忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

090510_0949_とみくら市山菜まつり(飯山市)

飯山市富倉の富倉活性化センター前(地図)で10日、恒例のとみくら市山菜まつりが開催され、山うどなどの山菜のほか、富倉そばの販売、紙ヒコーキ大会などが行われ賑わいました。 (写真=10日撮影、640×480拡大可能)

<管理人ひとこと>
全く知らなかったのですが、信濃毎日新聞の記事に、毎年行われているこの山菜まつりの今後について、休止案が出ていたことを伝える記事が掲載されていたのだそうです。帰宅後、「信毎Web」で記事の内容を確認しましたが、理由はイベントの準備を行う住民のみなさんの高齢化。記事では、昨年で中止となった市内藤沢地区の山菜まつりについても触れ、若い後継者がいなければ維持していくこともままならない実情が記されていました。そばを食べながら地元の人たちの話を聞いていると、やはり話題はこの記事について。今年は続行となりましたが、来年はどうなるか、心配する管理人だったりしています。

この時期の山菜といえば、やはり「うど」。おまけも入って、1.2キロほどがなんと!300円。試食用の味噌和えもとてもおいしく仕上がっていました。地元の方にいろいろ聞いていた管理人・母は、「うど」は捨てるところがなく、全て使える…ということを教えてもらったそうです。せっかくですので、頂いた案内を参考までに記しておきます。

 

<参考資料> 山フキ・山うどの食べ方
長いものは3cm位に切って、フキは15分位煮て塩抜きして下さい。うどは6~7分位煮水をすて、1日位水であくぬきをする(圧力ガマはフキ10分位)。料理法:煮物、油炒め、キャラブキ、酢のもの等

<参考資料> うどの食べ方
・ スティックサラダ(生で食べる)
皮をむき、7~8mm角、10cmの棒状に切り、味噌マヨネーズで。風味と歯ざわり良好(苦くない)。
・穂先(葉っぱ)部分の天婦羅
揚げる温度は160度(やや低め)、独特の風味が楽しめる。
・酢味噌和え
皮むき・短ざく切後、酢水でさらす。わかめ等といっしょに酢味噌で食べる。
・煮物
3cm程度の輪切り後、皮をむく。酢水に浸すと変色しない。味付けで煮込む(煮すぎない)。
・きんぴら
料理の過程で出る皮や穂先を洗って、千切りにする。サラダ油で炒め、砂糖・醤油で味付け(少し水を足す)。唐辛子もOK。
・漬物(浅漬)
皮をむき、漬物に。粕漬等も美味。
・あぶら味噌
ザク切りしたウドを多めの油で炒め、砂糖・味噌で味付け。風味あり季節感あります。

 

090510_0951_とみくら市山菜まつり(飯山市) 090510_1001_とみくら市山菜まつり(飯山市)
店頭には旬の山うどがたくさん やっぱり「富倉そば」





ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[09/23 タッキー]
[08/08 管理人ひろさく]
[08/08 タッキー]
[07/24 タッキー]
[05/13 タッキー]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]