忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

091012_1152_秋の動物園まつり(須坂市)

09_秋の動物園まつり(須坂市)
「秋の動物園まつり」パンフ
須坂市の須坂市動物園で、11日と12日の2日間、秋の動物園まつりが開催されました。会場では、担当する飼育スタッフによる動物の解説やクラフト教室、うさぎやモルモットとふれあうコーナーなどが設けられ、大勢の家族連れで賑わいました。 (写真=12日撮影)

<管理人ひとこと>
ひさしぶりに動物園を訪ねました。
今日はイベント中ということもあり相も変わらずの盛況ぶりでしたが、驚いたのは、大型観光バスを降りた観光客の一団がこぞって動物園を訪れる姿があったことでしょうか。テレビで紹介されているとはいえ、動物園も観光バスも立ち寄る観光スポットになったのかぁ…と。なんだか嬉しかったりもしましたが。
ひさしぶりに訪ねた動物園は、あちらこちらに動物たちを紹介する案内板が掲げられ、なんとなく素通りしてしまいがちな動物たちの獣舎の前にも丁寧に、かつ詳しく動物の生活を紹介されていました。川上犬の「源竜」は、しばらく見ないうちにすっかり大きくなり、動物園デビューした当時のオドオドした様子が全く感じられないほどたくましく成長していました。ベンガルトラは、訪れた見学者たちにも人気で、今日は大人しくオリのなかでくつろいでいました。アカカンガルーのハッチはどうかなぁと獣舎に近づくと…。夫婦揃って相変わらず砂場でごろごろ。南園のクラッチやキャッチも、新しくできた広い獣舎で、やっぱりごろごろしていました。

ところで、ときどき見ている須坂市動物園ブログ。2日間のイベントの様子がたくさんの写真で紹介されていましたが、そのなかで目を引いたのは、駐車場の横にあるテニスコートのフェンスに架けられた足場を、まるで何事もないように歩くヤギの姿の写真でした。なんでも「天才!志村どうぶつ園」でもその様子が紹介されているそうで、「銀河ヤギ鉄道」などといわれているそうです。写真を見ても、フェンスのかなり高い位置を歩いており、ヤギって、こんなにも平衡感覚があるものなのか、とにかくびっくり。イベントでもこの「銀河ヤギ鉄道」が披露されたそうですが、今回は残念ながら見逃してしまいました。ということで、まだこのヤギが歩く姿を見たことのない方は、ぜひ動物園のブログをご覧ください。きっと驚く…と思います。

いやはや、須坂市動物園には、ハッチといい、ヤギといい、習性をうまく生かしているとはいえ、変わった動物が多いなぁ。全国区の観光スポットに取り上げられるのも、なんだかわかるような気がしてきました(笑)。

<参考HP>
・ 須坂市動物園ブログ
  http://blog.suzaka.ne.jp/zoo
※ たくさんの写真が掲載されています。ぜひご覧ください。

091012_1136_秋の動物園まつり(須坂市) 091012_1135_秋の動物園まつり(須坂市)
動物園秋まつり 大きくなった「源竜」の雄姿
091012_1137_秋の動物園まつり(須坂市) 091012_1151_秋の動物園まつり(須坂市)
ハッチと見つめ合う二人の女性 第2カンガルー獣舎
091012_1144_秋の動物園まつり(須坂市) 091012_1145_秋の動物園まつり(須坂市)
家族連れで賑わう動物園


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ヤギの銀河鉄道は、志村動物園のコーナーで相葉雅紀さんとスタッフ、地元の建設会社の方が作られたものですよ。
鈴木 2011.12.15.Thu 22:05 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
[05/13 タッキー]
[04/01 管理人ひろさく]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]