忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。
Click 県内の話題をチェック >>> にほんブログ村 長野情報



141018_1520_県道上越飯山線(光ヶ原牧場)

長野・新潟県道95号線(主要地方道上越飯山線)を、長野県飯山市温井から新潟県上越市板倉区まで、道中にある景勝地の秋を訪ねながら車を走らせてみました。
(写真:主要地方道上越飯山線沿線の秋=18日午後、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ なべくら高原 森の家
  http://www.nabekura.net/


関田山脈周辺の秋を訪ねて
大神楽展望台周辺
141018_1416_県道上越飯山線(関田峠) 141018_1415_県道上越飯山線(関田峠)
141018_1425_県道上越飯山線(関田峠) 141018_1424_県道上越飯山線(関田峠)
鍋倉高原 茶屋池~関田峠
141018_1430_県道上越飯山線(関田峠・茶屋池) 141018_1434_県道上越飯山線(関田峠・茶屋池)
141018_1442_県道上越飯山線(関田峠・茶屋池) 141018_1436_県道上越飯山線(関田峠・茶屋池)
141018_1435_1_県道上越飯山線(関田峠・茶屋池) 141018_1435_2_県道上越飯山線(関田峠・茶屋池)
141018_1446_w_県道上越飯山線(関田峠)
グリーンパル光原荘~光ヶ原牧場
141018_1500_県道上越飯山線(光ヶ原牧場) 141018_1458_県道上越飯山線(光ヶ原牧場)
141018_1457_w_県道上越飯山線(光ヶ原牧場)
141018_1516_県道上越飯山線(光ヶ原牧場) 141018_1518_県道上越飯山線(光ヶ原牧場)


<参考資料> 関田峠道路改修碑文
141018_1445_県道上越飯山線・関田峠)
関田峠道路改修碑文
一七九九年北国街道宿場役人と関田猿供養寺間で約された峠の抜荷中止の措置は、峠の往来を不能にした。石油が発見され其の販路について、峠の再開が識者の間で考えられた。藤巻勘之丞は、別所川手の代表庄屋で、峠の再開による地域経済の発展に強い意欲を持ち関田近郷、信州温井、高井へ何度も歩を運び改修実施に漕ぎ付け自ら勧請し、金八三両を集め人夫延べ二三〇〇人余の寄進を得、関田温井両村を施工主とし、一八四七年起工、同五〇年三ヶ年を要して完工するに到った。以来、峠を越えて食塩、塩魚、海産物、米穀、石油、酒は信州へ、紙織物、大豆、諸雑貨等越後へ流れ出した。此等の品物を運搬する為、直江津春日新田或いは、稲田から田井、関根、宮嶋等を経由して、「牛追」「馬子」と称される人々が働く場を得、針が物資の集散地となった。藤巻勘之丞は、此の事業の記念碑の建立を考えていた。其の頃、高田藩の招請で昌平学講官佐藤一斉先生が来高していた。榊原藩主は、勘之丞の願いを入れ一斉先生に改修碑文の依頼を口添えされたと伝えている。碑文は、勘之丞の行為を聖人の道と称えている。此の改修が県道飯山線の基礎となり光ヶ原開発の礎となった事を思えば、勘之丞と関田村に対して深い感動を禁じ得ない。
佐藤一斉の碑文原本は、一斉に随行した大橋納庵の書画と共に町文化財として、別所部落に保存されている。 碑文原本より抜粋
(板倉町観光協会設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

141018_1032_梅翁院 魚濫観世音秋季大祭(長野市松代町)

長野市松代町の梅翁院で18日、魚濫観世音秋季大祭が行われ、商売繁盛・家内安全を祈願する参詣者の姿が見られました。
(写真:秋季大祭が行われた梅翁院=18日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 曹洞宗 芳谷山 梅翁院
  http://www.bio21.or.jp/

<参考資料>
本尊  釈迦牟尼仏
観音堂 魚濫観音
松代藩初代藩主真田信之の側室玉川伊豫守女右京(梅翁院)とその両親の菩提を弔うため真田家が創立。開山は長国寺六世稟室大承。
右京は、魚濫観音を篤く信仰。水と縁が深い観音様で、善男善女に多くの利益を授けるとされ、観音縁日や二年参り祈祷祈願法要などには多くの人が参集する。
現本堂は文久元年(一八六一)の再建。天蓋は真田家霊屋から移したもの。曹洞宗参禅道場も併設されている。墓地入口に右京の墓、かわいらしい一つの光背の六地蔵、童謡「見てござる」の歌碑がある。
(案内板から)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


131027_1032_第15回栄村収穫祭(栄村) 131027_1033_第15回栄村収穫祭(栄村)
131027_1020_第15回栄村収穫祭(栄村) 131027_1021_第15回栄村収穫祭(栄村)

