気もせず、元気でいたオヤジやオフクロも、さすがに寄る年波みには勝てないようで、我が家ではこれまであまり考えたこなかった「介護」が現実になりました。加えて、我が家では+伯父(平成29年8月まで)の「介護」も看ることとなり、以降、生活が大きく変わることにもなりました。ここでは、現在進行中の我が家の「介護」の様子を備忘録代わりに綴っています。


令和元年5月
12日(日)
<我が家>母の日。膝の痛みで、歩行が覚束なくなったオフクロさまに、「 emoji キューピーコーワコンドロイザー 」をプレゼント。午後、量販店にて、園芸用品の「ビニールタイ」を購入。簾の下部を「ビニールタイ」を使って固定。障子の張替え作業(4枚)。
11日(土)
<我が家>午前、オフクロを歯科医院へ。午後、量販店にて簾(88cm×115cm)を数枚購入し、古くなったものと交換。障子の張替え作業(2枚)。
<オヤジ>介護施設訪問。担当者にラジカセ効果を確認しようとしましたが、不在のため不明。
5日(日)
<オヤジ>普段使っていたラジカセの様子をみたら、電源コードが断線しているのか、全く作動する気配がなかったため、少々奮発して新たに購入して持参。本人は睡眠中だったため、施設の職員さんに伝え帰宅。しばらくすればオヤジの好きな相撲も始まるので、少しは元気でるかな~と期待。
4日(土)
<オヤジ>オフクロと介護施設訪問。介護士さんのお話では、数値面には問題ないものの、以前は完食していた食事が、最近は残すようになってきたとのこと。また、ある程度は自分でできていたことができなくなり、ほぼ全介護状態になったとの説明がありました。老化によるところが多いのかもしれませんが、少し刺激もあったほうが良いのかも…と考え、使っていたラジオを持ち込むことを提案。小さくとも何か音がしていたほうが、気持ちも紛れるかもしれないということで、次回訪問時に持参することを了承していただきました。
3日(金)
<管理人>信州百名山で知られる虫倉山(長野市中条)の開山祭に参加。ひさしぶりの里山めぐりでしたが、なかなか脚が上がらず大苦戦。どうにかこうにか山頂にたどり着きました。毎日のウォーキングも少し工夫をしなくては…と感じた山行でした。

平成31年4月
<管理人>健康診断で「ひろさくさんは運動不足」との結果がでたことをうけて、6日から毎日、近所をとことこウォーキングすることにしました。しかし、ただ歩いているだけではつまらないので、何かウォーキングに役立つスマホアプリはないものか、幾つか公開されているものを調べてみたところ、「あるくと」というアプリが面白そうでしたので、早速これをダウンロードし、毎日10,000歩を目指して歩き続けることとしました。
なかなか10,000歩歩くということは難しいのですが、4月の歩数はどうにか333,463歩を確保。3ヵ月毎にチェックされる健康診断の数値に、ウォーキングがどのような効果となってあらわれるのか、(ちょこっと)期待していたいと思います。

29日(月)
<管理人>長野運動公園(長野市)発着で、長野市村山から長沼を経て赤沼までの旧北国脇街道をウォーキング。途中にある長沼城跡( Wikipedia )を散策しながら、旧街道の街並みを楽しみました。歩数は27,909歩。
28日(日)
<管理人>新日本を歩く道「小林一茶の故郷 散策の道」(上水内郡信濃町)達成。歩数は10,373歩。
7日(日)
<管理人>県議会選挙の後、新日本を歩く道「古刹を巡る善光寺参拝と、展望の道」(長野市)達成。歩数は17,700歩。

平成31年1月
8日(火)
<伯父>業者さんによる搬出作業。2t車×2で、作業員さん2名で対応。午前9時から始まり、午後1時に終了。ものの見事に部屋の残物がなくなりました。
5日(土)
<伯父>業者さんから搬出当日の時間について連絡あり。
<我が家>業者主催の新年会に参加。
3日(木)
<我が家>正月休みのなか、電気工事店のおじさんにお願いして修理していただく。ブレーカーと接続した電線間に何等かの理由で接触不良が発生し、そこから火花が飛んだのではないか…とのこと。スイッチは破損したのではなく、燃えて溶けており、まさに漏電の一歩手前。火花が宅内に配線されている電線の覆いに着火すると、瞬く間に火が拡がるそうで、深夜にこれが起こると火災が発生して逃げられない場合がある、とのことでした。埃も溜まっていたので、そうしたことももしかしたら原因になっていたのかもしれません。危ういところで助かりました。
2日(水)
<我が家>トイレ・風呂場エリアが停電。サービスブレーカーを確認すると、幾つかあるブレーカーのスイッチのひとつが破損し、銅線がむき出しに。数日前からなんとなく焦げ臭い臭いがしていましたが、ここが原因であることが判明。夜遅くだったため、知り合いの電気工事店への連絡は明日に。

