忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

090523_1223_石造大黒天像(大町市)

江戸時代末期に千国街道(塩の道)と峯街道(善光寺街道)との分岐(地図)に建立された石造。 (写真=23日撮影)

<参考資料> 大黒町追分の石造大黒点像・附 版木
平成八年三月二十五日 大町市指定有形文化財

石造大黒天像は、花崗岩製で高さ百七十二㎝、幅百五十七㎝、厚さ四十㎝、大黒天像を支える礎石は安山岩製で、横幅三十㎝の大きさを計り、全体の高さは二m程になります。
この大黒天像は、松本平では最も古く、最も大きい像であり、彫刻技術も優れたものであります、また、この像の建立を機会に町名を大黒町と改めたという経緯もあり、建立の由来、あるいは年代も作者も特定できるものであり、石造文化財から信仰の歴史を考える上にも重要なものであります。
石造背面には陰刻銘があり、それによると江戸時代末期の嘉永五年(一八五二)三月にこの像は建立され、当時新町と言われていた大黒町が施主・世話方となって 高遠領非持村より出稼ぎに来ていた二人の石工、伊藤徳十・留十によって造られたことがわかります。
また、大黒天像が建立された由来については、当時町内中に配られたとみられる趣意書の「版木」が同町曽根原家に保管され、大黒天像と併せて指定保存されています。 (大町市教育委員会設置の案内板から)





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
[05/13 タッキー]
[04/01 管理人ひろさく]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]