下水内郡栄村の村民広場で26日午前8時30分から、恒例の栄村収穫祭が開催されます。栄ふるさと太鼓・信州辰野太鼓・信州真田六文銭太鼓の演奏のほか、野菜や新米の販売、つきたてお餅のサービスなどがあるそうです。
詳しくは栄村ホームページをご覧ください。
(写真:昨年開催された収穫祭の様子=平成25年10月27日撮影、640×480拡大可能)

<管理人ひとこと>
今年は会社の行事があるため、残念ながら参加できません…。

<参考HP>
・ 栄村ホームページ
  http://www.vill.sakae.nagano.jp/
・ JA北信州みゆき
  http://www.ja-kitashinshumiyuki.iijan.or.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]




18日と19日の2日間、滋賀県彦根市で「ご当地キャラ博 in 彦根2014」が開催されます。くまモンやふなっしーも登場するこのイベント。長野県からは、イーナちゃん(伊那市)・おこみん(山ノ内町)・まつもとくん(非公認・松本市)・もっこりんご・真田幸丸(上田市)のゆるキャラたちが参加します。
詳しく公式ホームページをご覧ください。

<管理人ひろさく>
まつもとくんのふんどし姿はスゴイ…。
股間の丸い盛り上がりが印象的なもっこりんご。
こちらも初めて知りました。

<参考HP>
・ ご当地キャラ博 in 彦根2014
  http://gotouchi-chara.jp/hikone2014/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141012_1458_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町)

長野市松代町の松代城跡(地図)を会場に、11と12日の2日間、エコール・ド・まつしろ2014 秋まつり 第59回「松代藩 真田十万石まつり」(主催 松代観光推進機構 秋まつり実行委員会)が開催されました。
12日は、真田家第14代当主の真田幸俊さんを迎え、赤備えの勇ましい鉄砲隊の演舞や真田勝鬨太鼓の演奏の後、十万石行列旗を先頭に松代藩真田十万石行列が松代城跡・表門から出陣。善光寺御開帳に奉納される「回向柱(えこうばしら)」の曳行行列も加わり、総勢220名を超える行列が町内を練り歩きました。
(写真:松代藩 真田十万石まつりから=12日撮影、640×480拡大可能)

<管理人ひとこと>
この日の管理人は朝から松代城跡・二の丸公園で待機。蛍光色のスタッフジャンパーを着て、初参加となるこのイベントのお手伝いをしていました。
県内外から大勢の観光客のみなさんがお越しになり、イベントのご案内をさせていただきましたが、なにぶんにも不慣れだったため、お問い合わせのあったみなさまには大変なご迷惑をおかけしました。謹んでお詫び申し上げます…。

<参考HP>
・ 真田十万石まつり
  http://matsushiro-fes.com/sanada/


第59回松代藩 真田十万石まつり
(10月12日)
141012_0745_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町) 141012_0747_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町)
141012_0750_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町) 141012_0756_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町)
会場の準備
141012_1216_w_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町)
松代城跡二の丸会場
141012_1214_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町) 141012_1247_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町)
出陣式と出陣前の本丸の様子
141012_1414_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町) 141012_1420_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町)
松代藩 真田十万石行列
141012_1440_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町) 141012_1504_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町)
善光寺御開帳に奉納される回向柱
141012_1459_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町) 141012_1500_第59回松代藩 真田十万石まつり(長野市松代町)
加藤長野市長と北村長野商工会議所会頭の雄姿




ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141011_2002_第21回川中島古戦場まつり 大花火大会(長野市)

長野市小島田町にある川中島古戦場(八幡原史跡公園)で11日、川中島古戦場まつり 大花火大会が開催され、約3000発の花火が秋の夜空を彩りました。
(写真:川中島古戦場まつり 大花火大会=11日午後撮影、640×480拡大可能)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141011_1156_山寺常山邸(長野市松代町) 141011_1157_山寺常山邸(長野市松代町)
141011_1148_山寺常山邸(長野市松代町) 141011_1146_山寺常山邸(長野市松代町)
141011_1149_山寺常山邸(長野市松代町) 141011_1150_山寺常山邸(長野市松代町)

長野市松代町にある山寺常山邸(地図)の秋の風景。
(写真:山寺常山邸=11日午前撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 長野市文化財データベース
  http://www.bunkazai-nagano.jp/