<我が家の近況>昨年2月、我が家のオフクロさまが入院するできごとがあり、その際のベット生活が災いしたのか、足の筋肉が弱り、自力で歩くことが難しくなってしまいました。リハビリを続けていますが、高齢でもあり、回復するには奇跡が起きるか、相当の時間を必要で、現在、屋外では杖かシルバーカーを頼り、屋内ではひたすら這っての移動となっています。健康には自信があったオフクロさまでしたので、入院以降、動かなくなった脚をことあるごとに嘆くようになり、また、健康への自信がなくなったのか、不安をいつも抱えているような状態となってしまいました。
そのようなわけで、管理人ひろさくの生活パターンも変え、平日はよほどの用事がない限り、自宅に直行帰宅。土日曜日は連れ出して買い物には出かけるものの、単独でカメラ片手に出かけるということはほとんどなくなりました。昨年のブログを見ても、ちょこっと自宅周辺をめぐるだけで、里山めぐりも三登山1か所だけでした…。

おそらく、今年も同じような状況で1年が過ぎるのでしょうけれど、両親ともにボケもなく元気なのが幸い。大きなことはできませんが、自分ができる範囲でこれからもお手伝いをしていこうかな、と思っています。

 
ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




山岳フェスタ 2019
開催日時:
令和元年5月18日(土)~19日(日)
開催時間:午前10時~午後5時
開催場所:
安曇野スイス村サンモリッツ(安曇野市)
参考HP:
安曇野市ホームページ
http://www.city.azumino.nagano.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




富士見駅前おさんぽフリーマーケット
開催日時:令和元年5月12日(日)
開催時間:午前11時~午後3時
開催場所:
八十二銀行富士見支店第二駐車場他
参考HP:
ふじみえきまえ通りおかみさんの会
https://www.facebook.com/fujimiekimaeokami/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




エコプロ 2019
開催日時:
令和元年12月5日(木)~7日(土)
開催時間:午前10時~午後5時
開催場所:東京ビックサイト西・南ホール
<同時開催>
 社会インフラテック 2019
 気候変動・災害対策 Biz 2019
参考HP:
エコプロ 2019
http://eco-pro.com


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




インバウンド・観光ビジネス総合展 2019
開催日時:
令和元年10月24日(木)~25日(金)
※業界関係者向け商談会
開催時間:午前10時~午後5時
開催場所:インテックス大阪
参考HP:
https://messe.nikkei.co.jp/ib/

ツーリズムEXPOジャパン 2019 大阪・関西
開催日時:
令和元年10月24日(木)~27日(日)
開催時間:
26日 午前10時~午後6時
27日 午前10時~午後5時
開催場所:インテックス大阪
参考HP:
ツーリズムEXPOジャパン 2019 大阪・関西
https://www.t-expo.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




森の中のクラフトフェア 2019
開催日時:
令和元年5月18日(土)~19日(日)
開催時間:
18日 午前10時~午後5時
19日 午前9時~午後4時
開催場所:須坂アートパーク(須坂市)
参考HP:
森の中のクラフトフェア 2019
http://www.culture-suzaka.or.jp/smcf/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


平成29年8月に亡くなった伯父の遺品を整理していたところ、鍋屋田国民學校(鍋屋田小学校)に通っていた頃に行われた遠足のしおりが見つかりました。それによれば、尋常科5年生の昭和16年(1941)6月は一泊二日で長野市戸隠に、尋常科6年生の昭和17年(1942)は直江津方面へ修學旅行、高等科1年生の昭和18年(1943)7月には万座温泉・草津白根山へ「鍛錬遠足」にでかけていたようでした。
謄写版(がり版刷り)印刷ではあるものの、当時の先生方のとても几帳面な文字にはそれだけでも驚かされるのですが、更に驚かされるのはその内容で、当時としては普通でも、今ではびっくりするような行程での遠足が行われていたことでした。
今回、こうした資料が我が家で埋もれてしまうのもどうかと思い、3回に分けて、当時の子供たちの遠足の様子を紹介してみたいと思います。最終回の3回目は高等科第1学年生時に出かけた万座温泉への鍛錬遠足について。変換できない漢字も多々ありますので、それについては現在の文字で表記してありますのでご了承ください。

「戦前の遠足」その参~鍋屋田国民學校高等科
鍛錬遠足
日程 
七月八日(木)
學校集合午前六時十分、権堂駅發六時四十七分(須坂駅マデ電車)
須坂(十三粁 三時間)-山田温泉(十二粁 三時間四十分)-萬座峠(二粁 三十分)-萬座温泉 萬座温泉着午後五時頃ノ予定、宿泊、
七月九日(金)
萬座温泉發午前六時三十分
萬座温泉(四粁 一時間三〇分)-白根山(六粁 二時間)-横手山(五粁 一時間三〇分)-熊の湯(十二粁 三時間)-湯田中(午後六時頃着の予定)
湯田中駅發午後六時四十八分、権堂駅着午後七時五十五分。駅前にて解散。

須坂町(上高井郡)
上高井郡の中心地で善光寺平の東北隅に位し 人口二万、岡谷市に次いで縣した第二の製糸工業の盛んな所である。
須坂町を出て山田温泉へ向ふ十三粁は平たんな田圃道である。所々に髙い柱を立ててホップを栽培してゐるのが見られる。(後に記載してある植物の図参照) ホップについて少し説明すれば ヨーロッパ、アメリカ及び西部アジアに産する蔓性の多年生草木にして長さ三米に及ぶものあり、葉は卵形にして三乃至□(※不明)分裂す、花は單性にして帯黄緑色を呈し 雌雄異株に生ず。果□(※不明)一見松の毯果の如し、果実は苦味質と揮発油とを有するを以て胃剤とし、また麦鮭(ビール)に苦味と芳香とを附するに用ひる。ホップの産額は我が長野縣は全国に於ても屈指の産額を示し 特に高井の地方は縣した第一の栽培地である。

