忍者ブログ
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

120602_1237_智勝山大通寺(木曽町)

木曽郡木曽町の旧中山道福島宿にある臨済宗妙心寺派の寺院。
正面の鐘楼門は木曽町指定文化財。
境内には武田信玄の三女で、木曽義昌に嫁いだ真理姫の供養塔があります。
(写真:大通寺鐘楼門=2日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・大通寺ホームページ
 http://www.daitsuji.com/index.html

<参考資料> 智勝山大通寺 鐘楼門
当寺は、関ヶ原の合戦(一六〇〇)のあり、柱山(ちゅうざん)和尚を開山とし、木曽代官の山村良勝によって建立されました。
この鐘楼門は、安永七年(一七七八)九月、施主向井休冶(むかいきゅうじ)、大工棟梁は原源右衛門(はらげんうえもん)によって建てられたもので、当時に現存する木造建築物としては最も古いものの一つです。
梵鐘は、寛文四年(一六六四)北傳(ほくでん)和尚の時、山村新左衛門忠清(やまむらしんざえもんただきよ)、森田佐右衛門眞道(もりたさうえもんさだみち)によって寄進されたものでしたが、第二次世界大戦中に供出されたため、昭和五十三年(一九七八)に再鋳されたものです。
山門に掲げられている扁額(へんがく)は、江戸中期の日本を代表する書家で、特に篆書(てんしょ)、篆刻(てんこく)を得意とする三井親和(しんわ)の作です。 (木曽町設置の案内板から)

<参考資料> 真理姫の供養塔
真理姫は、武田信玄の三女で天文二十四年(一五五九年)木曽へ攻入った信玄が、領主木曽義康と和睦した折に、その嫡子義昌のもとへ甲府から嫁いできました。そのとき真理姫はまだ六歳ぐらいだったといわれています。
天正十年(一五八二年)信玄の死後織田信長方についた義昌と、真理姫の兄勝頼が戦を交へ勝頼が敗れて武田家は亡びてしまう。
そして天正十八年には徳川家康によって義昌は網戸(千葉県旭市)へところ替えされ、五年後に病没し跡を継いだ義利の乱行によって木曽家は取り潰される苦難の時代を過ごした。
真理姫は、晩年末子の義通と共に木曽へ戻り、三岳村(注:現木曽郡木曽町三岳)で隠棲したが、正保四年(一六四七年)九十八歳の長寿を全うし、波乱の生涯を閉じた。
墓は三岳村(注参照)の野口と、千葉県旭市網戸の東漸(とうぜん)寺(義昌公菩提寺)の双方にあり戒名は「真龍院殿仁栄宗真大姉」です。大通寺は慶長四年(一六〇一年)木曽家の屋敷跡に代官山村良勝が創建した寺ですが、その良勝が父良時(なかとき)と共に義昌の重臣であったことと、良勝の祖母が義昌の叔母であったという説もあり、これらの縁によって供養塔が建てられたものと思われる。ちなみにこの寺には代官山村良勝の奥方の位牌も安置されております。 (案内板から)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

PR

120602_1227_2012ほお葉祭り(木曽町)

木曽郡木曽町の旧中山道福島宿(上の段地区)で2日と3日の二日間、木曽谷の郷土食として知られるほお葉巻きをPRするイベントが開催されました。
(写真:旧中山道福島宿・上の段の特設会場=2日撮影、640×480拡大可能)

<管理人ひとこと>
今回は、伊那市内の仮住まいから権兵衛峠を越えて木曽町を訪ねました。

<参考HP>
・ 木曽路.com
  http://www.kisoji.com/
・ まちづくり木曽福島
  http://www.nanchara.net/
・ 田ぐち
  http://www.kashitaguchi.co.jp/
・ 芳香堂
  http://www.hoko-wagashi.co.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

120421_1455_七笑酒造・第7回蔵開き(木曽町)

木曽郡木曽町の七笑酒造(地図)で21日、恒例の蔵開きが開催されました。
(写真=21日撮影、640×480拡大可能)