<参考資料> 山寺常山(やまでらじょうざん)邸
山寺家は松代藩で知行160石の中級武士の家格でした。江戸時代の終わりには山寺常山を輩出し、鎌原桐山(かんばらとうざん)、佐久間象山とともに松代の三山と称えられました。常山は号で幼名を久道、のちに信龍(しんりゅう)と名のり、通称源太夫(げんだいゆ)といいました。
常山は若かりし頃、江戸に出て儒学者佐藤一斎や中村敬宇(なかむらけいう)らと親交を深めました。八代藩(※松代藩の間違いか?)主真田幸貫の信望も厚く、藩政にも尽力し、寺社奉行、郡奉行を務めたほか、藩士に兵学を教授し、また藩主の側にあってはその政務を補佐しました。
明治になってからは中央政府の招きを固辞し、藩に留まり、晩年は長野に塾を開いて門人の教育につとめました。
現在、山寺常山邸には、江戸時代終わりから明治初期にかけて建てられたと推定される表門と、この表門の南側に大正時代終わりから昭和初期にかけて建てられたと推定される書院(対竹廬:たいちくろ)が残されています。ただし、屋敷内の主屋等は大正時代には失われており、その規模などを知ることはできません。
表門はいわゆる長屋門形式で、その全幅は約22メートルあり、松代城下に残る門のなかでは最大です。また、書院も近代和風建築の秀作であり、背後の山(象山)との調和もよく、時代差を感じさせない優れた意匠性を見ることができます。なお、現在の園池は大正時代に造られたものを再整備したものです。
屋敷内北寄りに建つ山寺常山の頌徳碑は、孫の塩野季彦( Wikipedia )らが、長野城山に建つ碑文の摩耗を憂いて、昭和15年にここに建立したものです。
(長野市設置の案内板から)

<参考資料> 武家屋敷庭園の特徴
141011_1159_山寺常山邸近くの民家の庭に実る柿(長野市松代町)
民家の庭に実る柿
松代町の武家屋敷庭園の特徴は、大名庭園とは異なり、武士の日常の暮らしと密着した生活の庭であるということです。鑑賞専用の庭ではないため、巨石、銘木なども少なく岩組みも質素なもので、伝統的な日本庭園の様式を感じさせるものはほとんどありません。泉水(池)には、観賞用だけでなく食用として鯉が飼われ、別に洗い場も作られ洗濯などにも利用されていました。また、庭園の植木は造園樹木だけでなく、カキ、ウメ、アンズなどの食用の果樹も植えられました。多くの庭園には縁起物としてカシワが植えられ、その葉は柏餅など食べ物を包むためにも利用されました。
松代町の武家屋敷庭園のもう一つの特徴として、周辺の山並みを景色として取り込んだ借景式庭園であることがあげられます。この山寺常山邸の庭園も象山を借景としています。
(案内板から)
 
<参考資料> 泉水路(せんすいろ)
松代町の各武家屋敷の泉水(池)は、「泉水路」と呼ばれる水路でつながっています。さらに城下町には、「泉水路」の他にも、住民の誰もが利用できる水路網が張り巡らされていました。この水系システムが貴重な文化遺産として注目されています。
水路はその機能ごとに3つに分類されます。まず、武家屋敷の池から池へ流れる「泉水路」と呼ばれる水路で、泉水(池)の水量を確保しただけでなく、農業用水、防火用水、夏の散水、冬の雪落し、下流での洪水を防ぐ遊水池、養鯉など、極めて多様な機能を果たしていました。次に「カワ」と呼ばれる道路の脇を流れる水路で、周辺の農業用水や選択などの家庭用中水道としての役割も果たしていました。元来は道路の中央を流れていました。さらに、屋敷裏の背割りを流れる「セギ」と呼ばれる水路で、武家屋敷の畑の灌漑用として利用されていました。
この水系システムは、江戸時代から現在まで受け継がれており、松代町の武家屋敷の特徴です。全国的にいても、このような水系システムを有しているのは、この松代町だけといわれています。
(山寺常山邸に設置された案内から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]


141011_1136_平成26年度象山神社秋季例大祭(長野市松代町)

長野市松代町の象山神社(地図)で11日、平成26年度秋季例大祭が執り行われました( Wikipedia )。
(写真:象山神社=11日午前撮影、640×480拡大可能)

<管理人ひとこと>
象山神社のといえば「ちえもち」が有名ですが、これとは別に参拝者の間で人気を集めているのが「おみくじせんべい」(400円)。1袋6枚入りのおせんべいひとつひとつに、おみくじ(財運・健康・愛情運)が入っており、今回の例大祭でも神前に奉納される名物です。詳しくは増産神社のホームページをご覧ください。
  
<参考HP>
・ 象山神社
  http://zouzan.net/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]中古車査定 レシピ
Template by wolke4/Photo by 0501
カレンダー
09 2014/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10
14 15 16 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ガソリン価格情報 gogo.gs

gogo.gs
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[10/19 タッキー]
[10/13 管理人ひろさく]
[10/13 管理人ひろさく]
[10/13 タッキー]
[10/03 タッキー]
カウンター
BlogRanking
現在の訪問者数
現在の訪問者数をカウント中
アクセス解析
忍者アナライズ