高井橋
山田温泉の直ぐ手前、松川の渓流にかけられた橋で、名の如く「高い橋」である、この橋を渡れば山田温泉がすぐ見える。

山田温泉(上高井郡山田村)
元應元年(後醍醐天皇、紀元一九七九年)の發見と傳へ、後元和元年(後水尾天皇、紀元二二七五年)福島正則(豊臣秀吉の家來)が徳川氏のために信州の高井郡に封ぜられてから、正則の盡力によってこの温泉が漸次開発されたといはれてゐる。松川を脚下に控へ三方山に圍まれにしの一方は遠く善光寺平を望み、夏は気温低く避暑にも適し長野地方の人々に親しまれてゐる温泉である。須坂より乗合自動車の便がある。

五色温泉(上高井郡山田村 海抜一一三〇米)
七味温泉(上高井郡高井村 海抜一一一八米)
両温泉とも松川の流に沿ひ、附近一帯の濶葉樹林に圍まれ静かな山間の小温泉場である。

萬座峠(長野、群馬の縣境 海抜一八二七米)
七味温泉を過ぎてから山道は次第に上りになり本日第一の難関の萬座峠にかゝるのである。深い渓谷の美を味はひながら一歩々々上る傍には平地では見られない美しい高山植物が澤山目につく。そのうちの主なるものは次のようなものである。図と比べて名をおぼえなさい。
※イスシデ・クマシデ・ホップ・ガミ・ゴゼンタチバナ・コケモモ・マヒヅルサウ・ナナカマド・ドウダンツツジ・シャウジャウバカマ・サギスゲ・ツマトリサウ・ツリガネツツジ
又峠の上り道には一面に熊笹の枯れてゐるのが見られる。熊笹は花が咲くと枯れてしまふのであるが、今年あたりでも枯れた笹の中に花の咲いたのが少し見られる。
峠の頂上は見晴らしがよく 西方には笹ヶ岳(二〇七五・八) 御飯岳(二一六〇・二)を望み 東南には遠く浅間山の噴煙を見ることが出來る。ここから愈々上州(群馬縣)に入るのであるが、萬座温泉まではここから約一粁で達する。峠から少し下れば 明日登る白根山がどっしりとした姿をして正面に聳えてゐる。

萬座温泉(群馬縣吾妻郡嬬恋村 海抜一五五五米)
日本に於ける有數の高山温泉である。温泉は砒素含有酸性明礬泉、酸性泉、緑礬泉で姥湯(うばゆ)、苦湯(にがゆ)、塩湯などの源泉があり、胃腸病に特効があり、婦人病、脳病、皮膚病、リユウマチスなどにも効くといふ。豊國館、日新館、常磐屋の湯屋があり、我等は豊國館に宿泊する。

白根山(一に草津白根ともいふ 海抜二一〇二米)
噴火口に直徑四〇〇米でその活動は有史以前のことである、其後火口の中に爆裂火口が三個出來、中央を湯釜ととなへ 明治十一年に出來たもので酸性の熱水をたゝへ、北の隅に硫気孔が数個あって水蒸気と瓦斯を噴出してゐる。湯釜の西部の火口壁上には硫黄を混ずる泥土が堆積してゐて、今盛にそれを掘ってゐる。湯釜の西に涸釜(カレガマ)、東にあるのが水釜といふ。
この火山は明治年間よりしばしば活動した。山頂の南に多くの爆裂火口があり、そのうち最大なものが二個隣接して弓形をなして水をたゝへてゐるものがある。これを弓池といふ。
「◎爆裂式噴火とは火山瓦斯或は水蒸気の急激な爆発的逸出をともなふ噴火現象をいふ。現在の活火山は大部分此型の噴火をなす。」
萬座方面より上れば 針葉樹の森林帯を抜け出て立枯の喬木多き焼野を進み 右に弓池を見て進めば 硫黄採取の小屋に出る。それより二百米北へ進めば火口壁の西頂に達する。ここから涸釜が見下される。それより東北に向ひ壁上を辿って行けば 左に一段低く湯釜が見下され、更に進めば火口壁上の東端に達する。ここは白根山の最高点で水釜が左方直下に見える。
山上の展望は廣く、北には近く岩菅山に対し、東には群馬縣北部の諸山の波涛の如く起伏するかなたに日光白根を望み、東南には裾野の美しき赤城山及び群峯の□□(※不明)する榛名山を眺め、近くに本白根山、四阿山を見、遠く浅間山の噴煙が仰がれる。更に西方は日本アルプスの雄大なる山列に対し、西南には蓼科火山が見える。
白根山地方では硫黄の採掘が行はれ、昭和十年頃の産額を見ると小串鑛山は約一万九千トンで内地第三であった。