<管理人ひとこと>
お楽しみのガラポン。
今年は残念ながらハズレ。
お土産に1本500円の甘酒を2本と、名物の「梅のカリカリ漬け」を2袋購入~ 。

<参考HP>
・ 信州木曽の地酒 銘酒「七笑」
  http://www.nanawarai.co.jp/


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

111008_1341_城山自然遊歩道・福島城址(木曽町)

木曽郡木曽町にある自然遊歩道。整備された遊歩道はとても歩きやすく、途中の展望台からは、木曽駒ケ岳の山並みや、旧中山道の宿場町として栄えた木曽福島の町並みを眺めることができます。
今回は興禅寺・木曽福島郷土館から紅葉ヶ丘を経由して福島城址に到る1時間コース(約1.1km)を歩いてみました。 (写真=8日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 木曽町観光協会
  http://www.kankou-kiso.com/miru/gongendaki.html

<参考資料> 城山古城跡
この城は、天文年間木曽氏十八代の領主義康によって福島城(上の段城)の詰の城として築かれたものといわれ、向城(向い側の城)とよばれていたことが現在の地名によってうかがわれる。
この位置が本丸跡、南東の低丘が二の丸、その間を画するくぼみは空堀の跡である。つづく平坦の場所が三の丸でこれも空堀によって区画されていることがはっきりわかる。
要害堅固な戦国末期の典型的な山城形式をうかがうことができる史跡として貴重である。 (案内板から)


城山自然遊歩道 福島城址
111008_1352_城山自然遊歩道・福島城址(木曽町)
紅葉ヶ丘から望む木曽駒ケ岳山系 (640×172拡大可能)
111008_1334_城山自然遊歩道・福島城址(木曽町)
福島城址本丸跡 (640×172拡大可能)


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

1106005_1055_ほお葉祭り(木曽町)

木曽郡木曽町では、4日と5日の2日間、木曽谷の郷土食・ほお葉巻きをPRするほお葉祭りが開催され、大勢の観光客で賑わいました。
ほお葉巻きは、ほお(朴)の葉にあんをほおの葉で包み蒸した、この時期ならでは和菓子。6個1セットで、お値段はおよそ900円ほど。
イベントは、今年から南木曽町と木祖村も参加。4日は道の駅木曽川源流の里きそむら(木祖村)で行われたほか、11日は大桑村の道の駅大桑と、上松町のJR上松駅前・寝覚の床 臨川寺境内(ほお葉祭り発祥の地)で、南木曽町の澤田屋・蔦屋製菓舗・遠山菓子店周辺では4日から12日までの9日間行なわれる予定です。
(写真:旧中山道福島宿・上の段の特設会場=5日撮影、640×480拡大可能)

<参考HP>
・ 木曽路.com
  http://www.kisoji.com/
・ まちづくり木曽福島
  http://www.nanchara.net/
・ 田ぐち
  http://www.kashitaguchi.co.jp/
・ 芳香堂
  http://www.hoko-wagashi.co.jp/


ほお葉祭り2011 (6月5日)
1106005_1053_ほお葉祭り(木曽町) 1106005_1051_ほお葉祭り(木曽町)
これが「朴(ほお)葉」 福ちゃんもPRに参加


ランキングに参加しました。
Click >>> にほんブログ村 長野情報
Click >>> 人気ブログランキングへ
管理人ホームページ Click >>> 日本列島夢紀行 信州からあなたへ

拍手[0回]

【諏訪市ライブカメラ】
twitter
ブログ内検索
ブログランキング投票
- ランキングに参加中 -
ポチっとクリック!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
プロフィール
HN:
管理人ひろさく
性別:
男性
趣味:
里山めぐり
自己紹介:
長野県長野市在住。
カテゴリー
最新コメント
[05/13 タッキー]
[04/01 管理人ひろさく]
[03/28 布施谷文夫]
[02/18 管理人ひろさく]
[02/18 管理人ひろさく]
カウンター
現在の訪問者数
アクセス解析
忍者アナライズ

Template By Emile*Emilie / Material by Auto-Alice
忍者ブログ [PR]