芳ヶ平(海抜一八三一米)
白根山より東北へ下ること約二粁、立枯の喬木(明治初年の爆裂噴火の以前は山全体が針葉樹の密林であったが、噴火の折、降灰と噴出瓦斯のために數百町歩の密林が枯死し、今に立枯れたまゝ森林んをなして奇観を呈してゐる。)の間を過ぎて 湿地帯の低地に出る。ここが芳ヶ平で ここより白根山登山道、渋峠道、草津温泉道へと三方に道が分かれてゐる。古來より有名な草津温泉はここから東南へ約八粁で達する。この辺には高山植物「ナナカマド」が多く 又湿地帯には「ヤマボウシ」が一面に白く咲いてゐる。

澁峠(海抜二一七二米)
芳ヶ平より北西へ進み、横手山(二三〇四・九)の中腹を通って熊の湯へ向ふ上信國境がこの峠である。眺望はあまりよくはないが峠の中腹より上州の草津の町が見られる。「イハカガミ」の群落が美しい。
峠の頂上を信州の方へ下ってクマの湯へ向ふ途中の横手山の断崖は素晴らしい眺である。松川の流をはるか下に見て、西方に笠ヶ岳を望み 遠く四阿山を仰ぐことが出來る。

熊の湯(下高井郡平穏村 海抜一七〇〇米)
渋峠から火山岩の露出した石ばかりの道を下ること約三粁で熊の湯へつく。笠ヶ岳の麓にある温泉で佐久間象山先生の発見といはれてゐる。硫黄泉で静かな山間の小温泉である。

志賀高原
熊の湯温泉の東北にある志賀山(二〇三五)を中心として東は大沼池、西は琵琶池に至る一帯の地をいふ。森林、岩石、渓谷、湖沼、温泉等あらゆる景勝の要素を備へ、夏はキャンプ場として 冬はスキー場として近年微かに世に知られて來た。
我々の通るところには大小澤山の池があり 紺靑の水面の周圍の喬木のうつる美しい景色を見ながら進むのである。熊の湯に近い方から木戸池、三角池、小池、長池、丸池をあって、丸池の東の高台に観光ホテルの美しい建物が見られる。丸池を過ぎて橋を渡って右手に琵琶池が見られる。

幕岩
熊の湯から少し下ると前方角間川の上流に 蜂の巢をたゝきつぶしたやうな一枚岩の奇岩が聳立してゐる。これを幕岩とよんでゐる。岩の下に幕岩滝があり、この辺には岩燕がたくさん飛んでゐる。
丸池から湯田中まで乗合自動車の便がある。我等は健脚を以て近道(波坂といふ)を上林温泉まで下るのである。
上林から澁・安代・湯田中と上高井郡(※下高井郡)平穏村の温泉町を通るのであるが、平穏村は大変温泉の多い村で前にあった熊の湯、発哺(岩菅山の麓)、地獄谷と約七つの有名な温泉がある。

湯田中の百尺観音
安代と湯田中の間に近年出來た百尺観音といはれる大佛がある。緑濃き山を背景にして温泉街を眼下に見下して立っておられる姿は、はじめて拜する我等の眼を驚かすことであらう。

諸注意
○凡そ各班毎に一單位となって行動せよ。
○決して自分勝手の行動をせぬこと。
一人の不始末なる行動によって全体の動きに支障を來すやうなことをしてはならぬ。自分一人は團体の一人なることを常に自覺して慎重なる思慮の下に行動せよ。
○歩行上の注意
一、路傍の草木は先生の許可のあるまで勝手に取ってはならぬ。
二、無断で列を崩れぬこと。又前の歩行者との間を常に注意しておくれぬやうにせよ。
三、急坂にかゝったならば一歩一歩地上を注視しながらゆっくり上り、おくれたからといって飛んではならぬ。特に白根山の火口附近、澁峠より熊の湯へ下る處はよく注意して先生の命令に從って慎重に行動せよ。
四、休憩の時は直ちに地上に腰を下し、リュックサックをとって休むこと
五、常に整然と歩行することは 團体全部の気持を始終緊張させ 且歩行時間を節約することが出來るものである
六、電車の乗り降りには特に注意し、決して先を爭ってはならぬ。
○宿泊所に於ける注意
1、家の中は絶対に飛んで歩かないやうにせよ。宿には病気療養のために來てゐる浴客が居るから、喧騒にならないやうに気をつけよ。
2、先生の許可なく外出したり、入浴してはならぬ。
3、便所の使用は特に注意し、汚して他の人に迷惑をかけるな。
4、各自の持物は凡てリュックサックに入れてよく始末しておく。
5、就寝、起床の時刻をよく守り、明日の行軍に疲れぬやう十分熟睡のこと。
持参品
○衣類
1、腹巻(又ハその代用となるもの)
2、女子は寝衣(單衣か その他適当なもの)
3、着換への冬シャツ一、なほ夏シャツを一枚持てれば持った方がよい。
○食料品
1、第一日目の食糧は普通の遠足の時のくらゐでよい。第二日目の晝食は温泉宿よりいただく分では稍々不足するし、湯田中着が少しおそくなるから適当に持参すること。なほ食糧の補充は代用食にても結構である。
2、糖分を必要とするから、砂糖を少量持参してもよい。菓子は不可。
3、胡瓜を二本位なら持って行ってもよい。
4、味噌は体力をつけるものであるから、持って行けたら少し持った方がよい。
○其の他
手拭、雨具、鼻紙、新聞紙(二、三枚) 草鞋の者は補充に一足。薬品は学校で用意するも 平常用ひてゐるものは持参してもよい。水筒は必ず持参。もしなければ適当な瓶でもよひ。

<管理人ひとこと>
須坂駅から山田温泉・万座峠を越えて万座温泉に至るルートを歩くとは凄すぎる…。しおりには、女子向けの記載もあるから、歩いていったのかもしれませんね。戦時中は子供たちも大変だったことがわかります。病弱だった伯父さんも参加したのかどうか、生前に聞いておけばよかったな…。


 「戦前の遠足」その参~鍋屋田国民學校高等科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3125/
 「戦前の遠足」その弐~鍋屋田国民學校尋常科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3124/
 「戦前の遠足」その壱~鍋屋田国民學校尋常科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3123/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


190506_直江津方面修学旅行から髙田・直江津周辺地図
直江津方面地図
(旅行案内から)
平成29年8月に亡くなった伯父の遺品を整理していたところ、鍋屋田国民學校(鍋屋田小学校)に通っていた頃に行われた遠足のしおりが見つかりました。それによれば、尋常科5年生の昭和16年(1941)6月は一泊二日で長野市戸隠に、尋常科6年生の昭和17年(1942)は直江津方面へ修學旅行、高等科1年生の昭和18年(1943)7月には万座温泉・草津白根山へ「鍛錬遠足」にでかけていたようでした。
謄写版(がり版刷り)印刷ではあるものの、当時の先生方のとても几帳面な文字にはそれだけでも驚かされるのですが、更に驚かされるのはその内容で、当時としては普通でも、今ではびっくりするような行程での遠足が行われていたことでした。
今回、こうした資料が我が家で埋もれてしまうのもどうかと思い、3回に分けて、当時の子供たちの遠足の様子を紹介してみたいと思います。2回目は尋常科第6学年生時に出かけたという新潟県直江津周辺を歩いた修學旅行。変換できない漢字も多々ありますので、それについては現在の文字で表記してありますのでご了承ください。

「戦前の遠足」その弐~鍋屋田国民學校尋常科
昭和十七年度 直江津方面修學旅行案内
日程 
十月二十三日 金
七時半学校集合-八時三十六分長野駅發乗車-十時三十七分春日山駅着下車-十二時春日山城阯着晝食-春日山神社-林泉寺-小丸山別院-五智國分寺-十六時わくら樓着宿泊
※注:「わくら樓」は新潟県上越市にあった割烹旅館で、現在は介護老人福祉施設和久楽になっているようです。
十月二十四日 土
八時旅館出發-水族館-直江津町-十三時十六分直江津駅發乗車-十五時十五分長野駅着下車-開散

長野
汽笛一聲 汽車は市内をぬけ稻田の中を走る。放送局のアンテナが二本目立って見える。

吉田
若槻陸軍療養所はこゝで下車して行く。駅の傍に北信一帯に配電する長野電氣株式會社の本社がある。この附近から豊野辺にかけて林檎畑が散在する。長沼村は特にその産地として知られている。

豊野
飯山鉄道の起点 この鉄道は 飯山・新潟縣十日町を経て 上越線に連絡する。正受庵・平隠温泉・志賀高原・野沢温泉がこの沿線にある。豊野は林檎の集散地であり 出荷の林檎が 駅の構内に積まれている。豊野駅を出た汽車はしばらく飯山線と並行して進むが やがて大きく左に廻り 鳥居川に沿って山間を上って行く。急な傾斜で鳥居川に迫る山々は美しく紅葉して 川のほとりの僅かの空地に苦勞して作られた段々の稲田をつつんでゐる。

牟礼
山間の小駅である。沿線には針葉樹林が目立ってくる。やがて鳥居川は右から左へうつり トンネルを二つくぐると古間駅となる。

古間
この辺一帯は鎌の産地で知られてゐる。汽車は 飯綱・黒姫の山麓の高原をすゝむ。晴天の時は この兩山が大きく裾をひいて左窓に見える。向って左が飯綱 右が黒姫である。既に右側にうつった鳥居川は川幅も狭くなり この駅を出てしばらくすると再び左へうつるが 汽車はこゝでこの川とお別れする。鳥居川の上流は 戸隠牧場を流れる御手洗(みたらし)川であり 下流は千曲川へ入る。

柏原
四年生の時來た所であり。一茶の生地であり 近くに野尻湖がある。汽車は黒姫山麓をすゝむ。附近の陰田は刈取がすみ 林の中には白樺の幹が見える。山峡に入ると同時に下りになり 矢の様な速さで雪除トンネルをくぐると 右側に發電所がある。これは野尻湖の水を落として發電してゐるものである。左側にも發電所があるが、この水源は関川である。山峡を出ると左にその関川がある。この川は鳥居川とは逆の方向に流れてゐることに氣づく。関川を渡ると 新潟縣となり やがて田口駅に着く。関川と鳥居川との分水嶺は柏原駅附近であることがわかる。

田口
駅の傍に信越窒素株式會社の大きな工場がある。駅の北西には赤倉温泉・池ノ平温泉がある。その附近はスキー場として名高い。積雪量は 三、四米ほどである。駅を出てしばらくすると 左側に小さな瀧がある。汽車は関川の深い谷を右手に見下して頚城平野に向って走り下る。途中二つの雪除トンネルがあり 之を出ると 右側に發電所がある。これは柏原駅を出て間もなく右に見えた發電所の水を再びこゝで落して發電してゐるものである。関山駅近くになると漸く視野が開ける。関川の下流は荒川といはれ直江津の海にはいる。

関山
駅のはるか南西に関温泉・燕温泉がある。汽車はこの駅で停車した後雪除トンネルの中を逆行して再び進路をとる。(この仕掛は勾配の急な所にある駅に設けられるものでスイッチバックといはれる。) 左は一帯の防雪林である。雪が多いことは この辺の家の造りによってもわかる。汽車の左窓からは遠く裾をひく妙高山の雄姿を見ることが出來る。妙高は 飯綱・戸隠・黒姫等 富士火山脈北端の火山群の主峯で 髙さは二四四六米であり 二重式火山である、徐行して雪除トンネルに入ると二本木駅である。

二本木
駅の傍に日本曹達株式會社二本木工場がある。最近は仕事が大きくなり寄宿舎がいくつも新しく造られて並んでゐる。やがて新井に近づくにしたがって 右方に頚城平野が開けてくる。

新井
駅を出ると左に大きな工場がある。汽車は廣々とした稲田の中をすゝむ。刈取られた□(※不明)に 田の畔に立ってゐる榛(はん)の木に棒を渡し そこにかけて干されてある。以前はこの辺でとれた米は越後米といはれて信州にはいってきた。荒川の支流の鉄橋を渡ると脇野田駅になる。

脇野田
見渡すかぎり稻田が續き 林にかこまれた民家がそここゝに見える。汽車が高田のまちにはいる手前左側に練兵場がある。

髙田
髙田市は人口三万 荒川の岸にあって頚城平野の中心をなし 米の集散地である。「雪の髙田」といはれる程雪の深い所で 道路をうづめる大雪は屋根の髙さにとどき 晝も室内は電燈をつけなければならないし 通りをはさんだ向かひの家とはトンネルをつくって徃來する。市の西方の金谷山は 今から約三十年前我が國で初めてスキーが行はれたところである。駅の東方一粁の所に髙田城趾がある。市内には東部第六十七部隊・第六十五部隊・師範学校・中学校・女学校がある。

春日山
稻田の中にある小さな駅である。往きにはこゝで下車する。

直江津

春日山城趾・春日山神社・林泉寺
曲りくねった山道を上って峯近くなると 松の梢越しに海が見える。城趾は南西に山を廻らし、北は日本海に面し、南東は附近一帯の平野を見下すことが出来る要害の地で 上杉謙信が居城とした所である。頂上は當時の本丸である。春日山神社には謙信を祀ってある。林泉寺は長尾氏の菩提寺である。此處は 謙信 幼時の學修所であり 又謙信の墓や川中島戦死者供養塔もこゝにある。謙信がかいた「春日山」「第一義」の額や 自畫像・川中島の戰で信玄に斬りつけた小豆長光の刀が寺宝となってゐる。

小丸山別院
親鸞上人が五年程居られた所で土地の人々を教へ導いた。親鸞□□(※不明)を改めたのは その頃といはれてゐる。

五智國分寺
聖武天皇の御代につくられたものであるが 今の建物は三百年程前に再建されたものである。紅葉し初めた杜の中に五智如來を安置した本堂や三重の塔が仰がれる。

水族館
國分寺のすぐ傍にある。規模は大きいものではないが 珍しい魚が美しい光を放って泳いでゐる。魚の種類は季節によってもちがふが 現在は なみあら・ぼうじゃうざめ・いそふぐ・とらふぐ・さばふぐ・こだひ・しまだひ・こち・うまづらはぎ・せんだひ・ぶり・まだひ・あかえび・すずき・くろだひ・はも・あわもちせいかい・わたりがに・おこぜ・きす・べな・さざゑ・等を見ることが出來る。

五智附近の海岸(名古の浦)
國分寺から松並木を通って宿泊旅館わくら樓に着く。こゝは切立った様な崖の上に立つ旅館で崖下には海水が迫っている。こゝに立って海を見ると 左方には崖がつづき 右方はなだらかな砂山が直江津まで續いてゐる。左方のものは段丘といって 海水に浸蝕されて出來たものであり 右方のものは風の作用で出來たものである。砂丘には幹の黒い磯馴(そなれ)松が植ゑられているが 不思議に皆海とは反対の方向に傾いてゐる。
波の静かな日であれば 波打ぎは行って波とたはむれたり 海水をなめてみたりするのも面白い。波のため永い年月すりへらされ角のない滑らかな小石に混って貝殻があり 又 あをさ・もづく・ほんだはら等の海藻が波に打ち上げられてゐることもある。この辺の海ではたひ・いか・いわし・さば等がとれる。なぎの日には 漁船を見つけることも出來るし 又 暗い会場に点々と漁火をみることも出來る。この海では潮の満干はそれ程多くない。海岸には鷗がゆるやかに飛んでゐる。夕方になると 水平線の彼方に 赤い大きい日が沈む。

佐渡ヶ島
直江津から三十八浬離れて居り 汽船で約四時間かゝる。島は東西五一粁 南北一0二粁 周囲凡そ二一一粁 面積八九〇平方粁 人口十一万 新潟縣に属してゐる。天氣の様子によって 遠く之を海上に臨むことが出來る。昔は しまながしの土地となってゐで 順徳上皇をはじめ奉り 日蓮上人 日野資朝等多くの悲話がある。

直江津町
人口約一万四千 荒川の河口にある港町 信越線と北陸線との連絡するところである。港は設備が乏しく良港とはいへないが 沿岸を通る船には大切な港である。北海道方面から 石炭・海産物を積んだ船がこの港に入って陸揚される。佐渡の小木港との間には定期船の便がある。

注意
一、出發の前
○持物 支度等は前日に用意し持物には氏名をかいておくこと。 ○出發の朝になって急に行かれなくなった場合は 必ず七時半までに知らせること。
一、持物・服装
○雨具・水筒・旅行案内・鉛筆・着更・手拭・はな紙・歯ブラシ・櫛(女子)・弁當(翌日の分も少し 之は代用食でもよい) 林檎ニケ 菓子又は飴少量 ○服装は質素で身輕なもの 履物はズック又はわらじ 脚袢(あるものだけ)
一、汽車
○乗り降りは 必ず汽車が止まってからにし あわてずに先生の指図にしたがふこと ○窓から顔や手を出さないこと ○汽車に酔ひさうになったら先生に知らせること ○車中で座席を離れて歩いたり 勝手に物を食ひ散らしたり 騒いだりしないで 窓からよく見学すること ○デッキには出ないこと ○降りるときには一停車場前位で用意し 忘れ物のない様にすること
一、見學
○先生の指図にしたがって規律正しくし 自分勝手のことをしないこと ○休んだ所では紙屑や食残り等を散らさないこと ○殊に水族館では水槽のガラスや壁にさわらないこと
一、宿泊
○はき物をそろへてよく始末すること ○自分の持ち物は一しょにまとめておくこと ○食事はしづかにし 不作法なことのない様にすること ○さわがずによく眠ること ○便所をよごさぬこと 又出發前に用便しておくこと ○夜は外に出ないこと ○先生の指図で行く以外は海岸に行かないこと ○宿の庭と海岸との間は 崖になってゐるから 充分に氣をつけること ○各班はいつもまとまった行動をとること


 「戦前の遠足」その参~鍋屋田国民學校高等科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3125/
 「戦前の遠足」その弐~鍋屋田国民學校尋常科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3124/
 「戦前の遠足」その壱~鍋屋田国民學校尋常科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3123/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


平成29年8月に亡くなった伯父の遺品を整理していたところ、鍋屋田国民學校(鍋屋田小学校)に通っていた頃に行われた遠足のしおりが見つかりました。それによれば、尋常科5年生の昭和16年(1941)6月は一泊二日で長野市戸隠に、尋常科6年生の昭和17年(1942)は直江津方面へ修學旅行、高等科1年生の昭和18年(1943)7月には万座温泉・草津白根山へ「鍛錬遠足」にでかけていたようでした。
謄写版(がり版刷り)印刷ではあるものの、当時の先生方のとても几帳面な文字にはそれだけでも驚かされるのですが、更に驚かされるのはその内容で、当時としては普通でも、今ではびっくりするような行程での遠足が行われていたことでした。
今回、こうした資料が我が家で埋もれてしまうのもどうかと思い、3回に分けて、当時の子供たちの遠足の様子を紹介してみたいと思います。1回目は尋常科第5学年生時に出かけたという「戸隠」。変換できない漢字も多々ありますので、それについては現在の文字で表記してありますのでご了承ください。

「戦前の遠足」その壱~鍋屋田国民學校尋常科
戸隠
行程 
第一日 六月五日 木曜日
午前六時學校出發-七曲り-荒安-大座坊子池-一の鳥居(十一時着)-大久保の茶屋-宝光社(二時着)-日の御子神社-貯水池-中社(四時着)
中社 神原・宮澤兩氏宅へ分宿
第二日 六月六日 金曜日
午前七時出發-小鳥の森-奥社(八時着)-中社-一の鳥居(十二時着)-學校(五時着)
解散

戸隠神社
奥社・九頭龍(くづりう)社・中社・宝光社・日の御子社を總稱して戸隠神社といふ。
一、奥社 祭神 天手刀雄命(あめのたぢからをのみこと) 第八代孝元天皇紀元四百五十一年天手力雄命の子孫が西の方の國から遠く信濃の戸隠に來て命ををこゝにお祀りした。
二、九頭龍社 祭神 九頭龍大神(おほがみ) 天手力雄命の子孫が戸隠に來た時、九頭龍大神の子孫は既に此の地に住んでその祖先を祀ってゐたが喜んで迎へ從った。奥社の向って左にあるのがこの社である。社殿は岩窟に通じてゐる。九頭龍大神は水の神・地主の神・五穀の神として崇められ、雨乞ひ・川除けなどの信仰がある。
其の後第六十二代村上天皇の天暦二年紀元一六〇八年天思兼命(あめのおもひかねのみこと)とその子天表春命(あめのうはばるのみこと)の子孫が伊那の方から來てその祖先の二柱の神を奥社に合はせ祀ったが後この二神は中社・宝光社となって分け祀られた。
三、寶光社 祭神 天表春命 第七〇代後冷泉天皇の康平元年紀元一七一八年奥社の南四十八町の所に天表春命を分け祀った。
四、中社 祭神 天思兼命 宝光社が分かれてから四十年程たった第七十三代堀河天皇の寛治元年紀元一七四七年奥社と宝光社の中間に天思兼命を分け祀った。
五、日の御子神社 祭神 天宇受女命(あめのうずめのみこと) 中社と宝光社との中間にある神社である。
○一の鳥居 大座坊子池からさらにすゝんで飯綱山の裾野を上りつめた所に大きな鳥居がある。戸隠神社第一鳥居である。この辺はなだらかに起伏する原がつづき景色がよい。
○宝光社附近 この辺の畑はそば・あさなどが作られでゐる。
○中社附近 中社の部洛入口の右側には大きな貯水池がある。これは長野市へ引いている水道の水源地である。 
中社前の廣場に二本 中社北の檀上に一本 合はせて三本の杉は戸隠山御神木三本杉として有名である。この木は今から二千百餘年前天手刀雄の命の子孫阿智の祝(はふり)が御神木として此の地に植ゑたものだともいはれる。
中社から奥社へ行く途中一帯の林はラヂオ放送でよく知られてゐる小鳥の森である。早朝この辺に行くと うぐひす・かっこう・ほとゝぎす其の他多くの小鳥の美しい音(ね)が聞かれる。
○奥社附近 奥社附近の原は 昔は一面の湖であったといふ。今もその名殘がある。
御手洗川の石橋を渡って 小さな鳥居をくぐり晝も薄暗い杉並木の長い參道をすゝむと 赤塗りの随神門がある。ここを過ぎると道は少し上りになり やがて渓流に沿って行くと奥社になる。八方睨(はっぽうにらみ)といはれる高峯で こゝへ登る途中には蟻の塔渡りの難所がある。奥社の近くには戸隠牧場がある。

持物
雨具(油神のやうなものでもいゝ) 夜着(女子だけ) 辨當(翌日の分も少し用意する) 水筒・手拭・新聞紙二枚・ちり紙・櫛(女子だけ) 歯ブラシ 草履(草鞋で行く人はこれを持って行くと都合はいゝ) 腹巻(又はこれに代るもの) 着替の下着1枚(なるべく冬物) こまごましたものは風呂敷又は袋にまとめて入れておくと都合がいゝ。持物には出來るだけ名前を記入しておく 服装は輕装(夏着) 草鞋・脚胖は山路には適する

注意
○宿泊について
1.夕食は六時頃。入浴はこの前後。就寝八時。起床五時。
2.自分の荷物 持物はきちんと整理しておく。ズック・靴下・手拭等は殊に氣をつける。又他人のものを使ってはいけない。
3.宿所の庭や附近の作物などをいためない。
4.遊ぶ場合にも遠くへは行かない。必ず三人以上で行く。
5.便所をよごさない。前夜又は翌朝必ず用便しておく。
6.就寝の際はおとなしくする。
7.朝は起床の合圖のあるまで眼がさめてゐても騒がない。
○道中について
1.木を折らない 2.列をみださない 3.休憩の時は必ず越を下して休む。 4.紙屑その他をちらかさない 5.水筒の水以外はなるべく飲まない 6.宝光社・中社の石段には氣をつける
○其の他
1.出發の朝になって急に行けなくなったものは、午前六時までに申し出る。
2.特に物品を新調しない。
3.學校で用意する以外の副食物は持参しない。


 「戦前の遠足」その参~鍋屋田国民學校高等科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3125/
 「戦前の遠足」その弐~鍋屋田国民學校尋常科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3124/
 「戦前の遠足」その壱~鍋屋田国民學校尋常科
  http://wingclub.blog.shinobi.jp/Entry/3123/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




上信越高原国立公園制定70周年
健歩巡礼 湯道 百体観音めぐり
開催日時:令和元年5月18日(土)
開催時間:
 午前8時(集合)~午後3時15分(到着)
開催場所:滋野神社向かい駐車場(東御市)
そのほか:
 滋野神社(東御市)→鹿沢温泉(群馬県)
 歩程14km、最大高低差1010m、健脚向け
 鹿沢温泉から滋野神社に戻るバスあり
 募集締切 令和1年5月14日(火)
 募集定員 20名(先着順)
 参加費 1500円(当日現金徴収)
 詳細は信州とうみ観光協会ホームページ参照
参考HP:
信州とうみ観光協会
http://tomikan.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[01/09 管理人ひろさく]
[01/07 タッキー]
[10/20 管理人ひろさく]
[10/16 タッキー]
[06/03 タッキー]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]